2007/8/31

534:2本のライン  

 夏はガクッと両膝をつき、崩れ落ちたようである。まるでビリーズブートキャンプを終えたばかりの私のようである。

 ビリーズブートキャンプはとりあえず7日間のプログラムを一応終えたが、その後は続いていない。2,3日に1回の割合で「最終プログラム」を取り出して行う程度である。この「最終プログラム」は時間が約30分と短く、さらに腹筋を鍛えるエクササイズがちょっとしかないので私にとって好都合なのである。

 名前は「最終プログラム」ではあるが、「基礎プログラム」よりもはるかに楽である。結局4枚のDVDのセットであったが、この1枚のみあればよかったのかもしれない。

 さて、今日は汗をかいた。ビリーズブートキャンプではない。ゴルフである。8月に入ってからあまりに暑く、練習場に行く気力がわかなかった。あの気温では日中でへばってしまって、仕事を終えてから練習場に行く余力が残らなかったのである。

 しかし、一昨日から気温が穏やかになったので、そろそろ練習しなければと思っていた。そこで今日仕事を終えてから、練習場に行ってきた。約1時間、100球ほど打った。課題のドライバーとフェアウェイウッドを中心に練習したのであるが、久し振りのわりにはなかなか良い感じであった。

 ゴルフ雑誌で常に2本のラインを意識しながらスウィングすると安定感が出るという記事を読んで、早速試してみた。2本のラインとは、アドレスしたときのクラブのシャフトのラインとそれと平行に胸から伸びる想定ラインである。その2本のラインをイメージし、2本のラインの中に常にクラブがあるようにコントロールする。

 トップでは上のラインを超えないように、インパクトでは下のラインをなぞるような意識でスウィングするのであるが、上手くいくと軽いフェードで伸びのあるボールが飛んでいく。「ほう〜ほう〜・・・」とクレヨンしんちゃん風ににやけてしまった。

 9月は5日にラウンドの予定が入っている。この具合だと期待できるかも・・・90を切れるかも・・・あまり期待すると大概裏切られるのでほどほどに期待していよう。

 オーディオも雑誌に載っているノウハウがすぐさま自宅でも効果が出るといいのであるが、最近ではAudio Accessory誌に載っていた「グリーンディフェーザー」は結構良かった。

2007/8/30

533:一発屋  

 昨日と今日は「夏の終わり」を実感させるような気候である。今年の夏は8月に入ってから急激に盛り上がり、凄まじく猛威を振るったが、さすがにここにきてガクッとトーンダウンしてきた。

 夜には秋の虫が盛大に鳴きだすようになり、季節の変わり目を感じさせる。この急激な夏の凋落ぶりは、「一発屋」といった印象すら感じさせるものがある。

 ここ数年は息の長いお笑いブームである。しかし、そのブームのなか「一発芸人」として一時爆発的に売れたが、しばらくして飽きられてしまい消えていったお笑い芸人は結構多い。

 「一発芸人」は個性的でありインパクトが強いが、ワンパターンという共通の傾向があるようである。そしていわゆる「ピン芸人」に「一発屋」が多いような気がする。

 もし、今年の夏がこのまますんなり収束し秋に移ってしまったら、「一発屋」の夏という印象を残しそうである。7月は梅雨が長引きあまり暑くなかったが、8月に入るなり夏真っ盛りになりワンパターンを思わせる強烈な炎天下攻撃をしかけ、そして8月の終わりと共に過ぎ去っていく・・・そんな夏なのであろうか。

 今日は「グリーンディフェーザー作戦」第2段を行った。なんということはない観葉植物を2本のスピーカーの内側に移動しただけのことである。背面のコーナーに置くよりも物理的にスピーカーに近くなったせいか、その効果のほどもアップしたように感じられた。

見た目はこんな感じ・・・
クリックすると元のサイズで表示します

 その影響は昨日書いたように、音の瑞々しさや柔らかさがアップしたように感じられるのである。気のせいかな?と思い、ある状態とない状態で比べてみると、やはり差はあるようである。私の好みから云うと良い方向への変化である。もちろん人によっては、悪い方向への変化となってしまう可能性も高い。

 下手なアクセサリーよりも効果があるような気がする。しかも値段の極めて廉価であり、見た目も悪くはない。

2007/8/29

532:グリーンディフェーザー  

 リスニングルームにはオーディオ機器とピアノ、そしてアームチェアがひとつとサイドテーブルがひとつ置いてある。それ以外に生活感を感じさせるものはまったく置いていない。

 また壁にも絵やタペストリーの類はまったく掛かっていない。スッキリしているのではあるが、何かしらスッキリしすぎているような気もする。もう少し装飾品や観葉植物など部屋を多少色づけるようなものがあってもいいのかもしれない。

 観葉植物で思い出すのは、評論家の江川三郎氏が以前Audio Accessory誌のなかでスーピーカーの周りに観葉植物を設置すると音にいい影響がある、という趣旨の記事を書かれていたことである。

 江川氏は「グリーンディフェーザー」と命名されていたが、その効果について「これは、マニア同士の特別な言葉で通じ合うような意味ではなく、単に音が柔らかくなったと素直に表現できるものだ」と述べられている。

 しかし、あまりにもスピーカーの近くに観葉植物を置くのは見た目的にも気が引ける。そこで50cm程度の高さの飾り棚のうえに小さな観葉植物を乗せ、それをスピーカー背後の各コーナーに置いてみた。見た目的にもすっきり感があるうえに、観葉植物の緑が優しい色合いを部屋の雰囲気に加えてくれる。

 音はどうか?・・・「確かにみずみずしく柔らかくなったような気がする。」・・・激変とかそういった変化ではけっしてない。音の表面の突起物が滑らかになりざらざら感が減じるような印象は受ける。しかし観葉植物による視覚的な効果もあるので歴然とした効果とまではいかないようだ。しかし、見た目も含めて悪い感じはしないので、しばらく継続してみよう。もう少し大型の観葉植物を持ってきた場合なども試してみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

2007/8/28

531:3日ぶり  

 「禁欲」・・・これは大事なことかもしれない。「禁欲」というと一般的には性欲の発露を抑えるといったイメージが強い。または食欲を抑える断食のようなものもイメージとして浮かんでくる。

 いずれにしても、人間が根本的に持っている欲望を理性で抑えコントロールする、といった意味合いで用いられる。そういった強固な意志を感じさせる半面、抑圧された感じ・・・生命の奔放な発露を抑える重たいものをも感じさせる言葉である。

 25,26,27日の3日間はオーディオはまったく聴いていない。私としてはめずらしいことである。そして今日仕事から帰り、久し振りにオーディオで音楽を聴いた。聴いたのはシベリウス交響曲第2番 Sir Colin Davis指揮ロンドン交響楽団。特に第2楽章が好きである。

 久し振りに聴いたせいか良く聴こえる。奥行き感があり音場も広い。HRS-120 CARBONの独特の音の出方が心地いい。久し振りに聴くということは、思いのほか良いものである。なんとなく新鮮に感じるのである。

 以前Akimitsuさんが「煮詰まったらオーディオはしばらくほっとくのが一番」といったことを話されているのを聞いて、印象に残っていた。何かしら不満があるとついついいじりたくなるもの。あれこれしてみて、「どうもここが・・・いやあそこが・・・」といった具合に蟻地獄状態になりがちである。そういったときは思い切って3日間まったく聴かない、いじらない、電源すら入れない・・・といった対応が一番いいのかもしれない。

 そうして3日経ってから、自分のお気に入りのCDから一番好きな曲なり楽章なりをかけてみると、音よりも音楽を自然に吸収できる感じで「あんがい、良く鳴っている・・・」という印象を持つのかもしれない。そして気になっていたことは「そう大したことではない・・・」といった印象に変わるのかもしれない。

 今回は旅行という物理的にオーディオを聴けない要因があったが、そういうものがない状態、いつでも電源をONにできる日常において、「禁欲」することは意外と難しいのかな・・・ついつい今日の具合はどうかなといった感じで短い時間でも聴いてしまうのが習慣になってしまっている。この習慣は改めた方がいいのかもしれない。

2007/8/27

530:毎日がスペシャル  

 「毎日がスペシャル〜♪毎日がスペシャル〜♪」旅先でのホテルで、疲れてベッドにぐたっと横になりながらテレビを観ていたら、SONYのHANDYCAMのCMで竹内マリアの歌が流れていた。

 その歌を何気に聴きながら、「毎日がスペシャルね〜、最近はほとんど毎日が無名って感じだな〜」とふと思ってしまった。「毎日がスペシャル度」は子供時代は相当高かったはずである。しかし、年齢と共にその度合いは急激に低下してくる。そして、日々は凄まじい勢いでめくられていく。

 窓辺に置かれた本のページが風にめくられるように、パタパタと過ぎ去っていくのである。それらの日々はけっしてスペシャルではなく、ほとんど名も無い日々であることが多い。

 そんななか、小旅行であっても旅行に出ることはささやかながら、日々のスペシャル度を多少上げてくれる。家族サービスを主目的としたなんの変哲の無いものではあるが、日頃の慣れ親しんだ環境とは別のところに身を置くだけでも深呼吸したくなるような新鮮さを感じさせるものである。

 周囲には家族連れがたくさんいるような観光地であったが、みんな一様に楽しげな目つきをしていた。もちろん小さな子が泣き喚いていたり、幼い兄弟が喧嘩しているのを母親がいさめたりといったシーンも目に付くのであるが、全体的に楽しげに見えた。

 我が家の子供も普段よりはしゃぎまわっていた。ホテルに着くなり、ベッドでふざけまわり、クッションを投げあったりしていた。多少テンションが高くなっているのが分かった。

 今回は列車での旅行であったが、列車の旅行の場合駅弁は欠かせない。行きも帰りも昼の時間帯に列車に乗るよう手配した。乗り込む前に駅弁を購入し、ペットボトルのお茶としっしょに袋に入れて、「まだか、まだか」と列車を待つ。

 列車が駅に着くなり勢いよく乗り込んで、早速駅弁を膝の上に・・・包みを開けようとする子供を制して、「動いてから・・・列車が動くまではダメ・・・」と注意する。意味があるとは思えないが、列車が動き出す前に駅弁の包みを開けて箸をつけるのは、どうしても気が引ける。なぜかしら、もったいない気がするのである。

 この3日間はささやかながらスペシャル度が高かった。また明日からは名も無い日々の連続が始まる。そういった何気ない毎日がスペシャルな人もいるのかもしれないが、中年の域にさしかかり、特に刺激的とも言えない環境で日々を過ごしている私にとって、多くの日々は名も無く顔もないようにすら感じられる。毎日のようにブログを更新するのは、こういった名も無い日々に、ささやかな仮の名前を付ける作業なのかもしれない。

2007/8/25

529:犬見知り  

 家族旅行に行くときには、愛犬はペットショップに預けていく。日に2回の散歩はしてくれるようであるが、その時間以外は狭いケージに入れられているようである。そして周りには当然他の犬がたくさんいる。

 我が家の愛犬は犬が苦手である。臆病な性格なのか、ペットショップなどで他の犬が近づいてきたりすると尻込みしている。人間に対しては極めて好意的で、まったく人見知りしない性格なのであるが、「犬見知り」はするようである。

 今日から3日間、愛犬メリーはその苦手なペットショップに滞在することになる。メリーにとっては気が重い数日となるかもしれない。

 旅行から帰ってきてペットショップに迎えに行くと、目がキラキラ輝いて千切れんばかりに尻尾を振る。「早くつれて帰ってくれ!」と言っているようである。

 人見知りせず自宅に来たお客さんにも愛想を振りまくメリーであるが、あまりに愛想を振りまくので、犬が苦手の方の場合少しばかり迷惑なこととなる。自宅でのOFF会などで来ていただいた方のなかにもその被害を受けられた方がいらっしゃるかもしれないが、本人に代わって謝っておきます。

 またペットを飼っている家の場合、やはり臭いが気になることもあるかもしれない。なるべく、消臭スプレーをこまめに使ってはいるが、完全に消すことはできない。家の者はは自分の家の臭いには気がつかないもの。

 いずれも、ペットがもたらしてくれる恩恵に比べると小さい問題・・・メリーがもたらしてくれるものは想像以上に大きい。今では本当の家族といってもいいようである。

クリックすると元のサイズで表示します

2007/8/24

528:ゆったりとしたS字  

 我が家のパワーアンプとスピーカーをつなぐスピーカーケーブルはワサッチというメーカーである。とてもマイナーな存在で他の方の家では見かけたことがない。確かキンバーにいた技術者が独立して起こしたメーカーだったはず。

 型番はLC-540。見た目は真っ黒、細くて柔らかい・・・高級感はまったくない。しかし、音は好きである。厳密に比較したことはないのであるが、きっと高解像度タイプではなく、情報量もそれほど多くはないような気がする。

 ダイナミックオーディオで76,000円で購入。定価はきっと10万円前後と思われる。2mペアのスピーカーケーブルで定価が10万円・・・これは見る人によって評価は大きく分かれる微妙なポジションであろう。

 一般的な常識人の金銭感覚からすると完全に異常な価格ではあるが、オーディオ・マニアにとってはそれほど驚く価格ではない。

 最新号のAudio Accessory誌を読んでいたら、「スピーカーケーブル ダブルスクランブル」と銘打ったスピーカーケーブルの比較試聴記事が載っていた。このての記事、私は大好きである。雑誌に載っていると必ず読む。

 比較的価格の安い切り売りケーブルから始まって、525,000円のACCOUSTIC ZENのABSOLUTE SPまで34モデルがリストアップされていた。2mペアで10万円の価格は丁度真ん中あたりに位置する。ということは価格的には中級モデルといったポジションのようである。

 こういう雑誌の比較試聴記事を読んでいると、なんとなく換えてみようかなという気にもなるが、自宅のシステムとの相性もあるし、やはり実際に聴いてみないことにはなかなか踏ん切りはつかない。

 見た目的には細いケーブルが好きである。そういう観点からこの記事を見てみると、目に付くのがSTEREOVOX FIREBIRDである。2mペアで80,000円と今使っているLC-540とほぼ同価格帯である。

 「弦楽は繊細で美しく、旋律は艶やかに潤い格別な芸術性で魅力がある」・・・こういう表現には結構惹かれるものがある。「ケーブルは現代のカートリッジである」といた趣旨のことを評論家の方が書かれていたような気がするが、アナログだけの頃オーディオマニアは相当数のカートリッジを持っていた。現代のマニアはケーブルを相当数持っている方が多いのかもしれない。

 そう考えるとスピーカーケーブルも2,3本常時持っていて、その日の気分によってつなぎかえるなんてこともオーディオの楽しみの一つなのかもしれない。

 スピーカーケーブルはリスニングポイントから見て真正面の床に横たわっているので、もっとも目に付くケーブルである。できれば左右対称にゆったりとしたS字を描いていて欲しい。

クリックすると元のサイズで表示します

(明日から2泊3日の家族旅行にいきますので、明日と明後日は記事の更新はありません。次回の更新は27日の予定です。)

2007/8/23

527:償い  

 今日は暦のうえでは「処暑」である。暑さがそろそろ収まる頃という意味のようであるが、確かに今日は昨日までの酷暑に比べると過ごしやすい気温であった。このまま8月に入ってから延々続いている猛暑が一段落してくれればいいのであるが・・・

 一段落といえば、最近ゴルフのスコアが低迷したまま浮上のきっかけがつかめないままである。このままではいけないと思いつつも、ここ最近の暑さでは練習場に行こうという気になかなかなれないのである。

 ついつい仕事を終えると練習場には寄らずに、まっすぐに家に帰って冷房のきいた部屋でぐったとしてしまう。ゴルフは正直である。練習したかしないかは如実にスコアになって跳ね返ってくる。

 実際のゴルフ場でのラウンド数ももちろん大事でである。練習場では人工芝のマットのうえで、しかも完全にフラットな足場でボールを打てる。フォームを固めるにはとても有効であるが、細かなコントロールの勘は実際のゴルフ場でないとなかなか磨けない。

 週に1回ラウンドして、週に3回は練習場で練習・・・いいな〜そんな生活・・・しかし、現実は厳しい。せめてもう少しラウンド数を増やしたいところである。

 ゴルフもオーディオも妻を引き込むことは今となっては全く不可能である。そうなると当然この両者に熱を上げすぎると家庭不和をもたらすことになる。そのへんのバランス感覚はしっかり持っていないと、取り返しのつかないことになってしまう恐れがある。

 その対策というわけでもないのであるが、今週末は2泊3日で家族旅行の予定が入っている。日頃の家族サービスの不足分を少しでも補えればいいのであるが・・・まあ、子供の夏休みの時期に2泊3日の家族旅行ぐらい当たり前のことなのかもしれないが・・・

 「日頃ゴルフだオーディオだと自分勝手なことをしているなら1週間ぐらいハワイでも連れて行ってやりなさい!」という内なる声も聞こえてくる。それは来年にでもとっておくことにしよう。

 とりあえず今度の家族旅行でマイナスポイントになっている得点を多少挽回したうえで、9月に入って少し涼しくなったら、ゴルフにももっと時間を割きたいところである。もちろんオーディオにも・・・

2007/8/22

526:見た目と音  

 昨日からスピーカーをT3からHRS-120 CARBONに変更した。T3は前後のインシュレーターの高さを変えることにより、仰角をつけたセッティングにしたところ、音の鮮度感が向上した。

 そこで、「もしや・・・いやまさかな〜」と思いつつ同様にHRS-120 CARBONについても同様に前のインシュレーターよりも高さの低いアルミ製のインシュレーターを後ろに使用することにより、多少仰角をつけてみた。

 見た目ははっきりいって良くない。T3の場合は結構さまになった仰角付セッティングであったが、HRS-120 CARBONではまったくさえない。これではホルガー・ミューラーに申し訳ない。この有様を見たらきっと怒るに違いない。「お前にはGerman Physiksのスピーカーを使う資格などない!」と怒鳴られるかもしれない。

 そして音のほうであるが、見た目と音とは相関関係があるのか、見た目同様いまひとつであった。音に硬さが感じられるのである。水平360度無指向性のスピーカーの場合仰角を付けるなんてことはしてはならないことのようであった。

 まったく、思慮のない試行錯誤であった。しかし、一見バカらしいこういった経験もひとつの体験として蓄積されるのであろう。

 ふと思いついて試行錯誤してみる。これはこれで悪いことではないような気がするのであるが、その多くはすぐさま取り下げられる。時々正直落ち込むというか、「こんなこと意味ないよな〜」と暗い気分になることもある。

 今日も音を聴いて、すぐさまインシュレーターを元に戻した。しっかりと水平になったHRS-120 CARBONを見て、なんとなくほっとした。見た目的にほっとするセッティングの方がきっと音も良いのであろう。
 
 仰角を付けたHRS-120 CARBONはどことなく「ピサの斜塔」のような感じで、見ていて不自然さというか不安感を感じさせるものがあったのである。やはりこれではいけないのである。

2007/8/21

525:マイナーチェンジ  

 「チタニウム・モデルとカーボン・モデルのサウンドにおける差は微々たるものである。だが、この紙一重が音楽に重大な影響を及ぼすことは、ここまで述べてきたことからもお分かりであろう。」

 Audio Accessory誌の最新号での石原俊さんの記事の一部である。GERMAN PHYSIKSのHRS-120 CarbonUの紹介記事が載っていたので、いの一番に読んでみた。石原俊さんもチタニウム・モデルのトロバドゥール90を現在所有されているので、私と同様、前モデルであるチタニウム・モデルのDDDユニットをお持ちである。であるから、当然カーボン・モデルに対しては並々ならぬ興味をお持ちのはずである。

 このての記事の場合、当然改良型を褒める。そのために従前モデルとの音の比較というかたちで文章を進めるのは、常套手段ではある。とは思いつつも、やはり気になるものではある。

 写真が出ていたがカーボン・モデルはDDDユニット部が黒である。近くで見るとカーボン独特の編みこみが見えるが、引いた写真では単に真っ黒である。現物はまだ見ていないのであるが、精悍といえば精悍である。チタニウムの銀色の方が全体的なバランスは良いような気がするが、あの独特の光沢のある編みこみ模様はエンクロージャーとの統一感もあり結構魅力的・・・

 「なお、カーボン化に伴ってクロスオーバー・ネットワークも見直され、乗数にかなりの変更がなされた。」・・・ということは、当然首の挿げ替えのみでは「U」に変身することはできないわけである。

 アンパンマンのようにはいかないようである。「まお、どうってことない・・・どうってことない・・・」と自分にいいきかせよう。

 自分が乗っている車がマイナーチェンジした場合、十中八九マイナーチェンジ前のモデルを支持する。大概オリジナルがもっていた独特の良さをスポイルする傾向での変更が目に付くからである。しかし、オーディオ機器の場合はそうとばかりは言えない。特にカーボン・フェチ的傾向のある私にとって、今回のHRS-120 CARBONのマイナーチェンジはまさに「目に毒」である。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ