2006/12/31

ゆく年くる年  

 いよいよ2006年が終わる。今家族で見ている紅白歌合戦もあと2時間程度で終わる。そして華やかな舞台から、「ゆく年くる年」のオープニングにテレビの画面がスッと変わるのである。「ゆく年くる年」のオープニングは、多くの場合雪国の大晦日である。深々と雪が積もったなか、静かでどこか厳かな感じがする年越しの景色がながれるのである。

 紅白歌合戦の華やかさと雪国の年越し風景の静けさが、好対照であり、毎年このギャップが、「今年も終わるんだな〜。」としみじみした心情にしてくれる。そしてテレビから除夜の鐘が響くと同時に、我が家の近くにある円乗院からも除夜の鐘が響き始める。この家に住み始めて10年が経過したが、大晦日の過ごし方はほぼ同じである。

 今年は私にとってオーディオ元年であった。それ以前からオーディオ装置は我が家にあった。しかし、従前はオーディオが「趣味」の対象になるという意味がよく分からなかった。ただデザインの良い機器を選んで応接室に他の家具との調和を崩さないよう設置し、たまにCDを聴く程度であった。オーディオは「音の出る家具」程度の存在でしかなかった。

 「Sound&Life」という雑誌を以前本屋で見かけたが、そのなかに出てくる写真のようなお洒落空間の一要素としてしかオーディオ機器を捉えていなかったのである。それが、今年になってオーディオから音楽の感動を得られるような素晴らしい音を出せるのではないかという気持ちになり、オーディオにのめり込み始めた。

 そして1年がたった。紆余曲折、支離滅裂、猪突猛進な1年であった。ベテランマニアの方からはおそらく「こいつ、オーディオのこと全く分かってないな・・・」と失笑をかいっぱなしであったと思われる。真実全く分かっていないのである。でもこの1年は相当濃い1年であった。そして多くのことを経験した。そういう意味ではとても意味深い1年であった。

 そして私のリスニングルームのラックには、昨年の今頃には想定もしていなかったようなオーディオ機器がラックに整然と並んでいる。これらの機器と来年またいろんな体験をしてみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

2006/12/30

cello  

 2006年が終わろうとしている。この時期は、この1年を振り返って総括する番組が多くテレビで放送されている。その中で必ず取り上げられるテーマの一つがスポーツである。今年は野球が、ドラマチックな展開が多く、おおくの人を魅了した1年であったような気がする。もちろんサッカーなどもワールドカップがあり大盛り上がりではあったが、ドラマチックという観点から見ると今年の野球は凄かった。

 甲子園を沸かせた早実と駒大苫小牧の熱戦。誰かが脚本を書いているとしか思えないような感動的な展開に日本中が沸いた。そして新庄がひぱった感のあるプロ野球。これまた「スポーツは筋書きのないドラマだというが、筋書きがあるとしか思えないようなドラマチックな展開だ!」という気持ちにしてくれた幕切れであった。

 人間はやはり感情の動物である。感情によって大きく左右されるもの。ドラマチックな展開というものに、人はやはり深く感情移入しやすい。あまりに作り物っぽいご都合主義的な展開にはさすがに白けてしまうが、上質なドラマにはいつの間にか入り込んでしまって、どっぷりつかっていたりするものである。その中では心の振幅の揺れが大きく純粋なものとなり、感動の波紋も大きく密度が濃い。

 私自身、音楽もそういったドラマチックな展開のものが比較的好きなようである。どっぷりと感情移入してはまりたいほうかもしれない。そしてオーディオ装置から発せられる音を聴く場合でも、感情移入しやすい抑揚感のある音に惹かれるようである。

 昨日はT氏邸でのOFF会兼忘年会であった。その素晴らしいオーディオ機器のなかで特に目を惹いたというか気になったのはCELLOのプリアンプである。オーディオ雑誌で見かけることはあるが、実物を見るのははじめてであった。何かしら神々しいきらめきを放っている。現在使用しているプリはVIOLAである。CELLOの主要メンバーが独立して作ったメーカーがVIOLAと聞いている。ということで関連性はある。しかし、その精緻でありながら魅惑的な印象といったものはCELLOのほうが数段上のように感じた。

 CELLOもVIOLAも音楽をよりドラマチックに鳴らしてくれる機器のような気がする。ある意味「色付け」と言えなくもないが、どのオーディオ機器も多かれ少なかれ、その機器独特の色はあるはずで、「色付け」は決して悪いことではないはず。その色が自分の嗜好性に合うかどうかが問題で・・・VIOLAの色合いはかなり私の嗜好性に合っているようである。

クリックすると元のサイズで表示します

2006/12/29

今年最後のOFF会  

 枠にはまらない大きさ、というものを今日は強く感じた。枠にはめると見栄えは良くなる。しかし小さくまとまってしまうきらいがあり、面白みにかけるというデメリットがある。枠にはまらない開放的な広がり感というものは気持ち良い。しかし、バランスが崩れてしまうと収拾がつかない。

 その開放的な大きさとその大きさを活かすバランス感覚というものを今日は感じることができた。そしてオーディオに注ぎ込まれた情熱の計り知れないまでの大きさにも圧倒された。

 今日は私の自宅のすぐそばにお住まいのT氏邸にお邪魔させていただいた。ゴローさんからのお誘いで参加したのであるが、総勢で8名のOFF会兼忘年会であった。そして、そこに集まった方々は「スーパー」という形容詞がつくオーディオマニアの方々であり、T氏のシステムの規模の大きさ同様、今日集まった私以外のメンバーのスケールの大きさにも圧倒されっぱなしであった。

 皆さん数十年来のオーディオマニアであり、お互い切磋琢磨してこられた方々である。そしてその勇猛果敢なオーディオ遍歴等を伺うと、口がアングリ状態となってしまう。非日常的なスケールの大きいオーディオ世界がそこには確かに存在していた。

 T氏のシステムはJBLのユニットを使った5ウェイスピーカーをマークレビンソン・チェロ・ビオラといった蒼々たる駆動系でマルチで鳴らされている。その大掛かりなシステムが20畳以上はあろうかという広い専用ルームにまさに整然とそしてそれでいて悠然と設置されている。さらに電源やケーブルなどのこだわりも半端ではない。

 その音は当然といえば当然であるがスケールが大きい。特に人の声の持つエネルギー感をロスなくストレートに伝える器の大きさがある。T氏は、ジェントルマンである。細やかな気配りと柔らかい物腰でゲストを迎えてくださる。そのオーディオシステムにかける情熱の熱さとその音のスケールの大きさやみなぎるエネルギー感とが、その第一印象とはなかなか調和しない感じなのである。

 おそらく、その内に秘めた力強い意志の強靭さは並大抵ではないはずである。それを声高に主張するようなことは決してないが、目の前に展開されているシステムやその音からするとその強靭さはまさに鋼鉄のような強さをお持ちのようである。

 私もこの1年オーディオというものにかじりついてきたつもりであるが、何かT氏のシステムとその音を前にして「小さいなお前・・・そんな枠におさまって」と諭されているように感じたのであった。

2006/12/28

情熱の蓄積  

 今日で仕事納め。事務所のスタッフと一緒に焼肉屋で忘年会であった。先日moukutsuさんに教えていただいた「五苓散料」を事前に飲んだ。これはとても効き目があるようで、アルコールを飲んだ後も比較的すっきりとした気分である。いつもはこのくらいの量を飲むと結構酔ってしまい、自宅に帰ってからも酔いが残るのであるが、この薬のおかげで爽やかである。いいものを教えていただいた。それほど頻繁に飲む機会があるわけではないが、今後は飲む前に必ずこの「五苓散料」を飲むことにしようと思っている。

 忘年会に参加する前少し時間が空いたので、事務所の近くにある市立図書館にいった。少し古いStereo Sound誌を読むためである。実は明日は今年最後のOFF会の予定である。ゴローさんの御紹介で東村山市のT氏邸にお邪魔する予定でいるのであるが、その方がStereo Sound誌の「レコード演奏家訪問」に紹介されていると知らされていたので、事前にその紹介記事を読んでおこうと思ったのである。

 T氏邸は、私の自宅から車ならほんの数分のところで、歩いてでも行けないことはない近さにある。こんな近くに凄いマニアの方がいらっしゃったとは・・・そしてその紹介記事を読んでまたまたビックリ。

 JBLのユニットを使用した5ウェイのスピーカーをマルチアンプで鳴らされている。写真を見ただけでため息が出るような凄い機器が整然と並んでいる様はまさに圧巻である。オーディに対する凄まじいまでの情熱と何十年ものキャリアによる試行錯誤の蓄積の深みを感じずにはいられない紹介記事あった。

 先日のゴロー邸でのOFF会のときも感じたのであるが、長年のキャリアにおける試行錯誤の積み重ねや様々な経験の蓄積はその音に深みを与えるようである。その音の裏側に見え隠れする歴史というか「情熱の蓄積」というものが、一種の風格のようなものにまで達している様子は、やはり素直に素晴らしいと感じ入るものである。

 私の実質的なキャリアは1年とまだまだ薄っぺらである。「ローマは一日にしてならず」の言葉どおり、先は長い。情熱を枯らすことなく1年、また1年と試行錯誤を継続することにより、年輪を刻むように成長していければと思う他ない。

 そして、明日もきっと風格を感じさせる音とその音の背後にある「情熱の蓄積」に感じ入る体験ができることであろう。期待感と同時に何故か少し緊張感をも感じてしまう。

2006/12/27

異常気象  

 まさに「異常気象」と言いたくなるような2日間である。昨日は12月としては記録的な大雨に風。そして夜中には雷鳴も盛大に轟いていた。そして、一夜明けた今日は快晴で、しかもコートが全く必要ないほどの暖かさ。「春が来た!」と錯覚してしまうほどの陽気である。今日は本当に空気の当たりが春のような柔らかさである。

 昨日と今日の天気を体験してふと頭に浮かんだ言葉は、「止まない雨はない。」というもの。これはいい言葉である。人生においてもいろんなことが起きる。良いことも悪いことも・・・悪い状況が一時期続いたとしても、好転して新たな展開が生まれる可能性は常にある。

 しかし、経済的な問題で行き詰まっている人にとって、この年末の時期は「止まない雨はない。」という言葉が虚しく響くことも事実である。今日、ある顧問先の会社の社長が破産の手続きに入った。この社長は人が良い。営業能力は比較的あるのであるが、経営者としてのシビアさが足りなかったようだ。経営者ではなく、参謀や幹部として組織のなかでその役目を果たしていくのが向いているタイプであったのだろう。職種だけでなく、ポジションというものにも、やはり向き不向きというものがあるようだ。

 「止まない雨はない。」・・・今後オーディオに接する際に、常にそう自分に言い聞かせる必要があるようだ。約1年前から、オーディオを「趣味」とするようになったのだが、その過程で雨を避けようとやたらと走り回ったりした。しかし、濡れたままじっとしておけば良かったのに、と後で思い直す経験が結構あった。

 従来のEMM Labsを中心とした駆動系についても、SD05と出会った時期に、「純粋デジタルラインの可能性にかけてみよう。従来のラインナップはすべて処分しよう。」と思った時期があった。

 しかし、紆余曲折はあったがデジタル−アナログラインは存続することとなった。そして「止まない雨はない。」という言葉どおり、純粋デジタルラインに比べて少し違和感を感じていた音が最近良くなってきている。

 音の実体感というか味わい深さというのか、そういう要素は元々持っていたのであるが、音場展開が今ひとつという印象だった。しかし、スピーカー位置の再調整、パワーアンプの足元の見直し等によってかなり改善した。

 まさに両ライン切磋琢磨して相乗効果が出てきているようだ。そして、多少違うポジションにいる純粋アナログラインがこれに加わって3系統のラインが今はどれも比較的良い感じとなってきている。もちろんまだまだ改善の余地はあるはずであるが、気分が晴れやかなのである。しかし、人の心理というものは不安定なものである。また近いうちに昨夜の雨のような嵐に見舞われることとなるかもしれない。

2006/12/26

新譜  

 LPは中古レコードを数枚購入した。盤の状況は様々である。良いコンディションのものは残念ながら少ない。盤のコンディションが悪いとどうしてもパチパチという針音が気になる。レコード用のクリ−ニング液を購入して綺麗にしてみるのであるが、音質改善効果はあるが、針音の減少にはなかなかつながらない。

 そこでというわけではないのであるがLPの新譜を購入してみた。新しい録音ではなく1977年の録音のものを澤野工房が新たにプレスしたレコードである。新譜であるのでレコードの表面はとても綺麗である。

 アルバムのタイトルは「EQUILIBRES」。GILLES HEKIMIAN−piano PIERRE-YVES SORIN−bass STEPHANE GREMAUD−drumsという編成のピアノトリオである。

 ジャケットの写真も素晴らしい。そしてその音も素晴らしい。さらに、「幻の名盤」という称号に相応しい素晴らしい作品である。当然であるが新譜であるので盤の状況は綺麗そのもの。パチパチという針音もほとんどなく、その音の質量感もずしりとした実体感がある。

 この盤、持った感じ重い。厚みも普通のレコードよりあるような気がする。これを重量盤というのであろうか?レコードの重みはあるほうが音が良いのであろうか?この盤を聴いている限り重いほうが良いような気がするのであるが・・・

 澤野工房は一般にはあまり知られていないヨ−ロピアンジャズのCDやLPを積極的に紹介しているようである。新譜のLPの数は当然少ない。しかし、新譜のLPはとても大きな可能性を秘めているように感じた。

 ジャズは以前はあまり聴かなかったのであるが、LPで聴くジャズは何故かしっくりくる。今までいまひとつ分からなかったジャズの良さがLPで聴くようになってから、徐々にではあるが分かり始めてきたようだ。

 この「EQUILIBRES」、B面の2曲目「INNER SWING」がとても良い。8分11秒という比較的長い曲なのであるが、全く長く感じない。途中に入るドラムソロがまたしびれる感じなのである。

クリックすると元のサイズで表示します

2006/12/25

クリーニング  

 昨日の記事で紹介したNANOTEC CLEARであるが、これはNC-1とNC-2の二つの液からなっている。レコードをクリーニングするときは、NC-1を最初に使って汚れなどを落とし、仕上げ剤としてNC-2と使用するという位置付けのようである。

 このNANOTEC CLEARはCDにも使用できるようで、CDの場合にはNC-2のみの使用でも効果があるようである。ということで今日はCDのクリーニングをしてみた。CDの場合レコードほどの顕著な効果はなかったが、それでも同じ曲を使用前使用後で聞き比べるとクッキリとした感じがし、音の硬質感というか、若干解れていない感じが解れてくるという印象を受ける。説明書どおりCDにも効果があるようである。

 CDのクリーニング液は様々な商品がある。先日のOFF会ではclefさんがSACTをお持ちになっていた。そしてSACTでクリーニングすると、確かにいい方向への音の変化があり、CDの信号面がピカピカになり、布で擦ってみると、その抵抗感が極めて減少するのには結構驚く。

 Audio Accessory誌の123号にも同様のCDクリーナーが載っていた。Genesis SoundのTRYという商品がそれである。見た目的にはこのての商品はみんな同じように見える。使用方法もほぼ同じでCD面に拭きつけ、柔らかい紙や布で拭き取るのである。

 「音ははっきり滑らかになる。雑味が減り、艶やかな質感だ。耳障りな成分がなくなったせいか、大音量でも音楽が楽しめるのが好ましい。」との評価であるが、これはそのままNC-2をCDに使用した場合の変化と重なる。SACTも同様な効果であったような気がする。やはり、綺麗にするとことは大切なようだ。

 綺麗にするというとケーブルの端子なども綺麗にすると良い効果が得られるとよく雑誌等にも書いてある。確かケーブル端子専用のクリーニング液もショップで見かけたことがある。それと接点改善剤というのであろうか端子部分に塗ることによって、音質改善効果があると謳っている液体も確かショップにおいてあった。

 この手の商品はまだ使ったことがないが、効果のほどはいかほどであろうか?クリーニング剤はCDのクリーニング液と同様の効果がありそうな気がするが、接点改善剤はどのような効果があるのか想像がつかない。

 家の大掃除と同時にケーブルの端子の掃除も試してみようかと考えている。見た目的に綺麗になるのであれば、音質改善効果がそれほどでもなくとも気持ちのいいものであろう。

2006/12/24

大掃除  

 今日はクリスマスイブ。当然家族サービスで一日を過ごした。しかし、どこもかしこも凄い人出であった。車で出かけたのであるが、コインパーキングがどこも満車で買い物ポイントから相当離れた場所でないと空いていないという状況であった。子供たちのプレゼントを買い、豪華な昼食をレストランでとり、ケーキとチキンを買って家路に着いた。

 クリスマスの喧騒が終わるとまさに年末。街のあちらこちらのイルミネーションも収まり、急に和風モードに切り換わる時期となる。年末と言えば大掃除である。我が家では例年本格的にはやらないが、それなりには大掃除する。掃除するのは結構重労働であるが、綺麗になるとやはり嬉しいもの。

 窓の掃除などで外の景色がクッキリ見えたりすると、やって良かったとひとしきり感慨にふけったりする。大掃除はできれば冬晴れの比較的暖かい日にしたいものである。今日の天気なんかはうってつけであったが、朝掃除機をかけただけで、昼前から外出してしまった。

 夕食後になってから、大掃除ではないが、レコードの掃除をした。以前記事で書いたように「水道水でジャブジャブ」ではなく、新兵器での掃除である。その新兵器とはこれである。

クリックすると元のサイズで表示します

 商品名は「NANOTEC CLEAR」。まず大きい方のNC-1をスプレーし清潔で柔らかい布で摺りこむように拭く。そして次に小さい方のNC-2をスプレーして同様に拭く。説明書には比較的強い圧力をかけて、同心円状に拭くように指示してあるので、テーブルの上にレコードの紙製の内袋を敷き、その上にレコードを置いて作業した。

 盤面の艶も出るようで見た目的にもきれいになった。しかし、静電気は布でレコードを擦るのであるから当然のように相当発生している模様である。早速綺麗にしたレコードをかけてみる。聴き比べた曲はJohn Abercrombieを中心としたギタートリオの「Geteway」からA面1曲目「Back-Wood Song」。

 これは効いたようだ。月並みであるが曇りが晴れ音のクリアネスが向上。John AbercrombieのGuitarの細かな奏法や技法が良く分かるようになる。そしてシンバルの音の質感が澄んだ響きとなり、シンバルの揺れて光がきらめくような感じが眼前に浮かぶようである。パチパチという針音が減るという印象は受けないが、音の立体感が出るようである。
 
 この新兵器、水道水ジャブジャブよりは音質向上に役立つようだ。埃や汚れが多い場合には、数回NC-1によるクリーニングを行うよう指示がある。盤の状態が悪いものは、複数回クリ−ニングした方が良さそうである。家の大掃除もこれから年末にかけてしなければならないが、レコードの大掃除もこの新兵器を使ってコツコツやってみよう。

2006/12/23

見学会  

 今日は松浦さんが石井式リスニングルームを検討されているA氏夫妻と一緒に我が家のリスニングルームを訪れてくれた。A氏夫妻は家の新築を近々予定されていて、リスニングルームを石井式にされることを検討されていらっしゃる。現在のプランでは約10畳の広さの部屋となる予定である。我が家のリスニングルームと広さがほぼ同じであるので参考になるはずということで見学会のはこびとなった。

 夫婦で来られたA氏夫妻。「もしや・・・」と思い「奥様もオーディオに興味があるのですか?」と質問してみた。「いいえ、どんなものなのか確認したくて・・・」なるほど、お目付け役として同伴されていたようである。当然といえば当然。しかし、夫婦揃ってオーディオマニアという極めて稀有なる例があることはあるようで、以前STEREO誌で見かけたこともある。

 新築はうらやましい。とてもうらやましい・・・わたしもこの家の新築時(10年前)に既にオーディオマニアであったなら、と思ったことは一度や二度ではない。しかし、それはいまさらの話・・・現在は既存の条件において許される範囲内でリフォームを完了した。そしてその結果、各段に条件は良くなったのであるから、愚痴は言うまい。

 A氏は見学会の後、どのような決断をされるのであろうか?少しでもいい方向の決断をされることを願って止まない。オーディオの音に対する部屋の影響力は想像以上であるからだ。そういった認識は広まってきているようで、石井式リスニングルームに対する問い合わせや実際の着工は年々増えてきていると、松浦さんもおっしゃられていた。

 見学会が終了し、A氏夫妻を立川駅まで送り、その後松浦さんと食事をしながら音楽やオーディオについて話した。いつものことながら松浦さんの話の深さや真摯さには頭が下がる思いがする。私などまだまだ表面をなぞっているだけだという自戒の念にとらわれてしまう。

 オーディオにはまりはじめて約1年が経過した。この1年自分なりに一生懸命できるだけ多くの体験をしてきた。あまりに盛りだくさんであり、またあまりに急激な流れではあったが、私としては良い体験ができた1年だと思っている。(相当な無駄な出費も体験せざる得なかったが・・・)

 この相当濃かった1年を経て、要点がぼんやり見えてきたといったところであろうか。まだまだのレベルではあるが、道しるべを見失うことなく進めば、何時しか眺望の開ける地点にまで到達できる可能性は感じるようになった。

2006/12/22

つなぎ目のいなし  

 今日は「ギャラリー五辻」でのレコードコンサートの2日目。昨日はクラシックの日であったが、今日はジャズの日である。仕事を終えてからであったので会場に着いたのは7時ごろであった。入ると丁度Sugarさんの選曲解説による第3部が始まっていた。曲を1曲かけて、その曲にまつわる様々なエピソードなどが披露され、実に興味深い話が聞けた。そういった曲の背後にある色々な知識を知っていると、その曲に対する興味も倍増する。それにしても、Sugarさんの博識振りには驚くしかないという感じで聞き入っていた。

 そして、その音を聞いた第一印象であるが、「昨日と違う・・・」というものであった。音に厚みがあるし、キレも良い。低音の存在感がアップしている。よくよく見てみると、PSD T2のセッティングが昨日と随分違っている。まず後方の壁により近いポジションに移され、そして内振りの角度がかなり付けられている。昨日のセッティングでの音の印象は「これ見よがしな感じのない自然な佇まい」というものであった。しかし、もう少しダイナミズムが欲しい気がしたのも事実である。

 今日のセッティングではその辺の不足感というか、もう少し迫ってきて欲しいといった印象が、見事に解決されていた。そしてもう一つ違う点が、CDトランスポートが違うのである。昨日はCDP-MS1。今日はCDP-XA55ES。この辺も音の印象の変化の大きな要因の一つとなっているようであった。

 実はレコードコンサート終了後、少し時間をいただき、CDP-MS1、CDP-XA55ES、CDP-X5000の三つのCDトランスポートの聞き比べをしたのであるが、その結果はかなり興味深いものであった。残念ながらCDP-X5000は躯体同様、音もコンパクトになるように感じられた。

 CDP-XA55ESとCDP-MS1はスポーツカーと高級セダンといった対比がピッタリくる様な印象を受けた。スピードやキレ、ダイレクトな接地感などはCDP-XA55ESが上回り、上質でリラックスできる懐の深さや高速道路のつなぎ目の心地よいいなし方などはCDP-MS1の方があるという感慨を持った。これはどちらが優れているといったレベルでなく、持っているもの、あるいは求めるものが違っているという感じである。とても面白い体験であった。

 乱暴に言ってしまうとクラシック向きはCDP-MS1、ジャズ向きはCDP-XA55ESと言えなくもない。今日のPSD T2はセッティングとCDP-XA55ESとの相性の良さからか、その実力のレベルの高さをかなり発揮していたようだ。ユニットやネットワークにも改良の手が加えられているようで、同席したハンコックさんは「以前聞いたときよりかなり良くなっている。」とおっしゃられていた。

 今日の組み合わせで聞くことのできたジャズの演奏は、相当なジャズ通の方の耳も納得させられるレベルではなかったかと思う。私はジャズは門外漢であるが、気持ちよく聞くことができた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ