2007/7/13

486:3日目  

 ブートキャンプは今日で3日目。この記事を書き終えてからチャレンジする予定である。一昨日と昨日は基礎プログラム。今日から応用プログラムになる。この応用プログラムも基礎プログラム同様2日間おこない、さらに腹筋プログラムを2日間、そして最終プログラムを1日、合計7日間でひととおりのプログラムをこなす仕組みである。

 しかし、基礎プログラムでもはっきりいってとてもこなしきれない感があった。特に最後の方の腹筋を鍛えるエクササイズは、「これは無理・・・とてもじゃないがついていけない。」というのが正直な感想。

 こんな状態で応用プログラムに移行して大丈夫なのかと不安ではあるが、まあ不完全ではあっても指示通りひととおりやってみるしかない。

 約50分ノンストップでプログラムをこなすと汗びっしょりである。息も上がる。プログラムが終了するとDVDの映像はビリーと参加メンバーが手と手を取り合って「VICTORY!」と雄叫びを上げるのであるが、こちらは床に手と膝をついた状態で「ふ〜ふ〜」肩で息をしていて、とてもその雄叫びには参加できない。

 そしてシャワーを浴びて、崩れるようにベットに倒れこむ。すると夜中に目が覚めることなく朝までぐっすりである。

 筋肉は寝ている間に造られると何かで聞いたような覚えがある。ということは寝る前に筋肉に負荷を与える運動をすることはいいことなのではないだろうか。筋肉ムキムキになりたいとは思わないが、張りのない体が締まり、ゆるゆるの腹筋がギュッと締まれば、結構自己満足気分を味わえるような気がするのである。そのためにはどのくらいの日数が必要なのであろうか?

 オーディオという趣味は、体の健康という観点からすると決して良い趣味とは言えない。スピーカーを動かしたり、重いパワーアンプを持ち上げたりということを頻繁にすれば、それなりに体の鍛錬になりそうであるが、そういったことをしょっちゅうしているわけでない。
 
 じっと座って音楽を聴く事が、時間的には一番長い。もちろん音楽を聴く事は心の健康に資するものではあるのであるが、アームチャアに座って足を組み、じっくり音楽を聴いていて腹筋が鍛えられるとということは決してない。

 一石二鳥を得るためには、乗馬マシーンでも購入して、それにまたがり前後にゆられながらオーディオを聴くといいのかもしれないのであるが、それではじっくり音楽に浸ることなど不可能である。

 やはり音楽を聴く時は集中して音楽を聴き、体を鍛える時はゼーゼーいいながらも体を鍛えるのが一番であろう。

 しかし、7日間をとりあえず終えたら、また最初に戻って同じパターンを繰り返すのであろうか?モチベーションを維持することができるか否かは、未確定であるが、とりあえず7日間やり切ってみたい。そうすると何か新たな思いが生まれてくるかもしれない。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ