2006/12/12

静電気除去装置  

 今日は少し雨模様であった。そのため湿度はやや高めである。冬になってくると今日みたいな日以外は相当乾燥してくる。その乾燥した状況では静電気が起きやすい。時々車のドアに触れた瞬間などにパチッときたりする。セルフのガソリンスタンドでは給油する前に丸い静電気防止のための機器に触れるよう注意を促しているが、静電気というものは想像以上に威力があるようである。

 静電気といえばアナログである。レコードをジャケットから取り出しただけで、相当な静電気が生じている。またレコードをターンテーブルから取り上げた時静電気でフェルト製のマットがレコードについてきたりする。当然この静電気は音に悪い影響を与えているはず。今はアクセサリーコーナーで見つけた静電気を防止する刷毛のようなブラシを使っているが、これだけでは根本的な解決にはならないようである。

 今日顧問先に行ったついでに、吉祥寺のオーディオユニオンに寄った。アクセサリーコーナーで静電気を防止するレコード用内袋をかった。以前のOFF会のときにNaruさんから教えてもらったものである。50枚で1200円。安い。見た目はどうということのないビニールの内袋なのであるが、これに入れておくとレコードの静電気を防いでくれるようである。とりあえず手持ちの数枚のLPの内袋を全てこれに取り換えてみた。

 その同じ店で気になるアクセサリーを発見した。それは赤い色をしていて、見た目はおもちゃの鉄砲。その銃口をレコードに向けて引き金のようなレバーを数回引くと、レコードの静電気を消してしまうというものである。

 店員さんに「これ効果あるのですか?」と聞くと、「静電気はなくなりますよ。もう相当以前からある製品です。」といいながら簡単な使い方を教えてくれた。しかし、値段が1万円以上する。見た目はちゃちな感じである。「効果があるのであろうか・・・」としばらく眺めていたが、今回は購入しないでおいた。

 でもなんとなく気になる。試してみたいような気がする。今使っているこの刷毛のようなブラシと比べて効果のほどはどんなものであろうか。この刷毛も値段は7,000円ぐらいした。これでレコードを掃くように何度もなでるのであるが、これと同じ程度の効果であれば、二つあってもしょうがない。しかし、そのおもちゃのような見てくれは結構インパクトがあって、一度見ると脳裏に焼きつく感じである。

 オーディオアクセサリー誌を見ているとORBというメーカーから静電気除去装置が出ていることが載っていた。こちらは見た目的に「装置」といった風情で、なおかつ価格が高額である。こちらはその見た目と値段からして効果がありそうである。CDにも効果があり、音質向上に役立つと書いてある。このアクセサリーも気になる。

 乾燥する冬となり、レコードの静電気に大いに悩まされる季節となった。静電気対策の真打はどれなのであろうか?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ