2007/6/30

473:スウィング改造  

 土曜日と日曜日は休みである。どちらか一方を自分の趣味のために使う場合には、もう一方は家族サービスに充てる。これは我が家でのルールというか、ノルマのようなものである。

 明日はOFF会とコンサートの予定が入っている。というわけで今日は家族サービスデイである。午前中は下の娘をスウィミングスクールに連れて行き、午後は吉祥寺でショッピングと食事につきあう。結構疲れた。

 夕食後は開放されたので、ゴルフの練習場ヘ車で向かった。課題のドライバーショットの練習に汗を流した。3コインで150球、約1時間ほどであったが、少し新しいことに取り組んでみた。

 大阪のT氏からメールをいただき、方向性を良くする一つのヒントとして、左脇に使っていないグローブかヘッドカバーを挿み、これが落ちないようにスウィングするという練習が有効であると教えていただいた。また、左足に重心を残したままのスウィングも有効性があるとの情報も得たので試してみたのである。

 左脇にグローブを挟んでの練習は、最初は窮屈な感じがするが、慣れてくると腕と体の一体感が得られやすく、とても有効である。しかし、しばらくすると、慣れていないせいか左の二の腕の筋肉が疲れてくる。普段左脇の締りがゆるいスウィングをしていたようである。

 脇の締りがあまい・・・なんだか自分のオーディオライフのようでもあるが、まあそれはおいておいて・・・この練習は腕と体がばらばらにならない効果があるようなので、これからも継続してみよう。

 そして、もう一つの新しい試み・・・左足に重心を残したままのスィング・・・これは最初はやはり違和感がある。一般的なゴルフのスィングのセオリーはトップでは右足に完全に重心を移し、ダウンスウィングで左足に重心を移すというものである。この体重移動がボールを遠くに飛ばすパワーとなるのである。

 そういったセオリーとは全く異なる「左足重心スウィング」は、最初リズムがとりにくいし、実際の飛距離も落ちる。しかし、慣れてくると方向性は安定してくるようだ。またスィングパワーは落ちるがミート率が上がるのか、飛距離の低下もそれほどでもなくなってくる。豪快なショットはでにくいが、シュアなショットが得られるといった印象である。

 ドライバーショットは飛距離が欲しいのは事実であるが、一番大切なのは方向性。中級者のレベルではドライバーの飛距離が10ヤード、20ヤード短くなっても、方向性の安定の方がスコアアップにつながる。これもしばらく取り組んでみよう。

 ゴルフのスウィングを変えるのは、オーデュオでいえばスピーカーのセッティングを大幅に変更したようなものである。最初は違和感があるかもしれないが、追い込んでいくと新たな可能性が見えてくるかもしれない。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ