2007/7/31

504:デンマークの照明  

 先日のOFF会の時にfj_nvさんとは、オーディオの話ももちろんしたのであるが、北欧家具の話やfj_nvさんが行かれたことのあるデンマークの人々の暮らしぶりなどの話も伺うことができ有意義な時間を過ごすことができた。

 特に印象に残ったのは、デンマークでは家庭でもオフィスでも蛍光灯を使うことは稀で、しかも使われている照明機器はどれも光度がとても低く抑えられている、ということであった。

 日本では、事務効率を考えてオフィスではほぼ100%蛍光灯が使われている。そして家庭でも蛍光灯の使用比率は比較的高い。全体的にとても明るいのである。

 蛍光灯には消費電力が少なくてすむという、今の時代とても大切な長所がある。エコロジーの時代である。電力の無駄遣いは極力避けなければならない。しかし、私は蛍光灯の光が嫌いである。自宅では蛍光灯は一切使わないように設計してもらった。白熱灯のみだと夏は暑く、また消費電力も多いというデメリットがある。

 しかも、電球の場合一定の期間が経過すると切れる。蛍光灯も時間の経過と共に劣化するが、電球の方がはるかに頻度高く取り替える必要があるのである。

 そして、設計時には必要光度を出してもらい、その計算にしたがって白熱灯のワット数を決めたのであるが、印象としては明るすぎる感じがする。算定された必要光度が相当高い設定だったようである。設計の人に言われると従わざる得なかったのであるが、現実的にはその必要はなかったようである。

 そこで最近は電球が切れると取り替える際にワット数を大幅に落とすようにしている。100Wの電球を使っていたら60Wに、60Wの電球を使っていたら40Wにといった具合である。そうすると部屋全体がうっすらと暗くなる。

 家族には多少不評なのであるが、私としてはこの方が落ち着けるのである。オーディオを聴く際にも、できれば部屋の光度は落としたい。夜であれば全く照明をつけず、オーディオ機器のLEDのみで聴く事が多い。

 その状況で聴いた方が音に対する集中力が増すような気がするのである。もちろん個人差があるので、人によっては逆といった場合もあるであろう。真っ暗というのも何だから、スポット的に淡い照明機器を効果的に使えば、より一層良い雰囲気作りができるような気がする。

 OFF会でお邪魔したさい、もっとも印象的な照明の使い方をされていたのはSHUKSさんであった。真っ暗な部屋にところどころにキャンドルの炎が幻想的な明かりを揺らめかせていたのである。これは手の込んだ演出であった。

 リスニングルームの照明による演出といったものも、音楽を心地よく楽しむためには重要な要素のような気がする。

2007/7/30

503:深淵  

おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。  ニーチェ『善悪の彼岸』

 オーディオで時々、見なかった方が良かったかな・・・聴かなかった方が良かったかなという経験をすることがある。それは何か深淵をのぞき込んだときのような、深く底知れないものを連想させるのである。

 2ヶ月ほど前のことであるが、びーぐる邸でリスニングルームの真下にあたる専用の部屋に設置された巨大なトランスの数々を目にしたときも、「すごいな〜」と感嘆の声を上げた。

 そして、昨日Jeyさんのお宅でOMEGA MONOを目の当たりにしたときのも、「すごいパワーアンプだな〜」と目をぱちくりさせた。

 想像していたよりも荒々しい容姿ではなかったが、その存在感は他のオーディオ機器を圧倒するものがあった。何せその重量は、Jeyさんがお使いのALTO UTOPIAとほぼ同じ。どう頑張っても一人では持ち上げられない。

 その神々しい姿形に見入っていると、ついつい引き込まれてしまうような強力な引力を有した素晴らしいオーディオ機器である。

 Jeyさんは「まだ音がまとまっていない・・・」とおっしゃっていたが、その能力の桁外れの高さは、同時に使い手の技量に対しても高レベルなものを要求してくるのかもしれない。たとえ深淵に魅入られたとしても、うかつに踏み込んではいけない世界なのであろう。

 前回お邪魔したとき、パワーアンプはFM ACCOUSTICSであった。私のとても好きな質感の音を奏でていた。うっとりと聴きいっていたのであるが、「もっと制動の効いた低域が欲しいので、パワーアンプをOMEGA MONOに変えたい」との意向を聞いて「もったいない・・・」と内心思ったのである。

 まだ導入されたばかりでJeyさんもこれから本格的に調整に取り組まれる段階ではあるが、その能力の桁外れさは、音から見え隠れしている。打楽器系の瞬発力や実体感のある音の塊感など、やはり並ではない。シンバルやヴィブラフォンといった高域の響きの確かさもうならせる。やはり、Jeyさんにとってパワーアンプ変更の決断は正解であった。

 整然としたラックの裏側をのぞき込むと前回の時と同様、シンクロナイズスイミングの水面下を連想させるエネルギッシュな光景が目に飛び込んでくる。巨大な白や黒の大蛇が蠢いているようにすら見える。ここにも深い深淵があった。見入っていると魂を吸い込まれそうな光景である。

 その情熱の深さ強さはどこからくるのであろうか?びーぐる邸にも心底驚かされたが、Jeyさんのお宅もそれに負けず劣らず深かった。

2007/7/29

502:OMEGA MONO  

 東京駅発高尾行き中央線快速電車に乗って帰ってきた。東京駅を出たのが午後10時35分、目的地である立川駅に着いたのが11時24分であった。乗っていた時間は49分。半分以上はうとうとしていたのであるが、つい先ほどJeyさんのお宅で聴かせていただいていた音のことなどをぼんやり思い浮かべていた。

 今日は2部制のOFF会であった。参加メンバーは、びーぐるさん、Jeyさん、fj_nvさんと私の4名。第1部は私の家で、そして第2部はJeyさんのお宅でという構成であった。私の住んでいるところとJeyさんが住まわれているところは同じ東京都でありながら、全く雰囲気が違う。

 私の家は東京のはずれのはずれ、埼玉県との境である。一方Jeyさんのお宅は東京駅からタクシーで1メーターとちょっとの近さ。都心のど真ん中である。周囲の景色が全く違う。

 今日のメインイベントは、Jeyさんが最近導入されたCLASSE OMEGA MONOである。その巨体に汲めども尽きぬかと思わせるパワーを秘め、スピーカーを完全にコントロールしきってしまうという噂のパワーアンプである。

 島田さんはじめ多くの方が「これはすごい!」と感嘆されたという凄腕の持ち主。もちろん聴くのは初めてで、興味深々である。

 Jeyさんのお宅に到着してその姿をまじまじと眺めると、存在感はやはり圧倒的なものがある。しかし、「豪腕・豪快」といった荒々しいイメージではなく、アールのついたデザインやその表面仕上げの素晴らしさから、想像以上に洗練された優雅な佇まいを有していた。

まずはアップで
クリックすると元のサイズで表示します

つづいて、やや引いて
クリックすると元のサイズで表示します

 音の詳細や印象を御報告すべきであるが、ダブルヘッダーのOFF会はやはり結構疲れた。帰りの中央線は始発駅から乗るので座れたのであるが、それでも疲労感は残っている。そこで音の詳細等については明日にでも報告します。おやすみなさい・・・

2007/7/28

501:軽量級  

 明日はOFF会の予定が入っている。ということは今日は家族サービスデイである。本心は、今日の午後ダイナミックオーディオ6Fで行われたイベントに参加したかったのであるが、「じっと我慢の子であった。」「大五郎、3分間待つのだぞ・・・」(私が小学生の頃のCMである。ほとんどの人は分からないはず・・・)

 「HRS120をメインにDDDユニットの素晴らしさをHAL2で体験下さい。又、新製品の HRS120Carbon2のお披露目を予定しております。DDDユニットのチタンからカーボンへの違いを確認できます。当日は、ゼファンの安藤氏をお迎えしてHRS120Carbon2についてのいろんなお話しができればとおもいます。」

 メール通信を読んで、ぜひとも聴いてみたい、見てみたい・・・と思ったが、まあ、行かなかったほうが正解であろう。目に毒、耳に毒である。

 とはいえ、一度カーボンDDDを間近に眺め、その音を聴いてみたいものである。そして、ついでに指でつんつんしてみたいものである。本当に指つんしても大丈夫なのか自分の指で確認してみたい。

 ゼファンの安藤さんはわが家に何度か来ていただいた。納品時だけでなく、具合が悪くなった時にも何度か足を運んでいただいたので、すっかり顔なじみになってしまった。なんとVIOLAの巨大パワーアンプを一人で持ち上げるパワーの持ち主である。学生時代に相当体を鍛えたようであるが、凄いものである。もちろんHRS-120など軽がる持ち上げて運んでいってしまった。

 我が家の二つのスピーカーは幸いなことに軽量級である。どちらも一人で持ち上げることができる。でないとこの部屋で二つ併用は不可能である。もっと広い部屋なら2セット同時併用セットも可能であるかもしれないが、8畳間では無理・・・

 なので両者が軽量級であることは嬉しいかぎりである。しかし、そのオーナーが軽々しく動き回り落ち着きがないのは少し困りものである。

2007/7/27

500:かすかな記憶  

 先日トッパンホールでチェロのコンサートを聴いてきた。コンサートホールで実際の演奏を聴いてくると、しばらくはその聴いてきた楽器と同じ楽器ののソフトを聴く癖がある。今回はチェロであるので、ここ2日ほどはチェロのソフトを聴いた。

 もうひとつ、実際にコンサートホールで聴いてくると、しばらくはオーディオで音楽を聴く際の音量が普段より小さくなる癖もある。

 これは、実際にコンサートホールで聴いてみると、クラシックの場合それほどの大きな音量ではないのである。「普段オーディオで聴いているほうが大きいな。もう少し小さめで聴いた方がいいようだ。」と思うのである。

 しかし、時間が経ってくると音量が徐々に上がってくる。オーディオ的な快感度からするともう少し大きくてもいいかな・・・といった感じでひと目盛り上げたりするのである。

 音の記憶はそうは長く持たないもの。特に私の場合は時の経過と共にドンドン薄れていく。コンサートホールで聴いた音の記憶がしっかりと刻み付けられて離れなければいいのであるが、そのうちすっかり影も形もなくなってしまうのである。

 コンサートホールの音の再現がオーディオの目的ではないのであるが、ついついオーディオに「目をつぶったらコンサートホール」的なものを求めたくなってしまう傾向がある。

 そのために、コンサートホールにいくと、純粋に音楽を楽しむと共に、この音の質感を記憶しておかなければなどと余計なことを考えていたりもする。しかし、コンサートホールといってもホールによって音の質感は変わってくるし、席の位置によっても相当な変化があるので、あまり意味があるとは思えない。しかも音の記憶の鮮度はサンマよりも早く落ちてゆく。

 それでも昨日今日と、チェロのソフトを聴きながら、先日のトッパンホールの音のかすかな記憶との対比をしていた。その結果スピーカーの間隔はかなり狭まった。そしてリスニングポイントに若干近い位置に落ち着いた。「こんな質感だったような・・・」かなり不確かであるが・・・

2007/7/26

499:待機場所  

 バタ子さんが、ジャムおじさんが焼き上げたばかりのアンパンマンの新しい顔を投げる。「アンパンマン!新しい顔よ!」

 新しい顔は古い顔を勢いよく押しのけ、くるくる回ってきらん!と光る。「元気百倍!あ〜んパンチ!」と形勢が一気に逆転する。

 水戸黄門の「この印籠が目に入らぬか!」といった決めのパターン同様胸のすく瞬間である。

 「チタンDDD、カーボンDDDの違いを確認するのは初めてです。カーボンDDDは極薄ですが押してもつぶれないでしょう!おそらく。これは朗報ではないでしょうか?オーナーは一度は潰すんです。」

 ダイナミックオーディオの東さんからのメール通信を読んで、「オーナーは一度はつぶすんです。」でガクッときた。「そ、そうなんです・・・」と独り言・・・

 アンパンマンの顔のようにDDDユニットも簡単に挿げ替えられたらいいのにと思うが、しばらくはこのままでいこう。

 見ようによっては、DDDユニットにしっかりと刻まれたこの傷は「愛と誠」の誠の額の傷・・・少し古過ぎたかな・・・あるいはハリーポッターの額に刻まれた雷の形をした傷のように、物語の展開上なくてなならない重要な傷なのかもしれない。

 しかし二度目は防ぎたいもの。額の傷はひとつだからこそ貴重な存在で、二つめはいただけない。今までは待機中のスピーカーはリスニングルームの外の廊下に置いていた。これがいけなかった。廊下では刃傷沙汰が起こることは、江戸時代の昔から決まっていることである。不注意であった・・・

 そこで、リスニングルームのなか、リスニングポイントから見て右サイド、ピアノの隣で待機させることとした。多少音には悪影響があるやもしれぬが、この際目をつぶろう。

お尻を向けて待機中のT3
クリックすると元のサイズで表示します

2007/7/25

498:ソル・ガベッタ  

 PSD T3のバスレフポートに顔を近づけると、何かしらいい香りがする。なんと表現していいのか分からないが、独特のいい香りがするのである。あえて言うなら、アロマセラピー的な香りであろうか・・・

 今日はトッパンホールに行った。指定された席に開演前10分前ぐらに着くと、そのT3のバスレフポートと同じような香りがする。トッパンホールの香りであろうか? あるいは、隣に座った女性の香水の香りであろうか?両者の混じった結果としての香りであろうか?

 今日のコンサートはソル・ガベッタ(チェロ) / ミハエラ・ウルスレアサ(ピアノ)の演奏で、シューマン:3つの幻想小曲集 Op.73、ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第3番 イ長調 Op.69、ラフマニノフ:チェロ・ソナタ ト短調 Op.19であった。

 まず印象的だったのは、T3のバスレフポートから漏れでるそれに似た香りであった。そして次に印象的であったのはソル・ガベッタの二の腕である。

 ビリーズブートキャンプでビリーの斜め後ろにいる義理の娘の二の腕を思わせる腕であった。筋肉質なのである。チェロの演奏自体、相当なエクササイズにもなるのであろうが、それとは別に特別なトレーニングをしているのではと思えた。もしかして熱狂的なビリーズブートキャンプの信奉者であったりして・・・

 そのきりりとしまった体つきの印象どおり、演奏も躍動感に溢れるダイナミックなものであった。アルゼンチン出身ということも関連しているのか、音楽の抑揚感を生気溢れた演奏でよりはっきりと表現してくれる。陽性な音である。聴いていて元気を貰えた。

 この3曲のなかでは、ソル・ガベッタの演奏スタイルからすると3曲目のラフマニノフのチェロ・ソナタが一番合っているような気がした。しかし、私の個人的な好みから言えば断然ベートーベンのチェロ・ソナタ第3番である。相変わらずこの曲をコンサートホールで聴くと、ぐぐっと胸が熱くなるのである。この曲が終わってからの休憩時間にはトイレに行って思い切り鼻をかまなければならなかった。

 やはりトッパンホールは音の響きが美しい。お気に入りのコンサートホールである。来月にはピアノのコンサートでまたトッパンホールに来る予定である。そのときに、またPSD T3のバスレフポートと同じような香りがするのか、確認してみよう。

2007/7/24

497:腹筋を鍛える必要性  

 宮里藍は本当に惜しかった。アメリカでの初優勝がもう手の届くところにあったのであるが、李宣和との決勝戦で破れ、HSBC女子世界マッチプレー選手権で準優勝に終わった。

 勝敗を分けたのは15番でのバーディーパットであった。宮里藍が2m弱のバーディーパットをはずしたのに対し、李は1m程度のバーディーパットをしっかり決めた。これで李の2アップとなり、勝敗の流れが李に傾いた。

 マッチプレーはストロークプレーと違い独特の緊張感というかピンと張り詰めた緊迫感があり、観ているだけでも結構肩に力が入り、疲れてしまう。特に昨晩の決勝戦は、両者ナイスショットの応酬で息詰まる戦いであった。

 少し前に日本アマの決勝戦をテレビで観戦したが、この大会もマッチプレーであった。そして決勝戦で顔を合わせたのは、東北福祉大学の学生と43歳のアマチュア・・・年齢やスィングなどとても対照的な両者であった。

 その両者の息詰まるような戦いぶりに引き付けられるように見入った。ゴルフの醍醐味はフィジカルだけでなくメンタルな駆け引きというか両者の精神状態の起伏がすぐさまプレーに反映するところにもある。特にマッチプレーであるとそういったメンタルなものがよりいっそうクローズアップされる。

 我が家のリスニングルームでもマッチプレーが継続中である。T3をCDP-MS1とSD05の駆動系で鳴らしていると「十二分である。全く過不足ない。」という印象を受ける。極めてシンプルな構成でこの再生能力にはやはり頭が下がる。

 Emm labs+VIOLA+HRS-120 CARBONに変えてみると、その独特の味わいに「この味わいはやはり捨てがたいものがある。リアルな音ではないが、その風合いは快感を伴うものだ」と思ってしまう。特に私のメインジャンルであるクラシックの場合にそう感じることが多い。

 決め手となるバーディーパットは両者はずさない、といった感じであるので、当分はマッチプレーが続くようである。腰を痛めるとこの状態はキープできなくなるので、ブートキャンプで腹筋を鍛えることにしよう。

2007/7/23

496:アルコール  

 アルコールは強い方ではない。というよりむしろ弱い方である。ビールなら中ジョッキ2杯が限度である。普段自宅では全く飲まない。

 しかし、仕事の関係で顧問先企業の経営者と飲む機会は結構ある。そういう時は最初はビール、そして限度に近くなってきたら、ウーロン茶でやり過ごす。

 今日はそういった飲み会であった。最後までビールで済ましたが、私としては結構飲んだ方である。日付が変わってから家に着いたが、まだ結構アルコールが残っていて頭が多少ふらふらする。

 ふらふらするといえば、オーディオを趣味とするようになってから1年数ケ月が経過したが、その間ほとんど絶え間なく千鳥足状態が続いた。ここへきて、ようやく落ち着きそうな気配が出てきたが、また何があるかわからない。

 こういった酔った状況の場合、決して自分では運転せず、運転代行を頼むのが得策である。昨日のOFF会でもSugarさんからいろいろアドバイスをいただいた。そのなかのひとつに、スピーカーにわずかな仰角をつけると良いのでは、というものがある。

 パッと見ではっきり分かるほどでなく、ほんの気持ち程度。それを聞いて、「面白そうだな・・・スピーカーの下に轢いてあるカーボンインシュレーターの高さを前後で少し変えれば、簡単に仰角はつけられる。」と思った。

 前のインシュレーターになにか挟むか、後ろのインシュレターを少しばかり紙鑢で削れば可能な気がする。早速試してみよう。ベテランマニアの方のアドバイスは的確である。相当な経験を積まれているので、ピンポイントに効果がでるであろう。

 それにしても今日は私としては結構飲んだ方である。パソコンに向かってタイピングしていると残ったアルコールのせいで気分が悪くなってきた。そろそろベッドに倒れこんだ方がいいようである。

2007/7/22

495:デュ・プレとAria  

 ジャクリーヌ デュ・プレ・・・天才的なチェロ奏者として名高い。そして、多発性脳脊髄硬化症のため、演奏家としての生命を絶たれ、さらには若くしてその生命をも奪われてしまった悲運の人としても名高く、その生涯は映画などにもなった。

 その生涯同様、演奏もドラマチックで情感溢れるものである。得にエルガーのチェロ協奏曲の演奏が有名で、この曲の持つ悲壮的な雰囲気がその後のデュ・プレの人生を暗示しているようですらある。

 今日は我が家でOFF会。ハンコックさんとSugarさんが来てくれた。最初はハンコック邸で、次はSugar邸で、そして今回、最後に我が家でOFF会の運びとなり、それぞれの相互訪問が完結した。

 我が家では二つのスピーカーが活躍しているので、それぞれに個性のあるスピーカーを聴いていただいた。まずはHRS-120 CARBONでクラシックを、そして後半はT3でジャズやポピュラー系のソフトを、といった感じの2部構成であった。

 HRS-120 CARBONは、まずその音の定位など、指向性のある普通のスピーカーと比べてやはり独特のものがあり、それに最初は違和感を憶えるかもしれないが、慣れてくると独特の快感があり、ホールにいるような臨場感が味わえる。しかし、オーディオ的に高分解能な凄い音が出るということはない。

 対してT3は特性がフラットで帯域が広い。切れ味が鋭く端整である。艶かしい色合いや雰囲気はださずスパッと音を出す。音の立ち上がりが結構早く、特にアコースティックギターなどが気持ち良い。

 HRS-120 CARBONで聴いたデュ・プレのエルガーは良かった。ハンコックさんが持ってきてくれたCDである。40年前の録音ではあるが、そのダイナミックで情熱的な演奏はやはり胸を打つものがあった。自宅でのOFF会ということをすっかり忘れ、その演奏に聴き入ってしまった。

 そして、後半のT3の部では、Sugarさんが持ってきてくれたObliq Soundというレーベルから出ている「Aria」というCDが素晴らしかった。アコースティックギターとウッドベースのディオによるCDである。脚色されることのないウッドベースの音は重くない。それがこのCDではよく分かる。そしてアコースティックギターの研ぎ澄まされたような音の質感表現が素晴らしく、とても良い録音である。

 OFF会はオーディオの音を聴くのがメインになりがちだが、魅力的なソフトを新たに見出すとても良い機会である。むしろそちらに重点を置くべきともいえる。この二枚のCDは近く手に入れたいものである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ