2007/6/13

456:吉祥寺めぐり  

 吉祥寺はお洒落な街である。大きな商業施設は少ないが、小さな専門店が密集していて独特の雰囲気を作り出している。南口から少し歩けば井の頭公園もあり、デートスポットにもなっている。

 吉祥寺はまた中古レコードショップの多い街でもある。吉祥寺には2件顧問先の会社があるので月に何度か赴く。そして、仕事が終わるといそいそと中古レコードショップを回るのである。

 今日は南口にあるCOCONUTS DISKとRAREの2件を回った。COCONUTS DISKはROCK系が中心である。ここでは中学生の頃友人の影響でよく聴いたプログレッシブロックのレコードを中心に物色。

 中学生の頃、プログレッシブロックの御三家と言えばKING CRIMSON、YES、GENESISであった。なかでもいかにもイギリス的な雰囲気を持っていたGENESISは好きであった。リーダーでボーカリストのPeter Gabrielの独特の声は今聴いても惹かれるものがある。

 そのGENESISの「SELLINNG ENGLAND BY THE POUND」を見かけたので購入した。U.S.A.盤であった。今から34年前の1973年の録音である。値段は735円・・・安い。

クリックすると元のサイズで表示します

 帰宅後早速聴いてみるが、盤の状態はそれほどいいわけではなく、スクラッチノイズもそれなりにある。が、音の生気は結構あり、Peter Gabrielのボーカルもいい感じの音色である。

 アナログはフォノイコライザーの変更を予定している。先日スパイダーさんにお借りしたROKSANのフォノイコライザーが予想以上に良かったので、発注した。入荷までにしばらくかかるようであるが、待ち遠しいところである。

 オペアンプ変更についてもヤフーオークションでオペアンプは入手できるようである。その取替え作業も半田ごてを使うことなくできそうなので私でも大丈夫であろう。オリジナルとの聴き比べなんてこともできるかもしれない。

 しかし、昨日のCADENZAの電源ケーブルのように簡単に工作できるものと思っていたら、とんでもなく大変そうである、なんてことにならなければいいのであるが・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ