2007/10/11

575:ルーキー  

 今日は夕方から税理士会の会合があった。会合の後は懇親会の運びとなり、近くの居酒屋へ向かった。アルコールにあまり強くない私は、中ジョッキを一杯空けたあとは急にペースダウン、後半はウーロン茶でやり過ごすといういつものパターンとなった。

 他のメンバーはみんなアルコールに強いようで、飲むほどにますますペースアップ、声のボリュームもアップするようであった。そして酔うほどに時間の感覚が麻痺するようで、なかなか締めとならずズルズル時間が経過する。

 開業して13年が経過し、いわゆる「中堅」のポジションを占めるようなった。メンバーのなかには開業したての若手の税理士もいて、懇親会の前に、最近独立した若手の事務所に少しばかりお邪魔した。

 ワンルームマンションに事務机を二つ置き、真新しいパソコンやコピー機が並び、いかにも独立したての雰囲気が漂っている。その様子を見ながらとても爽やかなものを感じた。前向きなエンルギーのようなものが充満しているのである。

 事務所としてはとても狭い、顧問先件数も少ない。スタッフはパートの女性1名のみ。しかし、未来に溢れている。「私も独立したての頃はこんな感じだったな〜」といささか感慨深いものを感じた。「ルーキー」という言葉が発する新鮮な響きのようなものがこの事務所にはあるのである。

 私の趣味としてのオーディオライフももうすぐ2年になろうとしている。昨年はまさにルーキーといった感じで、やみくもな1年であった。今年になってから若干は落ち着いた動きになりつつある。とはいっても昨年と比べての話であって、どっしり構えているとは言いがたい状況ではある。

 アナログは始めてまだ1年経過していない。いわばまだ「ルーキー」状態のままである。それゆえか、最近のオーディオネタの大半はアナログ関連になりつつある。ベテランマニアにとってアナログとは酸いも甘いも知り尽くした世界かもしれないが、私にとってはとても新鮮に感じられるのである。

 レコードは水洗いしたり、静電気対策をしたり、埃を拭き取ったりと結構手間がかかる。さらにアナログプレーヤは様々な調整ポイントがあり、知識や経験の不足している私にとっては手に余る。

 しかし、そういったものを加味したとしても魅力的な要素が大きいような気がしているのである。特に始めて日が浅く、その可能性の余地がまだまだあるような気がしていることも惹き付けられる大きな要素なのかもしれない。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ