2007/2/17

リンデマン  

 昨日から所得税の確定申告が始まった。3月15日までの1ケ月が確定申告の期間である。この1ケ月は会計事務所にとっては、かきいれどきである。せっせと仕事をこなさなくてはならない時期である。今日の午前中はさらに輪をかけて効率良く仕事をこなすよう、スピーディーに頭と手を働かせた。

 というのも、午後からはk1xv1xさんのお宅にお邪魔する予定が入っていたのである。参加メンバーは、ハンコックさん、MESSAさん、へいさんと私。総勢5名のOFF会となった。

 高級住宅地の瀟洒なマンションの最上階にk1xv1xさんのお宅はあった。そのリビングルームがリスニングルームとなっているのであるが、梁などの影響で部屋は単純な長方形ではなく複雑な形をしている。

 その形態を上手に利用して、オーディオ機器がセッティングされている。オーディオ機器の数は相当多い。しかし、その効率的ともいえる空間利用により、雑然とした感じがしない。

クリックすると元のサイズで表示します

 まずジャズやボーカルものを聴かせていただいた。ウッドベースの音の質感が極めて上質であることにまず驚かされる。低音感はしっかりあるが、けっしてぼわつくことのない素晴らしい音である。

 中高域の透明度も本当にレベルが高い。この透明度が、精密な解像力や奥行きの深いサウンドステージに大きく貢献している。

 システム7はセッティングに極めて神経を使うスピーカーである。ちょっとしたずれが致命傷になる。しかし、ピタッと決まった時には、セッティングの苦労が報われる至福の音を奏でてくれる。今日はピンポイントに決まったシステム7の音の素晴らしさを体験することができた。

 メインで使われていらっしゃるCDプレーヤーはエソテリックX-01の最新バージョン。高度な情報量と実体感のある音を送り出すプレーヤーであるが、音楽性とのバランスも従来のバージョンよりも飛躍的に良くなっていると感じた。

 そして、今日の最大のサプライズがリンデマンのCDプレーヤー。クラシックを聴かれる時に使われていらっしゃるとのことである。このリンデマンのCDプレーヤの音は私の好みのツボをずぼっと衝いてくるのである。

 「これいいですね〜。はまりますね〜」頬が緩む。目じりが下がる。脳波も緩やかになる。見た目的なデザインはそれほどそそられるものはないのであるが、その音楽性豊かな音には、大いに驚かされた。そういえばkimuraさんはつい最近オールリンデマンに駆動系を換えられたことをブログで知った。リンデマンというメーカ、今まで全くノーマークであったが、いきなり大注目である。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ