2007/8/20

524:日替わり  

 我が家のシステムは2系統・・・しかし、よく考えてみると、スピーカーが2つに駆動系が2つ・・・ということは、当たり前のことではあるが4通りの組み合わせが楽しめるのである。

 Emm Labs > VIOLA > T3という組み合わせは従来はあまり聴かなかったが、今日は楽しんでみた。この組み合わせの場合、スピーカーのセッティングを若干変更したほうが有効なようであった。

 内振りを強めにするのである。そしてさらに、スピーカーの下に敷いてあるインシュレーターを少しいじるとさらに良くなった。

 スピーカーの下のインシュレーターは現在カーボンブロックを前2個後ろ1個の3点支持をしているが、この後ろ1個のインシュレーターをやや高さの低いアルミ製のインシュレーターに変えるのである。

 前2個のカーボンブロックよりも後ろのアルミ製インシュレーターのほうが高さが低いので後ろに少しばかり傾く。よく見れば分かる程度の傾きなのであるが、若干スピーカーがふんぞり返ったような姿勢をとるのである。

 このセッティングでは、広い空間表現が得られ、内振りが強まることにより奥行き表現も出やすいようである。「この組合わせもなかなか良いのでは・・・」と思わせるものがある。

 先日お邪魔したエレキングさんはWILSON AUDIO SYSTEM6を正攻法の正三角形セッティングをされていらっしゃた。すぐに影響を受けるたちの私としては、やはり試してみたいところ。

 そこで、内振りをさらに強めに振り、スピーカーのセンター間の感覚をメジャーで図り、それと同じ距離にリスニングポイントを移動。いつもより若干前に椅子を移動する。正三角形セッティングにすると各楽器の定位感がよくなる印象を受ける。

 週代わりどころか日替わりでいろんな音が楽しめるのは、とてもいいことなのではあるが、収拾がつかないというか、取り止めがなくなってしまう気が・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ