2007/4/3

386:1円SACD  

 もう1年以上経過したが、みずほ証券の大規模な誤発注により、大ニュースになってしまったJCOM(ジェイコム)の株取引。単純な担当者の入力ミスにより、みすほ証券は大損害をこうむり、そしてごく一部の投資家が莫大な利益を短期間で上げた。

 インターネットでも稀にではあるが、同様なことに出会うことがあるものである。実は数日前新譜のSACDを1円で購入した。同時に購入した他のSACDは全て3,024円であったので、何らかの手違いと思われる。

 全てLINN RECORDSのレーベルのものである。その1円で購入したSACDはWILLIAM JACKSON & MACKENZIE「NOTES FROM A HEBRIDEAN ISLAND」。

 その1円SACDが今日自宅に届いた。そしてその音を聴いて再びビックリ。素晴らしく高音質なのである。当然といえば当然でもある。LINN RECORDSは総合オーディオメーカーのLINNがその威信をかけて録音に携わっており、その音質には相当なこだわりを持って取り組んでいるはずだからである。

 バグパイプの音が目の前で華やかにして厳然とした雰囲気で演奏される様は爽快である。そして、バグパイプの音に絡んでくるギターやバイオリンの音も素晴らしくリアリティがある。このSACDはマルチは入っていない。マルチが入っていないSACD Hybridのほうが音が良いのではないかと思わせる程である。

 それで今日改めてそのHPを確認してみると、そのSACDはしっかり3,024円に変更されていた。3日前には確かに1円であったのであるが、注文が入って担当者が気が付いたのであろう。みずほ証券と比べたらその損害は微々たるものではあるが、とっても得したような気がするのである。

これが1円!
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ