2006/8/10

Analysis Plus Silver Oval In  

 Analysis Plus Silver Oval Inについて島田さんのブログでは「一聴して感じるのは、高域のアタリの良さです。大変滑らかで刺激が少ないものです。全体的には モチ肌の感触といいますか、弾力や肉付きを感じさせるもので、骨格を強調したようなものでは有りませんが、色彩感は普通で自然な実体感が魅力です。」と評されている。

 Analysis Plus Silver Oval Inは、この記事を読んで、気になっていたケーブルである。というのは、CHORD SymphonicとBAT VK-51SEとの接続には、新しいXLRケーブルが必要となってくる。CHORD Symphonicが届くのはまだ先のことであるので、今必要というわけではないのであるが、たまたまYahooのオークションを見ていたら、Analysis Plus Silver Oval In XLR 1.0mが出品されていた。

 気になっていたケーブルであり、定価の半額以下であったので思わず落札した。そして出品者からメールが来てびっくりした。出品者がフィルさんであったのだ。まさに「奇遇」という感じである。そしてそのAnalysis Plus Silver Oval Inが今日届いた。DACとPREの間は今現在NORDOSTのFREYを使用している。これをAnalysis Plus Silver Oval Inに換えてみて、聞き比べをしてみた。

 Analysis Plus Silver Oval Inにすると、音がピラミッドバランスとなり、全体を俯瞰できるほど良いレンジ感と分離感があり、聞き易くなる。面白みがなくなるというわけではなく、音色やエネルギー感の程合いが丁度良くなる。FREYの方が潤い感や密度感はあるが、バランスの良さではSilver Oval Inに分がある。どちらも魅力的なケーブルである。

 実際に音を聞いてみて、島田さんの言う「自然な実体感」という表現が納得できる感じであった。NORDOST FREYの音もとても魅力的ではあるのだが、自然さという観点からはSilver Oval Inの方が点が高い。CHORD SymphonicとBAT VK-51SEの接続用として良いケーブルが入手できた。

自然な実体感!
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ