2006/8/12

ヒノキ  

クリックすると元のサイズで表示します
 この写真はブログを見てくださった舞鶴のY氏からメールにていただいたものである。石井式リスニングルームを採用されていて、壁と床にはヒノキを使用されている。そして驚いたことに、この工事の全てを2ケ月かけて御自身でされたとのことである。手先の不器用な私には到底考えられないことである。そして何より驚いたのはその部屋の質感の美しさである。ヒノキの木目とその白い色合いの絶妙なハーモニーが素晴らしい。そして吸音部のクロスの色合いも全体との調和が取れている。

 ヒノキには独特の香気がある。この香りには心を静めるリラックス効果があるようで、健康枕に応用されたりしているのを見かけたことがある。私の好きな香りである。そして木としての見た目的な美しさも素晴らしい。この写真を見て、反射部の使用素材の候補としてヒノキが急浮上してきた。床材としては柔らかすぎるようで、傷がつきやすいため実際に使用するにあたっては注意点が多く、Y氏も苦労されているようだ。

 床材はやはり固めのものを使用し、壁面と天井の反射部の表面材としてヒノキを使用するという案に結構乗り気となってきた。木が柔らかいということは、音も柔らかい響きとなる可能性が高い。クラシックがメインジャンルの私ににとっては、強力な分解能よりも響きの柔らかく豊な感じが最優先課題である。材料費も想像するほど高くないようだ。シナ合板と比べてどの程度のアップになるか業者の方に試算してもらおう。

 それにしてもY氏邸のリスニングルームはまさに、清澄な空間である。空気が澄んでいて凛とした雰囲気が感じられる。その部屋で聞ける音楽も同様に素晴らしいものであろう。写真に写っているWilsonAudio SOPHIAやJEFFROWLAND MODEL10のシルバーの色合いとも溶け合い、その相乗効果により部屋の神聖感が高まっている感じだ。近ければ、すぐにでも押しかけたいところであるが・・・いつか関西方面には巡礼の旅に出かける必要があるようだ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ