2007/9/30

564:アナログ傾倒  

 迷い羊さんのお宅にお邪魔したのは、今年の1月であった。WILSONのSYSTEM6を中核にすえ、CLASSE コニサー Emm Labsといった豪華ラインナップの機器をローゼン・クランツのケーブルやインシュレーターで調整されていたのが印象的であった。

 セッティングにも多大な労力をはらわれていて、膨大な時間をかけてカット・アンド・トライを積み重ねてこられたことが窺えた。そしてその音は「水底を見渡せるような深遠さを感じさせるものである」と評したくなるものであった。

 迷い羊さんをお招きしてのOFF会を今日我が家で行った。コーヒーを飲みながら、お話をおうかがいしていて、驚いたのは、迷い羊さんが現在アナログに相当傾倒されていらっしゃるということである。9ケ月前にお邪魔した時には、リスニングルームにはアナログの姿は一切なかった。迷い羊さんがアナログを導入されたのは約半年前とのこと、我が家のアナログ導入は10ケ月前、若干我が家の方が早いが、ほぼ同時期のアナログ導入。

 しかも、導入されたプレーヤーはEMT 930・・・プロ使用のきわめて堅牢な造りのモデルである。見るからに厚みと密度感のあるエネルギッシュな音がしそうである。

 迷い羊さんは、このアナログプレーヤを使い、50年代・60年代のジャズを最近聴かれることが多くなり、デジタルは開店休業状態とのこと。「エネルギッシュな音の塊感を聴きたい」・・・9ケ前に聴かせていただいた音からは想定外の言葉であった。

 ひとつの転機となったのがジャズ喫茶「ベイシー」での音体験。1泊2日で聴きにいかれてその音の素晴らしさに魅了されたとのこと。その話を聴いて、「やはり一度は行ってみたい」と思った。ジャズはまったく詳しくないし、あまり聴かないのであるが、一度行ってみたいと思わずにはいられなかった。

 そういったお話を聞かせていただいたからというわけではないが、今日のOFF会はその9割がアナログという展開となった。私も最近アナログとデジタルの関係が逆転して、アナログ中心のオーディオライフとなりつつあるのである。

 もちろんデジタルにはアナログよりも優れた点があるのではあるが、音の質感の好みから自然とアナログに手が伸びるのである。迷い羊さんは「アナログは音の密度感が違う」とおっしゃられていたが、その言葉にうなずいてしまう。

 私の場合、オーディオをはじめたのはつい最近のこと。それ以前は音楽との接点はコンサートが中心であった。そのせいか、コンサートホールの空気感をオーディオからも聴き取りたい、という欲求があり、それが優先順位の最上位にきてしまう。まだまだ調整途上でしかないのであるが、そういった意図というか意識が音から感じ取れればいいのであるが・・・迷い羊さんは「臨場感がある・・・」とおっしゃられていたので、多少は意図通りの音になっているのでは思えた。

 それにしても、予想外の迷い羊さんのアナログ導入・・・しかもEMT 930・・・「是非聴いてみたい」と内心思わずにはいられなかった。

2007/9/29

563:ORB SN-02  

クリックすると元のサイズで表示します

 最近我が家のリスニングルームには新兵器が連続して導入された。レコードプレーヤの横には小型の消臭・防カビ装置「サリール」が置かれ、2台のラックの足元には「リグナムバイタ」が敷かれた。

 それぞれ音の質感に良い影響を与えてくれた。ここにきてさらにもうひとつ新兵器が導入されることとなった。それは「ORB SN-02」・・・静電気を除去する装置である。静電気はアナログレコードにとって大敵である。帯電すると埃を盛大に集めるし、音にも悪影響があると聞く。またCDでも帯電すると音が曇るということを聞いたことがある。その静電気をしっかり除去してくれるという装置である。

 従来からORB SN-01という装置があった。しかし、定価が10万円と高価であったため、興味はあったが導入を見送っていた。新たに登場したSN-02は、定価47,250円(税込み)という比較的手頃な価格で、よりコンパクトになったため、導入することにしたのである。実際の購入価格は37,000円であった。

 まずはアナログレコードから試してみる。レコードプレーヤにレコードをセット、ターンテーブルを回して、その状態でレコードに向かってSN-02を向けてスイッチをON。1分ほど稼動してから、音を確認してみる。

 音というか、音場の立体感がアップしたような気がする。音の周りのざわつきが減少したので、音がくっきりと浮き上がり、それぞれの位置関係がより明確になった・・・そういう印象を受けるのである。

 CDではどうか?CDの信号面と印刷面を交互にSN-02で数秒づつ処理した後CDプレーヤーのトレイに置く。ついでにトレイも処理しておく。その上で音だし・・・アナログレコードと同様な効果があるようである。

 CDの静電気対策は従来除電ブラシや濡れティッシュなどを活用していたが、このSN-02を使えばより手軽に、そしてより確かな効果を得られそうである。

 乾電池式でハンディータイプなので気軽に使えるのも嬉しいところ。レコードやCDに効果があることは分かった。もしかしてケーブルにも効果があったりして・・・ハンディータイプなので、いろんな所で試すことができそうである。その活用編はいずれまた・・・

2007/9/28

562:帯状疱疹  

 「おそらく帯状疱疹ですね」・・・藤巻クリニックの藤巻先生の低くよく通る声がそう告げた。「体が疲弊して体力が低下した時や、強いストレスで抵抗力が落ちている時になりやすいのです。お薬を出しておきますので、様子を見てください。」

 3日ほど前から右脇周辺に傷みを感じるようになり、最初は筋肉痛か何かかと思っていたが、その傷みの種類が今までに感じたものとは違うことと、多少赤い発疹のようなものがあったので、診てもらったのである。

 「帯状疱疹」といえば、確か雅子様もかかったことがあると、新聞か雑誌で見た覚えがある。雅子様の場合は皇室生活のストレスが原因と思われる。私の場合は仕事のストレスもあるかもしれないが、それよりも先週2日連続でテニスをしたことで体の疲弊度が一気に上がったことが原因のような気がする。

 そういえば、私の母も半年ほど前に「帯状疱疹」になった。母の場合は高齢による抵抗力の低下が原因のようであった。「寝ても痛い、覚めても痛い」と盛んに愚痴をこぼしていたが、今はその気持ちがよく分かる。不快な傷みが常にあるのである。神経にそって痛みが発生するいわゆる神経痛なので独特な傷みである。

 藤巻先生によると、比較的軽いもので薬を服用していたら2週間ほどで完治するのではないかと言われていた。とくに仕事を休んで安静にする必要がないが、激しいスポーツ等無理な運動は避けるようにとのことであった。

 昨日はゴルフにいったが、あまりよくなかったのかもしれない。確かに昨日はいつもより疲れた。今日も一日通常通り仕事はしたが、継続的に痛みがあるため、集中力が続かない。そして疲労感もあるようで、夕食後少し横になったら、すぐに熟睡してしまった。

 痛み止めの薬ももらったので、数日すれば痛みも引いてくると思われる。40を過ぎると人間の体もあちらこちらいたんでくるものである。あらためて健康の重要性を再認識することとなりそうである。

2007/9/27

561:フォーム改造  

 9月は4回ゴルフの予定が入っていたが、雨で2回キャンセルしたので、結局2回ラウンドした。今日は曇りがちの天気であったが、それが幸いして、暑くもなく寒くもないといった感じであった。

 今日回ったコースは、平成倶楽部鉢形城コース。関越道の花園インターから10分ほどのところにある。初めて行くコースであった。そのエントランスやクラブハウスは相当にお金をかけた豪華なものであったが、コース自体のできは中級といった感じであろうか。

 おそらくその設計はバブル期になされたものであろう。これだけ設備投資にお金をかけてしまうと、ゴルフ場の経営はけして楽ではないはず、このゴルフ場単体でみればおそらく赤字ではないかと思われる。職業柄ついついそんなことにまで考えが及んでしまう。

 さてスコアのほうであるが、OUT 43、IN 45、TOTAL 88であった。90を切れたので私としては満足のいくスコアである。

 90を切れたのは嬉しいのであるが、それよりもフォーム改造後初めてのラウンドであったので、そのフォーム改造が比較的順調に推移しているのが確認できたのが大きな収穫であった。

 アーロン・バデリーをまねて、常に左足に重心を置く「重心移動無しスウィング」を試している。練習場で3回ほどそのフォームで練習しただけであるので、まだものにしたとはいえない。

 今日ラウンドしてみて、ミスもあったが比較的落ち着いた方向性が得られたので、今後もこの新しいフォームで調整してみようと思っている。トップで上体が左にそりかえり気味になっていたり、トップからダウンスウィング、フィニッシュにかけて腰がシーソーのようにギッタン・バッコンするなど、見た目的には美しいスィングとはいえないが、再現可能性が高い、ミート率が上がるなど有利なポイントも多く、実戦向きなスウィングである。

 10月もゴルフシーズンである。4回ほどラウンドする予定が入っているので、全て90を切れるようにニューフォームに磨きをかけてみよう。

 しかし、固定観念というか先入観といったものは、やはり一旦疑ってかかった方がいいようである。単なる「思い込み」で、この固定観念を打ち破れば、新たな可能性がひらけてくるなんてことがあるのかもしれない。トップでは右足に体重移動し、ダウンで左足に移す・・・これは正論であり、けっして間違ってはいないのであるが、それだけが正解ではない、ということがこの新しいスウィング理論に出会って分かった。

2007/9/26

560:ふんわり名人  

 「ふんわり名人」・・・食べてみました。最近コンビニで生産が追いつかないほど売れているとテレビの報道で知って、「どんなものなの?」といった感じで、セブンイレブンで買ってみた。

 「ふわっととける軽い口当たりのおかきに、香ばしいきな粉をたっぷりとまぶしました。」とパッケージの片隅に書かれていた。そしてその食感はまさにこの文言どおりなのである。

 「ふわっととける!」・・・本当にとけるのである。そしてとけた後にはきな粉の香ばしい味が口の中に広がる。この食感は今までにない感じである。「おかき」という言葉からは想像がつかないほど軽い口どけである。

クリックすると元のサイズで表示します

 今日は「藤原真理チェロリサイタル2007」を聴きに行って来た。場所は府中の森芸術劇場。自宅から車で1時間ほどのところにある。そこの小ホールに該当するウィーンホールでの演奏会であったが、このホールは天井が高く響きが豊かである。室内楽の演奏会場としてはかなりレベルが高いように感じる。

 クラシックのコンサートは月に2,3回行く。最近では都心のホールにも行くようになったが、従前は自宅から車で気軽に行ける多摩エリアに散在するホールに行くことが多かった。府中の森芸術劇場は自宅から比較的近く、音響的にも良いホールなのでよく行く。

 コンサートで最初の音を聴いた時、「音が軽やかだ・・・」という印象を持つことが多い。響きが豊かなのに重くない・・・軽やかなのである。この軽やかな口どけはなかなかオーディオでは味わえない。音がもっとしっかりするのである。オーディオの音はオーディオの音として魅力的ではあるが、この音のふわっとした口どけ感も魅力的である。

 藤原真理さんのチェロの最初の音を聴いた時も同様にその軽やかで豊かな響きに魅了された。オーディオでも「ふんわり名人」のような音のとけ具合を再現できればいいのであるが・・・しかし、ホールでの生演奏とオーディオの音とは別のものとして、それぞれの音の魅力を堪能するのが本来なのかもしれない。

2007/9/25

559:ローレルの後姿  

 日産ローレル・・・既に生産中止となっている4ドアセダンである。おそらく生産中止となって相当な年数が経過しているはずである。トヨタのマークUに対抗する日産の主力車種のひとつであった。

 カローラvsサニー、マークUvsローレル、クラウンvsセドリック、そういった図式のひとつであった。時々そのローレルを今でも見かけることがある。

 今日も顧問先からの帰り道、たまたま前の車がローレルであった。1990年代の前半に生産されたその古い車の後姿は、これといった特徴はないが、何故か記憶に残る造形である。リアのランプは一直製になるような造形が成されていて、どことなくやさしげな様子もある。

 その後姿からは、何故か初老の男性の背中が連想される。50代後半、頭は白くなり、子供はすっかり手を離れ、定年も間近に迫っている。以前、その車は家族の賑やかな声で満たされていたが、今はとても静かである。

 人並みに頑張って、家族を養い、その務めの大方をつつがなくやり終えようとしている自分の人生に対する多少の満足感と、先細る感のある自分のこれからの日々に対する諦念に似た感情のようなものを感じさせてくれる。

 車の後姿からそんなものを連想するのは、いささか奇妙に映るかもしれないが、「失われた10年」の前に設計され、バブルがはじけた直後に販売されたその車の後姿は、確かにそういった初老の男性の人生を感じさせる独特の雰囲気があるのである。

 他のその時代の車には特別な感慨を持つことはないのであるが、この1990年代前半のローレルの後姿には、そういった時代背景も重ねて、いつも感慨深く眺める。この後にモデルチェンジされた最終モデルになると、そういった哀感はまったく消えうせてしまうのであるが・・・

 中古レコードを開封する時もその独特の香りは、時間の経過というものを強く語りかけてくる。内袋はかすかに黄ばみ、その内袋からレコードを慎重に取り出すと、古いレコード独特の香りがすっとただよう。そこにしまわれていた時代の空気が不意に解き放たれたような印象を受ける。そういった音とはまったく関係ないことも中古レコードの楽しみの一つなのかもしれない。

2007/9/24

558:銀色の塊  

クリックすると元のサイズで表示します

 銀色に輝く、巨大で重厚なレコードプレーヤー。これはACCOUSTIC SOLIDというドイツのメーカーのものである。その存在感は凄まじい。嫌がうえでも視線を釘付けにしてしまう。

 「マイクロファラッド」という店の名前を初めて聞いたのは、ユニコーンをお使いのA氏のお宅をお邪魔した時である。その時、記憶の片隅にこびりついたのであるが、しばらくしてStereo誌の8月号で「いい音 いい場所 いいお店」というコーナーで紹介されているのを目にして、一度たずねてみたいと思っていたのである。

 その紹介記事の冒頭で「初めてこちらを訪れる人は、まず店を見つけるのに苦労するかもしれない。」と書かれていたが、まさにそのとおりであった。看板等店の存在をアピールするものは皆無である。特にこれといった特徴のないビルの2階にひっそりと佇んでいるといった印象である。

 中にはいるとオーナーの高橋さんが、「まあ、どうぞ・・・」といった感じで三つあるリスニングポイントの椅子の一つを勧めてくれた。店内には膨大なアナログレコードがあり、メインスピーカーのエベレストがその威容を誇っている。展示してある機器の数は少なく、厳選されているといった印象を受ける。

 何かかけてみますか、といった感じでチャイコフスキーの交響曲を一楽章を聴かせていただいた。アナログではなくCDで。そのCDプレーヤーであるが、TOSHIBA製である。CD専用機ではなく、映像系もあるユニバーサルタイプの製品であった。相当重厚なつくりで、おそらくフラッグシップではないか。音がとてもしっかりしている。並みのCD専用機では足元にも及ばないといった印象を受ける凄腕である。

 その後はACCOUSTIC SOLIDのレコードプレーヤーで4枚ほどクラシックのレコードを聴かせていただいた。その間約1時間半ほど・・・ハードの話は一切なく。ただ音楽を聴くといった感じで、ほとんど個人宅のOFF会の雰囲気であった。

 入り口はACOUSTIC SOLIDのレコードプレーヤー、Boulderのプリをセレクターとフォノイコとして使用、ウェスタン・エレクトリックの巨大なアッテネーターで音量を調整しBoulderのパワーアンプでエベレストを駆動していた。

 ACCOUSTIC SOLIDのプレーヤはその見かけどおり、どしっと腰の座ったそれでいて精緻な音を奏でてくれた。磐石な感じである。けっして腰高になることなく、豊かな情報量をレコードから引き出し、それを冷徹に表示するのではなく、その持っている音色も色鮮やかに描いてくれる。

 もちろんACCOUSTIC SOLIDのだけの功績ではないと思われる。ウェスタン・エレクトリックの70年前のアッテネーターをあえて使っているのは、その加味するものが他では得られないものだからであろう。

 アナログの音を十二分に堪能して店を出たが、オーディオショップにきたというよりも、オーナーである高橋さんの書斎にお邪魔して、レコードを数枚聴かせていたいただいた、という印象であった。私の頭には、その雄大にして精緻な音とともに、巨大な銀色の塊が深く記憶に刻まれた。

2007/9/23

557:儀式  

 今日は上の娘の学校の文化祭に、家族をつれて行ってきた。中高一貫校なので中学生と高校生が入り混じっている。しばらく校内をあちらこちら歩き、模擬店やコンサートなどを楽しんだが、この年代の独特のテンションの高さにはやはりついていけないものを感じた。

 何というか、いくぶん乱調気味にテンションが高いので、まったくリズムが合わないという感じである。私も10代の頃はこんな主旋律だけの音楽のようなテンションで過ごしていたのであろう。年をとると通奏低音ばかりのテンションの日々となってしまうようである。

 この年代は、恋愛や友人関係などが十二分に人生の主旋律となって過ごせる貴重な時期なのかもしれない。低音を受け持つリズムセクションのリズムがいくぶんまちまちであっても、強いエネルギーに裏打ちされたメロディは、本人達にとっては十分に味わい深いものなのであろう。

 さて、2時間ほどで早々にに退散し、自宅に戻った。そして夕方、新たに購入した中古レコードのクリーニングをした。中古レコードの場合盤の状態はまちまちである。大半は良いとは言えない。そこで、買ってからすぐに水洗いをするのである。

 酸性の水を浄水器で出して、「激オチ」スポンジで軽くなでるように洗う。レコード盤についた水滴をStatic Killer Clothで拭き取り、レコードは扇風機の前に置かれる。ここで片面5分ぐらい乾燥させて出来上がり。なお、気休めかもしれないが、扇風機はマイナスイオンスイッチをONにする。

 新品のレコードであれば大差ないかもしれないが、中古レコードは30年近く経過しているものがほとんどであるので、これで音の鮮度感がアップする。スクラッチ音も多少減少するようである。これは中古レコードを聞く前の儀式のようなものになりつつある。

 CDの場合はどうか・・・まず、新品であってもナノテック・システムズのクリーナーでクリーニング、クリーニングクロスはビスコCLを使用。その後RD-3でしっかり消磁、その後除電ブラシで静電気を抑える。さらに濡らしたStatic Killer Clothで再度除電する。これも一種の儀式のようなもの。

 儀式は精神安定剤のようなもの。しかし、音の変化は確かにあるので、当然実益を兼ねている。めんどくさそうに思われるかもしれないが、習慣になるとそうでもない。逆にしないと落ち着かないのである。

2007/9/22

556:警告表示  

 ブログの記事を更新する時間帯は何時ごろが一番多いのであろうか?ブログは一般的には日記的な要素が強いから、寝る前すなわち夜中が一番多いような気がする。

 風呂に入ってすっきりして今日一日を振り返り静かにブログを更新する・・・そういったパターンが多いのではないだろうか。心なしか夜中にブログを更新しようとすると、混んでいるのか、いつもより立ち上がりが遅いような気がする。

 今日車に乗っていたら、警告表示が出ていた。「何だろう?」とその表示の詳細を画面に出してみたら、エンジンオイルの交換を指示する警告であった。実際にコンピューターがエンジンオイルの汚れを検知して警告表示しているのであろうか?おそらく前回の交換時からの走行距離に応じて警告表示しているのでないか。

 乗っているかぎり不快な振動やエンジンが苦しそうな様子は感じられないが、ここは素直に従っておいたほうが良いであろう。近いうちにディーラーに持っていくことにしよう。

 「オイルといえば、レコードプレーヤの軸受けにもそろそろオイルを足さないといけない」と思いついた。レコードプレーヤーが我が家に着てから、そろそろ10ケ月が経過する。1年に一回ほどオイルの軸受けからの盛り上がり具合を確認して、富士山の裾野のように軸受けに絡まるオイルが確認できなければ追加するように言われていたのである。

 軸受けのオイルを目で確認し、若干裾野が低くなっているような印象を受けたので、一滴追加した。そしてオイル追加のためにはずした部品を全て元に戻し、しばらく時間をおいてからレコードをかけてみた。

 「ん・・・何かおかしい・・・まだおりきっていないのかな?」どうも先ほどよりも響きの鮮明さが低下したような気がする。くぐもった印象を受けるのである。

 一連の作業を冷静になって、振り返ってみる。その結果「もしかしてベルトかな・・・」という気がした。オイルを追加する際にはベルトをはずし、また元に戻した。その際ベルトが裏返ったのかもしれない。見た目的には表も裏も大差ない。しかし、ベルトには表裏があるようで、掛け間違うと音に影響があると聞いていた。

 そこでベルトを逆にしてかけ直す。その上で音だしして確認。「直った・・・よかった・・・」というわけであった。アナログは本当にアナログである。その調整もまさにアナログである。

 ちなみにベルトをかけかえる時、家具用ワックスの「プレッジ」をティッシュに吹きかけ、それでベルトをふきふきした。そうするとベルトが長持ちするとともに、音にも艶やかさが加味されるとのこと・・・本当にアナログって不思議で奥深い。

2007/9/21

555:ビリーの娘シェリーの鍛えられた腹筋  

 最近アナログが勢力を伸ばしている。我が家のリスニングルームでの話である。サリール効果であろうか。サリールをレコードプレーヤーの横に設置してから、その音の質感にグイグイ心惹かれるのである。時間的には従来とは反対にアナログを聴く方が長くなったようである。

 私にとって音の柔らかさや暖かみというのは結構重要なポイントである。解像度や見通しの良さよりも私のなかでは優先順位が高い。アナログではそういった要素がデジタルよりも優れているような気がするのである。

 昨日、全てのラックのスパイク受けをリグナムバイタに変更してみた。そしてアナログの音を聴いてみたのであるが、音の柔らかさやハーモニーの混ざり具合が少しばかり好みからずれたような印象を受けた。

 演奏者の気配や楽器の音の実体感は確かに向上するのである。オーディオ的には万々歳なのであるが、音楽への惹きこみ能力が少しばかり下がる。私はどちらかというとオーディオ的な諸要素のバランスのよさよりも、襟首をつかんでぐいっと引き寄せてくれるような音に過敏反応をするたちなので、そういった要素をもう少し調整したい、と感じた。ただしこのリグナムバイタによって得られる、鍛えられた腹筋の良さも活かしたい。
 
 そこで昨日の段階では、真ん中のラック・・・ROKSAN XERXES20、VIOLA CADENZA及びCADENZAの電源部がおさまっている・・・のみリグナムバイタをはずし元の山本音響工芸PB-10に戻してみた。

 すると、音の柔らかさがあるのに、見透しが良いという絶妙バランスになった。「これは良いのでは・・・」と内心思い、少しばかり頬が緩む。しかし、しばらくアナログを聴きこんでいくと、「もう少し緩めたい・・・」という気になってきた。腹筋をプヨプヨではないが、力を入れていないときはもっと柔らかな筋肉に戻したい。

 そこで右側のラックに設置してあるROKSAN CASPIAN PHONO-REFの足の下に余ったPB-10を入れてみた。「木」の要素を若干増やしてみたかったのである。

 音に木の香りが若干ついた。響きも柔らかめに拡散する気がする。「当面この併用使いでいってみよう・・・」デジタル系の機器にはリグナムバイタで筋トレしたラックをそのままあてがい、情報量を高度に引き出す。アナログ系の機器にはアフリカ黒檀で緩めに仕立てたラックをあてがう。その「飴と鞭」的なセッティングでしばらく試してみることに昨日の段階では落ち着いた。もちろん今後いろいろ試してみたいことはあるので、このセッティングが変更される可能性は高い。

 しかし、このリグナムバイタ、只者ではない。見掛けは悪いがその効果は素晴らしい。1個400円、1台のラックなら4個で1,600円、現在2台のラックに使っているので合計8個で3,200円・・・夢のように安い。この効果であれば32,000円でも絶対に導入する。仮に320,000円ならどうするか・・・高価なケーブルを導入することを考えれば、熟慮はするが導入に踏み切るのではないか・・・3,200,000円なら・・・見送ります。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ