2007/10/8

572:IAS後飲み会  

 IAS後の飲み会は昨年に引き続いての参加となった。7時に会場を出て、飲み会の店へ向かった。ビルの地下にある英国パブ風の店であった。そして参加メンバーの多さにいささかびっくりした。

 昨年は確か7〜8名だったような記憶があるが、今年はその倍くらいの人数であった。人数が多いため二つのテーブルに分かれての飲み会となった。参加されている方の半数以上はOFF会等でお会いしていた。もちろん初対面の方も多く、簡単に自己紹介をしてあいていた席に座った。

 すぐ左に座っていらっしゃった若い方に「はじめまして・・・」と挨拶すると、なんとその方はlmstさんであった。lmstさんのHPの掲示板に書き込みをさせていただいたり、私のブログにコメントをいただいたりとネット上でのやりとりはあったのであるが、お目にかかるのは初めてある。

 その風貌は、メガネをかけるとヨン様にも似ている爽やか系の好青年であり、いわゆるおたく系の雰囲気は一切ない。HPに展開されているオーディオの関する深い知識、とくにPCトランスポートに関する詳細な知識とノウハウから推測される印象とはかなり異なったイメージを受ける。何というかもっと理工学部系の多少グレイな感じのイメージを勝手に持っていたのであるが、まったく違っていた。

 飲み会から派生した食事会でもそのお話を伺うことができたのであるが、その知識の深さには舌を巻くというか、ほとんどついていけない自分が情けないという感じであった。

 そして、もうお一人初めてお会いしてお話をお伺いすることができた方がいらっしゃった。金Bさんである。金Bさんが作られた音響パネルはOFF会でお邪魔した幾つかのお宅で見かけた。その工作精度の高さから凄い技量の持ち主と感心していたのであるが、その金Bさんと初めてお会いして、強烈な印象を受けた。

 金Bさんは今自宅の新築をされている最中である。自らの手で作っていかれているので時間はかかるかもしれないが、本当に納得できるものができるはずであるから、うらやましくもある。

 うらやましいといえば、そのご自宅の延べ床面積は100坪とのこと。しかもオーディオルームは21畳を予定されている。これは本当にうらやましい。きっと凄いオーディオルームができるに違いない。当然その部屋の構造や電源対策などはこだわりぬいたものになるであろうから、完成が本当に楽しみである。

 完成のあかつきには、是非ともお邪魔したいものである。「お前のような初心者はお呼びじゃない!」と怒鳴られても、聴きに行きたいところである。

 飲み会から派生した食事会は、初対面であったlmstさんと金Bさん、そしてびーぐるさん、Jeyさん、fj_nvさん、私の6名であったが、その会話はやはりディープである。みなさん熱くそして深い・・・比べてしまうと私などミリ単位で計れるくらいの底の浅さである。

 冷静にその食事会のメンバーを思い返してみるとみなさん「スーパー」のつくオーディオマニアの方ばかりであり、その会話に参加できただけでも貴重な体験となった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ