2007/2/27

朝聴き  

 夜遅く帰ってきてからは、オーディオで音楽を聴こうとしてもなかなかうまくいかない。心身ともに疲れているので、少し経つと猛烈な眠気が襲ってくるからである。

 その点朝であれば、リフレッショされた充電式乾電池のように元気であるので、丁度いい。事務所へ向かうために自宅を出るのは大体8時15分頃、朝少し早く起きると多少の空き時間を作ることができる。

 今日はそうして、朝の多少の空き時間を利用して、オーディオを少しばかり聴くことができた。聴いたのは最近の一番のお気に入り。エルガーのチェロ協奏曲。ソリストはDANIEL MULLER-SCHOTTでANDRE PREVIN指揮OLSO PHILHARMONIC ORCHESTRAとの共演である。

 このCDは通勤の車の中でNHK FMを聴いていて、たまたま出会ったのであるが、とても印象的な演奏であり、録音も良いように感じる。この人のチェロの音は情感が深く、そして繊細で、聴いていてグッと惹き込まれるものがある。

 第一楽章を聴き終えて、もう少し音の立体感が出ればという印象を受けたので、ついつい微調整したくなった。そこで一度はずしてしまいこんだアコースティック・リバイブのショートピンSIP-8を取り出す。RCAの空き端子は4組8個。これを全てSIP-8でふさぐと、音の繊細なニュアンスが吹っ飛ばされる。しかし、空き端子のうち1組のみ、あるいは2組のみの使用であればどうなのであろうか、カルダスのプラグキャップとの併用はどうなのであろうか・・・?

 ということで、少しばかり試してみた。時間がそれほどないので、結論を出すことはできなかったが、ちょい聴きではSIP-8を1組のみ、その他の3組はガルダスという併用方式の印象が良かった。しかもSIP-8を使用する位置は、使用しているXLR端子から一番遠いポジションが良いようである。

 「朝からこんなことをしている自分っていったい・・・」と思わずに入られなかったが貴重な数十分を過ごすことができた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ