2007/9/16

550:サリ−ル  

 まずは写真から・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 大半の方が「?」だと思われる。これは「サリール」という商品名の消臭・防カビ装置。部屋の片隅に置いておくと、部屋の嫌な臭いを消し、カビの発生を防ぐというもの。顧問先の会社がその販売代理店となったため、「おつきあい」で1台購入したものである。

 我が家には室内犬が一匹いるので、ペットの臭い消しにちょうどいい。また浴室のカビにも困っていたので、浴室で数時間使えばカビ防止の効果も期待できるところ。

 しかし、頭の片隅には「もしかして・・・」という「よこしまな」期待がないでもなかった。それは「リスニングルームにおくと、音に良い影響があるなんてことないかな〜」という淡い期待である。

 そこでリスニングポイント右手にあるアップライトピアノの上に置いてみたのであるが、はっきりとした効果は聴き取れなかった。なのでその本来の目的どおり、リビングの片隅に置かれたり、全員がお風呂を使ったの後に、一晩じゅう浴室で稼動したりしていた。

 今日、いつもにようにアナログで音楽を楽しんでいたのであるが、針がゆったりと回るレコードの溝をなぞる様を見ていて、少し以前にテレビかなにかでジャズ喫茶のオーナーの方が「アナログのよさは音の入り口と出口がはっきりと目に見えることです」とおっしゃられていたのを思い出した。

 「音の入り口が目に見えるか・・・そうだな、そこが良いよね〜」と思っていて、ふとサリールのことを思い出した。「この音の入り口部分近くにサリーナを置くとどうなのだろう・・・」「どういう原理か忘れたが相当なマイナスイオンを発生させていると聞いた覚えがある。マイナスイオンは音に良いということも聞いた覚えが・・・」

 ということでこうなった・・・すぐ隣のCDトランスポートの上に乗せてみたのである。

クリックすると元のサイズで表示します

 さてその効果のほどであるが、もったいぶるわけではないがそれは次回に・・・(明日はテニスサークルの合宿で伊豆高原に宿泊するので更新はお休み・・・次回は明後日になります。)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ