2007/10/31

595:可愛い子には旅を  

 「可愛い子には旅をさせろ」・・・子供のことを本当に思うのであれば、試練を与えて物事を正しく見きわめることができる力を育ててやらなければいけないという意味である。

 そのことわざに従ったわけではないのであるが、お気に入りのROKSAN CASPIAN PHONOが旅に出ることとなった。実はオペアンプの交換のためにスパイダーさんのところへ旅立ったのである。

 スパイダーさんの友人でとても詳しい方がいらっしゃるので、慣れない私のような人間が交換しようとして機器をいためてもいけないので、その交換作業をお願いすることにしたのである。

 ROKSAN CASPIAN PHONOはスパイダーさんがお持ちのものを1週間ほどお借りしたのがきっかけで導入に踏み切った。そのCASPIAN PHONOはオペアンプが交換されていたのであるが、私も同じ改良を受けるべく送り出したのである。

 しかし、オペアンプって・・・何?ウィキペディアで調べてみたがチンプンカンプンであった。「オペアンプ(operational amplifier,オペレーショナル・アンプリファイア)は、非反転入力(+)と反転入力(-)と、一つの出力を備えた増幅器の電子回路モジュールである」といわれても、目が点になるだけで、その先を読もうという気にすらならない。

 まあ、理屈はともかくオペアンプによって音が変わることだけは確かなようである。旅から帰ってきたら、一皮向けてさらに良い音を奏でてくれることを心から願っている。しかし、新しいオペアンプが馴染むまでしばらく時間がかかるとのことなので、改良手術の真価を発揮するまでは到着後しばらく待つ必要があるようである。

 なにせオーディオは待たされるのである。新品を買っても馴染むまで時間が必要なのである。数時間で澄む場合もあれば、数ケ月かかる場合もある。スピーカーなどは年単位の時間が必要である。

 ブラックラベル2を発注したが、納品まで1ケ月かかり、エージングが完了し本領を発揮するまで半年が必要とのこと、結構気の長い話である。今手元にあるlmstさんから借りているブラックラベル2をTaoりたいところであるが、そういうわけにはいかない。

 ケーブルのエージングを短時間で完了させてしまうような機械がないものであろうか?「TIME IS MONEY」であるので、どこかの業者でそういったサービスをしていればいいのであるが。

 「じっくりと付き合ってこそ趣味である。」確かにごもっともである。ごもっともだが、早く良い音が聴きたいものである。オーディオというものは徳川家康的なじっくりと構えて好機を待つ度量の大きさが必要なようである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ