2006/9/20

あんぐり  

 口をあんぐりさせる。・・・あんぐりという言葉はいわゆる擬態語である。「驚いたりあきれたりしたせいで、知らないうちに口を大きくあけている様子」と辞書にはある。今日はstereo10月号を読んでいて、口をあんぐりさせてしまった。

 その記事は「音響人生是魔物的悦楽」。その中で紹介されていた山口県萩市の岩谷一さんは、5つものシステムをそれぞれ別個の部屋で所有されているとのこと。記事の中にはそのうち4つのシステムが写真入で紹介されていたのであるが、そのいずれもが個性的でハイエンドオーディオを代表するようなスピーカーがシステムの要となっている。

 B&W Nautilus、タンノイ Westminster Royal、ウエストレイク BSM15、マッキントッシュ XRT26・・・それぞれ独自の世界のある孤高の存在といってよい製品ばかりである。そしてなんといっても、それぞれのスピーカーが別々の部屋にセッティングされているのは驚異的ですらある。

 小児科の開業医ということであるので、経済的な余裕はあるのであろうが、ここまでのめり込むには相当な情熱がなければできるものではない。そのエネルギーと吹っ切れ方には正直敬意を表さずにはいられない。

 比べものにはならないが、私も今年に入ってから結構情熱的にオーディオには取り組んできた。経験の浅さから空回りすることが多く、回転遊具で遊んでいる二十日鼠のように自分のことを感じることもあった。足は相当な速さで動かしているのであるが、体は回転遊具の一定の場所よりも前に進むことがない。そんなもどかしさがあったが、「オーディオ機器の音を聞いているのではなく、実は部屋の音を聞いているのである。」と思い至って今現在リスニングルーム自体に手を加えるにいたっている。

 工事が始まってから自分のオーディオ機器の音を聞いていない。なんとなく耳寂しいが、それによって生活そのものに支障をきたすというレベルではない。ふと冷静になってみると多くの時間とお金と労力を使うに値する趣味なのであろうか?と自問したくなってくる。

 しかし、今日岩谷さんの記事を読んで、やはりオーディオには「魔物的悦楽」があるに違いないと思ってしまった。でなければ、これほど常軌を逸した行動に人を駆り立てることはないであろうから。

2006/9/19

大量の断熱材  

 今日仕事を終え自宅に着くと、大量の断熱材等の建材が家の内や外を占領していた。その量の多さに「ちょっと大げさじゃないの・・・」と思ってしまうほどであった。そして、リスニングルームをそっとのぞいた。その様子はこんな感じ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 壁の内側にしっかりと断熱材(というよりも今回の場合は吸音材というべきかも知れない)がしっかりと取り付けられている。いよいよ壁の工事が始まった。この断熱材で部屋の全面を覆うのが第一段階。その後さらに幾層かの施工がなされる予定である。

 私としては着々と進む工事の様子にワクワクしているのであるが、家族には相変わらず不評である。特に今日は大量の断熱材等が家のあちらこちらに山積みされたことにより、自転車の出し入れや玄関の出入りに支障がでるにいったては、相当風当たりが強くなってしまった。この断熱材等は1週間ほどでほぼ使い終わるようであるが、それまではしばらく不評の的になりそうな雲行きである。

 このリフォーム工事自体、私のわがままで押し通してしまったものである。家族にとってはこれといったメリットはない。その工事のために不便をこうむるのであるからたまったものではない。それは分かるのであるが、あとしばらくの辛抱であるので、堪えて欲しい。

 家族にとっては目の上のタンコブのような存在である、家のあちこちに山積みにされた断熱材。しかし、私にとっては頼もしい用心棒のようなもの。ついつい「頼みますよ。」とぽんぽんと手で肩でもたたきたくなる。

2006/9/18

メインキャスト  

クリックすると元のサイズで表示します

 昨日はハンコック邸でのOFF会があった。Akimitsuさんも参加してくれたのであるが、その際以前から依頼してあったステンレスケースを使用したオーディオ用分電盤を入手した。電源のことは正直よく分からないのであるが、この分電盤は見た目的に精悍で「できるな・・・」という印象を与えてくれる。

 今回のリスニングルームのリフォーム工事にあわせて電源工事も行うのであるが、その概要は次のとおり。電柱からの引込み線を極太のものに換え、オーディオ用電源は一般家庭用とはメーターの直後で分岐する。オーディオ用の電源はこのステンレスケースの分電盤に接続され、そこから各壁コンセントへと分電される。各オーディオ機器には各々ひとつの壁コンセントネントが割り振られる。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 これがダイナミックオーディオ・アクセサリーせンターで扱っているオリジナル壁コンセント。正式名称はAC-SILVER1+Cu。名工社のホスピタルグレードコンセントに銀メッキや銅メッキさらに金メッキまでも加えた特別製。さらにネジをチタン製のものに換装する予定。

 ここまで手が加わっていれば、理論的なことは分からずとも音に良さそうな気がしてくる。料理なども基本的には手を加えれば加えるほど味わい深くなるもの。もちろん手の加えようにもコツを要するわけであるが、その方面では豊な知識と経験のある方の試行錯誤の結果であるので信頼できる。

 オーディオ用専用分電盤とオーディオ用壁コンセント。この両者が並んで置かれていると、見ているだけで心強くなってくる。今回のリスニングルーム改造計画のもうひとつの重要テーマである電源強化工事のメインキャストの二人がそろったという感じである。

2006/9/17

メインストリート  

 ラーメンのスープはしっかりしたダシスープがベースとなる。そのダシスープがバランスよくしかも灰汁のない澄んだ味わいであって初めて、追加される醤油や味噌や塩の味が活きてくる。今日、ハンクック邸で音を聞かせていただいているうちに、何故かラーメンのスープのベースとなるダシスープのことが頭に浮かんだ。バランスの良いダシスープの味わいを連想させる音である。

 「帯域内に凹凸がなくフラットで澄んだ音である。」今日最初に音を聞かせていただいてすぐ頭に浮かんだ言葉がこれである。そして何故かラーメンのダシスープの連想とともに清流の流れの音が頭の中で聞こえてくるようであった。

 我が家では上の娘がまだ小学生であった2年前まではよく夏に名栗川沿いのキャンプ場に出かけた。その川辺でバーベキューをしたり、お弁当を食べて日帰りするのであるが、その清流の爽やかさが涼を誘うとともに子供たちにとっては格好の夏の遊び場となる。その川辺の爽やかさを連想させる音である。

 今日は午後の2時に最寄り駅の改札でハンコックさんとAkimitsuさんと待ち合わせた。そして最寄り駅から歩いて数分のハンコック邸に到着。部屋に通されて開口一番「広くなりましたね〜」オーディオ装置が置かれている部屋が前回の訪問時よりも一回りぐらい広く感じる。もちろん部屋の大きさが変わる訳はない。従来センターラック方式であった機器の設置方法が床置きになったこと、それからCDラックが隣の和室に移されたことにより体感的には相当広くなったように感じる。

 そして、松浦さんのクリニックによりスピーカーの間隔は広くなり内振りも相当角度が付けられリスニングポイント前方でクロスするようになっている。そのセッティングの変更の効果であろうか、音の鮮度感やバランスの良さが向上している。使用されている機器は前回と変更は全くない。そのラインナップは以下のとおりである。

 SP:Wilson Audio / Watt3+Pappy2
 PRE:Mark Levinson / 380SL
 Power:Jeff Rowland /Model112
 CD:Sony / SCD1
 Super Tweeter:SONY /SS-TW100ED

 まさにハイエンドオーディオのメインストリートを行くラインナップである。それらのオーディオ機器とセッティングがあいまって、バランスの良い王道サウンドが奏でられている。

 多少ひねくれ癖のある私としては一点の隙のないように見えるこのラインナップに何かサプライズが欲しくなってしまう。たとえばプリアンプによっぽどのオーディオマニアでなければ見たことも聞いたこともないようなメーカーのものを持ってくるなど。しかしそれは、我が家のオーディオ機器が比較的マイナーなメーカーのものばかりで占められていることからくる僻みかもしれない。

メインストリート!
クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/16

平常心  

 今日は顧問先の会社のゴルフコンペであった。場所は飯能パークカントリークラブ。アップダウンのある比較的トリッキーなコースであり、従来はあまり好きなコースではなかった。しかし、先月初めてのホールインワンを達成したのがこのコースである。それで急に評価は上がった。そのコースでのラウンドであり、もしや「二匹目のドジョウがいるかも・・・」と心ひそかに期待もした。

 しかしながら、現実はそう甘くはなかった。暑くもなく寒くもない気候であり、風のない絶好のコンディションであったが、スコアはいまひとつ伸びなかった。その原因はトリッキーなコースの場合、ティーショットの方向性がとても重要であるのであるが、ついつい距離を稼ごうと大振りしたことにあった。比較的ドライバーショットは飛ぶ方である。スウィートスポットにあたれば260ヤード程飛ぶ。そのナイスショットしたときの快感に惹かれて大振りしてしまった。そうすると当然正確性が落ちてしまう。このようなコースでは距離が20ヤードくらい足らなくても、8割程度の力で振ってフェアウェイキープが鉄則であったのだが・・・

 ゴルフ場から帰ってきて、リスニングルームを覗いてみた。左官工事の人が今日は来ていたようで床に敷き詰められていたコンクリートの表面が以前は多少波打っていたのであるが、綺麗に平らに均されていた。こういう工程を「レベル出し」というようである。コンクリート工事はこれで終了のようである。その綺麗に水平に均されたコンクリートを見て、プロの技の的確さを感じた。私のティーショットにもこのような正確性が欲しいものだ。刹那的な快感を求めるのではなく、淡々と平常心でプレーしたいものである。

 コンクリートというものは、時に荒々しくまたよそよそしく感じることのある素材ではあるが、こうやって人の手で綺麗に均された様子を見ていると、粛然としたしっかり感を感じさせる。

 工事期間中は当然のこととしてオーディオを聞けないので少し耳寂しい。そこで明日はOFF会に出かける予定である。ハンコックさんのところには数ケ月前に一度お伺いした。その後松浦さんのクリニックを受け、かなりの変化があった模様。そのかわり具合なども確認したくてお邪魔することとなった。その様子などは明日にでも・・・

2006/9/15

V12  

 1ケ月ほど前に現在使用している車に警告表示が出た。エアバックに関してのエラー表示である。つまり、もしもの時にエアーバックが正常に機能しないかもしれないという警告内容である。すぐに近くのディーラーに連絡して修理するよう追記してある。

 しかし、通勤や仕事に使っている車であるため、車がないと困る。それにエアバッグが開くということは、通常の運転のなかではめったに起こることではなく、運転そのものには支障がない。ということで、しばらくそのままにしていたのだが、エンジンをかけるたびに毎回警告表示が出る。だんだんと目障りになってきたので、ディーラーに電話して「代車があれば修理したいのですが」と打診してところ、タイミングよく代車があったので、ディーラーによって修理を依頼してきた。

 そして代車に乗って帰ってきたのであるが、その代車は現在使用している車と同じ型の車であった。しかし、唯一エンジンの排気量が違う。私が乗っている車は3500CCのV8エンジンを積んでいるが、その代車は5000CCのV12エンジンを積んでいる。排気量も気筒数もアップしているので、その分当然最高出力やトルクがアップしている。乗り込んでエンジンを始動して、まず感じるのはその音質の違いである。V8エンジンは中高域が澄んだ軽やかさを感じる音であるが、V12は低域から中低域に重厚さを感じさせる音である。

 走り出して感じるのいは、筋肉質的なたくましさというよりも、潤沢な余裕のあるゆとりのようなものである。あくせくしていない悠然とした雰囲気がそのエンジンからは感じられる。

 図らずも、エンジンの排気量以外は全く同じ車を2台乗り比べることとなったわけであるが、この体感上の差はオーディオでいうとパワーアンプの違いを体験しているようなものであろうかと連想してしまった。

 先日、島田さんのブログでClasse Audio Omega Mono Powerの中古が紹介されていた。すぐに売れてしまったようだが、その記事では「B&W801Dの38cmウーファーが再低域までピタッとフォーカスします。空気の鮮明度が桁違いです。実に軽い空間です。音程は下がっていても強調する事は有りません。前段の情報量が高いのが前提では有りますが、定位の違いは歴然で、例えばサックスがSPの後ろで揺らぎの無い定位の良さを見せます。全体的には、クラッセらしく穏やかで優しい音、しかし とびきり生々しくと言った印象です。これがトップエンドの実力なんですね。」と述べられていた。

 今日は5000CCのV12エンジンの滑らかで余裕のあるパワー感に浸りながら、ふと「現在使用しているCA-2200をOmega Mono Powerに変えたらこんな感じなのかな〜」と思ってしまった。もちろんそれが現実になる可能性は少なくともこれから3年以内にはないと思われるが、ふっと夢想してしまった。

2006/9/14

序盤戦  

 今日は昨日リスニングルームの床に敷き詰められたコンクリートが固まるのを待つため、作業はなかった。そのかわりといってはなんだが、スプルースの壁材が届いた。届いてみると結構な量である。ついつい気になって一部包装を破りのぞいてみた。

 「結構綺麗だ。」木目は綺麗な柾目で節もほとんどないようだ。厚みが12ミリの無垢の壁板で幅が115ミリこれを反射部の幅に合わせて切って横に張り合わせていく。色は無塗装の状態なので白木そのまま。自然塗料を使用するが、ほとんど着色のないもので、手垢防止程度のものである。

クリックすると元のサイズで表示します

 部屋がこの壁材で覆われると白木のやさしい爽やかさに包まれることであろう。早速先に届いていた吸音部のクロスを持ってきてスプルースの壁材とあわせてみた。なかなか良いバランスである。両者比較的似た雰囲気を持っていて、お互いの良さを引き立てあってくれる組み合わせのようだ。

 コンクリートが敷き詰められた床の状況は下の写真のような感じである。ちょっと手で触れてみたが、ほぼ固まっている感じである。ここ数日は秋雨前線の影響で雨が一日中降り続いているが、このような天気だとコンクリートが固まりにくいのではないかと心配していた。ところが、コンクリートが固まるには湿度は関係ないということを今日始めて知った。大切なのは気温で相当な低温だと固まらないが、通常の気温であれば科学反応がおき固まるのであった。

クリックすると元のサイズで表示します

 いよいよ来週からは壁の工事となる。石井式リスニングルームの肝でもある壁の構造については企業秘密だからブログに書くわけにはいかないだろうな〜と思っていた。しかし、一昨日購入したAUDIO BASICに石井さんの紹介記事が載っていて、そのなかに図解入りで解説されていた。またその記事のなかには、理想的な部屋の寸法比や横長配置の優位性についても触れられていて、石井さんの理論のエッセンスが分かりやすくまとめられていた。

 リスニングルームのリフォーム工事はまだまだ序盤ではあるが、着実に進んでいるようである。ビルトインタイプの工事のように2日で完了というわけには行かないが、完成に近づきつつあることは確かである。

2006/9/13

オーディオ小僧の食いのこし  

 昨日はStereo Soundと同時にAUDIO BASICも発売された。2冊同時に購入。Stereo Soundがハイエンドオーディオを対象としていて多少肩に力が入っている感じがするのに対してAUDIO BASICはエントリークラスからハイエンド入門レベルの機器を主たる対象としている。そのためか、いい具合に肩の力が抜けていて、気楽に読めて好きである。Stereo Soundは読んでいるうちに多少息苦しくなることがあるが、AUDIO BAISCは決してそんなことはない。

 AUDIO BASICのなかで、もっとも楽しみにしている記事は「オーディオ小僧の食いのこし」である。イラストレーターで自称気楽オーディオマニアである牧野良幸さんが書いているこの連載記事は、その軽妙で独特の味わいのあるイラストと同様にユーモラスで洒脱な文章が読んでいてとても楽しい。

 前号の「7時半の男」は最高であった。ボリューム位置が周囲の状況からして7時半の位置を越えられず、満足感を得られるボリュームで聞くことができないオーディオ環境を自虐的に表現したものであったが、とても面白かった。そしてその状況を打破すべくマンションの一室である仕事部屋を防音室にすることを決意するのが前号までのあらすじ。

 いよいよ今号ではその防音室の工事の様子が面白おかしく語られるわけだが、部屋の中に新たに部屋を作るビルトイン構造であるため、部屋が相当狭くなってしまう。その状況が巧妙でテンポ良い文章でつづられ、またまたにやりとさせられた。

 牧野良幸さんのイラストはいわゆる「へたうま」的雰囲気のあるものであるが、そのほのぼのとしていながら妙なリアリティーのある雰囲気は大好きである。イラストと同様で牧野さんの文章を読んでいると自然と肩の力が抜け懐かしく楽しい気分になる。

 部屋が狭くなるということに関しては、他人事ではない。天井高は高くなるのであるが壁が11cm厚くなるため、私のリスニングルームも狭くなる。ビルトインタイプ程は狭くはならないようだが、壁の厚みがが11cm厚くなるということは、現在10畳の広さの部屋が、9畳程度に感じられるのであろう。しかし、天井は逆に30cm高くなる予定であるので圧迫感はないと思われる。

 ビルトイン工事は2日で工事が完了するとのこと。我が家の工事は今日で6日が経過した。床には分厚くコンクリートが敷詰められた。コンクリートが固まるまで2日ほどは工事は中断するのであるが、ここ最近の長雨・低温状況が恨めしく感じられる。これではなかなか固まらない。来週からはいよい壁の工事に取り掛かる予定である。

 牧野さんの文章は「ようし、聴いたるで」と目一杯の音量で聴くと音楽がどうなるか・・・というところで次回に続いている。次号が出る3ケ月後には当然我が家のリフォーム工事も完了し、部屋の状況も落ち着き、妙なる美音を遠慮なき音量で聴いていることであろう。

2006/9/12

夢のリスニングルーム  

 今日はStereo Soundの発売日。オーディオ雑誌が大好きな私としては、オーディオ雑誌発売日はなんとなくワクワクする。「初心者丸出し」という感もしないでもないが、大きな楽しみのひとつである。しかも今日はAUDIO BASICも同時に発売されるのである。楽しみが2倍となる。

 私が毎号購入しているオーディオ雑誌はこの2誌のほかstereoとAudio Accsessoryの合計4誌である。stereo以外は季刊誌であるので、待ち遠しいという感じが募る。オーディオ雑誌はベッドにごろ寝しながら読むに限る。これは私の密かな楽しみとひとつである。決してソファーや椅子に座っては読みたくないのである。

 最新号のStereo Soundで真っ先に読んだのが、「レコード演奏家訪問」。先日お邪魔させていただいたI氏邸が載っているのである。8月にお邪魔した際に「ついこの前、菅野さんが取材に来られた。」とおっしゃられていた。I氏邸の印象は先日の記事に書かせていただいたとおりであるが、なんといってもその部屋の広さ・高さ・豪華さ・センスの良さに圧倒された。そして隙のない完成度の高い音にもあわせて圧倒された。

 先日の記事の中で、その非日常的な高性能さに「その空間は個人のリスニングルームとしてはまさに理想に近い規模と構造を有しているのであるが、最新設備を備えた録音スタジオか、高級なオーディオショップのリスニングルームに来たような印象を持ってしまった。」という文章を書いたのであるが、菅野氏の文章の中にも「音のたたずまいは、プロが仕事で聴く音に近いです。僕は、聞かせていただくうちに、試聴室かレコディングスタジオのモニタールームにいるかのような錯覚に陥ってしまいました。」という記述があり、同様な印象を菅野氏も持たれたようであった。

 それにしても、I氏邸のリスニングルームはうらやましい広さと高さである。20畳の広さに4メートルの高さがある。先日お伺いした際にも思わず見上げてしまう天井高であった。一方我が家は10畳の広さに2.7メートルの高さ。やはり比べてしまうと、提示されるサウンドステージの物理的な広さではどうしても差がついてしまうであろう。

 この家が現在築10年である。あと15年ぐらいして、築25年ぐらいになったら建替えも検討することになるだろう。そのときは二人の娘も独立している可能性もあり、リスニングルームとして相当な広さの部屋を確保できるかもしれない。夢のリスニングルームは将来の夢としてとっておくことにしよう。

2006/9/11

生成り  

 昨日の記事に対するコメントで電源工事即効派とエージング必要派と二つの意見に分かれてしまったが、どちらなのか我が家での結論がでるのはもう少し先の話となる。堪え性のない私としてはすぐさま効果がでてくれた方が嬉しい。リフォーム完了直後はいやがうえでもテンションがあがっているので、最初の一聞きで昇天させてくれたら、幸せこのうえない。

 しかし、オーディオで一喜一憂するのは、楽しいものである。もちろんへこむ状況もある、疲れ切ってヘトヘトとなってベッドに崩れ落ちるように倒れこむような日もある。それでも、損得関係なく純粋に没頭できる時間というものは、精神のバランスをフラットに戻すうえでも必要な時間のような気がする。常に仕事の成否のことばかりに頭を使っていたら左脳ばかりが肥大してしまいバランスを欠いてしまうだろう。

 話は急に昨日に戻るが、島田さんのところで壁コンセントを購入したついでにWILSON AUDIOのSYSTEM8を試聴させてもらった。CARYのCDプレーヤーBATのプリアンプCLASSEのパワーアンプといういつものラインナップでの試聴であった。SYSTEM8は先日ダイナミックオーディオ5555の4Fで聞かせていただいた。色からしてそれと同じデモ機のようである。

 時間の関係で聞いたのはブルックナー交響曲第7番の第1楽章のみ。やはりそのオーディオ的な能力の高さは相当なもの。ウーファーのエージングはまだまだであるが、中高域は素直で爽やかさがある。特にCARYのCDプレーヤーの音が効いているのか、木綿の生成りの肌触りを思わせる音の質感である。空間表現はやはり広い・・・スピーカーがなくなっちゃった感が高得点。

 しかし、CARYのリモコンでアップサンプリングのボタンを押すと、空間表現がさらに一周りいや感覚としては二周り広がった。「おっと!」という感じで目の前が開けた感じがする。空間表現に関してはこの方が優れているが、音の質感に関しては木綿の生成り感が減じた印象を受ける。100%コットンにポリエステルが混じったような感じとなった。音の質感としてはノーマルポジションの方が好きだ。

 ノーマルとアップサンプリングの空間表現の違いをこれほどはっきりと出すのは根本的にSYSTEM8の空間表現力の高さがあるからであろう。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ