2007/2/15

グミ  

 妻から繰り返し聞かされた話題のひとつにグミがある。菓子のグミである。妻がまだ小学生低学年であった頃、(ということは30年以上前の話である)近所にドイツ人の一家が住んでいて、その家に遊びに行くと、決まってドイツ製の果汁グミがおやつに出たとのことである。

 今でこそ、グミのお菓子は全くめずらしくともなんともなくなったが、その当時は近所のお菓子屋さんには全く無い代物であった。それがとても美味しく、幼少期の大きな楽しみの一つであったそうである。

 そのときの経験が深く心に刻まれて、DNAに影響を与えたわけではないであろうが、二人の娘も幼少期からグミのお菓子が大好きである。あの弾力感のある柔らかさが堪らないのであろう。

 今日は、ウィーン放送交響楽団のコンサートに行ってきた。指揮はベルトラン・ドゥ・ビリー。PROGRAMはワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲、シュベルト:交響曲第7番ロ短調「未完成」、ベートーベン:交響曲第3番変ホ長調「英雄」であった。

 コンサートホールは所沢市にあるアークホール。このホールは、新しい建物で音響設計もしっかりなされているのであろう、郊外にあるホールのなかでは一番音の響きが良いように感じられる。我が家から車で30分程度の距離にあり、よく出没する。

 ウィーン放送交響楽団の演奏を聴いていて、何故か妻がよく話をするグミのことが思い出された。音の響きが柔らかいのである。単に柔らかいだけでなく、弾力感があって柔らかい。「弾力感があって柔らかい」これは良い・・・

 上質なエアサスペンションの車の乗り味を思わせる。心地よい響きである。しっとり感さえ感じさせる「しなやかさ」といったものを堪能させてくれる演奏であった。

 シートポジションは23列目のセンターポジションである。やや後方でオーケストラ全体の響きの融合を俯瞰できる位置であったことも、そういった印象を受けたひとつの要因かもしれない。

 室内楽等編成の小規模の演奏会の場合には、やはりもう少し前目の位置がいいかもしれないが、オーケストラの場合、やや引き気味の位置のほうが最近は好きになってきた。以前は結構かぶりつきポジションが好きでで、響きが多少荒っぽくても音の切迫感を体感したかったのであるが、最近はその嗜好性も若干変化してきたようである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ