2007/3/11

363:ブログ記念日  

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日     俵 万智


 『サラダ記念日』(サラダきねんび)は、俵万智の第1歌集で、1987年に出版された。日常の何げない一瞬を、新鮮な感覚と溢れる感性で綴った短歌集で、従来の短歌のイメージを見事に一変させた傑作である。


「このブログなんか変だね」と読んだ人は言うけど3月11日はブログ記念日    tao


 超初心者のオーディオ冒険記あるいはドタバタ騒動記とも言えるブログ「AccousticTao」が始まったのは平成18年3月11日である。丁度1年が経過した。その間更新した記事は362。今書いているこの記事が363番目である。よくも愚にも付かない内容の記事を更新し続けてきたものである。

 オーディオ機器そのものは数年前から持っていたが、ほとんど置いてあるだけの状態であり、実際に趣味として取り組み始めたのは昨年の1月からである。したがって、実質1年2ケ月のオーディオ経験を経たのであるが、その間の右往左往ぶりがブログに漏れなく記載されている。

 このブログを開始したことで、オーディオにのめり込む度合いもより深くなっていったといえるだろう。そしてこのブログを通じて知り合うことができた方の音を聞かせていただいたり、ブログを通じて様々な有益な情報を得ることができ、オーディオライフの進化度合いやそのスピードは飛躍的に深く、そして速くなった。

 1年2ケ月のオーディオライフは山あり谷ありで決して平坦ではなかったが、この頃はようやく少しばかり落ち着いてきた。そしてつい最近になってようやく、自分なりにある程度満足感が得られる音が得られるようになってきている。

 オーディオに関してはもちろん若葉マークが取れたわけではないし、決して何かしら核心をつかんだ、というわけでもない。これからも右往左往する不安定なオーディオライフを過ごすことになるだろう。その様子をこれからもこのブログで紹介していきたい。

 私は決して悟ることはないと思われる。地面を這い蹲るようにして、煩悩にまみれながら初心者丸出しのオーディオライフを過ごすことになるだろうし、実はそう願っている。「馬鹿だな・・・コイツ」と失笑されながらも、このブログは続けていきたい。暇な時に時々読んでいただければ幸いです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ