2007/9/5

539:モニターシステム  

 国立府中インターから中央高速にのった。のったばかりの時は、小雨であったが、しばらくするとざっと降ってきた。車の窓ガラスをたたく雨の音は相当激しく、車内にいてもはっきりと聞こえてくる。

 その様子を見て、車内のメンバーは不安げに顔を見合わせた。「キャンセルした方がいいのでは・・・」一様にその表情はそう語っているようであった。

 今日はゴルフの予定が入っていた。国分寺駅で待ち合わせ、1台の車でコースへ向かって出かけたのであるが、残念ながら途中でキュンセルの電話をコースに入れた。コンペであれば雨が降っても当然参加であるが、プライベートなので本降りになると大抵キャンセルする。

 バブル時はゴルフ場も強気で当日キャンセルの場合キャンセル料を取られたようであるが、今はそういったことはほとんどない。今日は台風が近づいているようなので、天気が回復する希望もあまりない。降ったり止んだりの一日になるだろう、ということで日を改めることにした。

 集合場所にまで戻り解散・・・仕方なく事務所へ向かう。その後天気は雨が止んでうっすらと晴れたかと思えば、ざっと降るといった不安定なものであった。まあ、今日は中止してよかったのかもしれない。

 9月、10月はコンペのシーズンである。銀行のコンペ、顧問先の会社のコンペ、税理士会のコンペ、法人会のコンペなどなど、この2ケ月は週に1回程度のペースでゴルフの予定が入っている。この2ケ月でスランプ脱出のきっかけをつかみたい。

 それには、ティーショットの安定性が不可欠。近いうちにPSDのゴルフフォームチェック・システムのモニターをする予定がある。これはフォームをいくつかの方向から映像で記憶、それをプロなどの理想的なスウィングと画面上で比較できる機能がある。

 自分のフォームを客観的に見て分析することにより欠点を発見し、そこを集中的に修正することにより、より安定したフォームを手に入れることができる。

 このシステムは練習場やショップ向けに開発されたものであるが、家庭用によりコンパクトなものができたとのことである。これはもしかして相当なる効果をもたらしてくれるのではないかと内心期待している。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ