2007/8/31

534:2本のライン  

 夏はガクッと両膝をつき、崩れ落ちたようである。まるでビリーズブートキャンプを終えたばかりの私のようである。

 ビリーズブートキャンプはとりあえず7日間のプログラムを一応終えたが、その後は続いていない。2,3日に1回の割合で「最終プログラム」を取り出して行う程度である。この「最終プログラム」は時間が約30分と短く、さらに腹筋を鍛えるエクササイズがちょっとしかないので私にとって好都合なのである。

 名前は「最終プログラム」ではあるが、「基礎プログラム」よりもはるかに楽である。結局4枚のDVDのセットであったが、この1枚のみあればよかったのかもしれない。

 さて、今日は汗をかいた。ビリーズブートキャンプではない。ゴルフである。8月に入ってからあまりに暑く、練習場に行く気力がわかなかった。あの気温では日中でへばってしまって、仕事を終えてから練習場に行く余力が残らなかったのである。

 しかし、一昨日から気温が穏やかになったので、そろそろ練習しなければと思っていた。そこで今日仕事を終えてから、練習場に行ってきた。約1時間、100球ほど打った。課題のドライバーとフェアウェイウッドを中心に練習したのであるが、久し振りのわりにはなかなか良い感じであった。

 ゴルフ雑誌で常に2本のラインを意識しながらスウィングすると安定感が出るという記事を読んで、早速試してみた。2本のラインとは、アドレスしたときのクラブのシャフトのラインとそれと平行に胸から伸びる想定ラインである。その2本のラインをイメージし、2本のラインの中に常にクラブがあるようにコントロールする。

 トップでは上のラインを超えないように、インパクトでは下のラインをなぞるような意識でスウィングするのであるが、上手くいくと軽いフェードで伸びのあるボールが飛んでいく。「ほう〜ほう〜・・・」とクレヨンしんちゃん風ににやけてしまった。

 9月は5日にラウンドの予定が入っている。この具合だと期待できるかも・・・90を切れるかも・・・あまり期待すると大概裏切られるのでほどほどに期待していよう。

 オーディオも雑誌に載っているノウハウがすぐさま自宅でも効果が出るといいのであるが、最近ではAudio Accessory誌に載っていた「グリーンディフェーザー」は結構良かった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ