2007/6/20

463:傷心気味  

 今日は8時に仕事を終え、練習場へ直行。1時間半ほど汗を流した。しかし、運動でいい汗を流したのであるが、心は晴れない。今日はドライバーショットの方向性がいまひとつピンとこない感じであった。

 練習場でこれでは、本番ではもっとひどいことになりそうである。練習場で良くても本番では痛い目に合うのに、この状態でゴルフ場に行けば袋叩きにあいそうである。明後日金曜日にゴルフの予定が入っているのであるが、これではまた90を切れそうにない。全く釈然としない・・・2日前の練習では良い感じであったのであるが、どこがどう違うのか・・・レッスンプロについて習った方がいいのであろうか?

 自分ではなかなか自分のフォームの癖は分からないものである。そういえばPSDの新規事業はゴルフのフォームを映像で捉え、それをプロのフォームと重ねて比較表示することにより欠点を見つけるという映像分析システムであった。今度大宮に行って、スピーカーの試聴ではなく、ゴルフのフォームのチェックをしてこようかな。

 そろそろT3の背中の傷の修理も依頼しなければいけない頃だし、ゴルフバックを一緒に持っていくという手もあるな。自分のフォームをやはり一度映像で客観的に分析してみないといけない。何か致命的な欠点があるはずである。

 そういった傷心気味の気分であるが、こういうときは、HOPKINSON SMITHのLuteでJ.S.BACHのPartita BWV997をLPで聴くに限る。

 むしゃくしゃした気分がすっと落ち着いてくる。XERXES20の調整は少しづつ暇を見つけてしているのであるが、けっして順調とはいえない。今日はカートリッジを取り付けているネジの締め具合をいじってみた。

 多少弱めかな・・・というくらいが丁度いいのかも知れない。しかしゆるすぎると締まりのない音になってしまう。指先の感覚の鋭い人はこういうときとても役立つだろうな〜と思いながら、これくらいかな・・・といったところで止めてみる。

 アナログっていじり甲斐があるというか、暗中模索というか、正直訳がわからない。今後数年かけて調整していって、HOPKINSON SMITHのLuteがそれらしく鳴ってくれればいいのであるが・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ