2006/8/31

3年固定  

 HRS-120 CARBONが修理から戻ってきて約1ケ月が経過した。戻ってきてすぐは、DDDユニットが新品となったため、やはり音が少し硬かった。昨日と今日とオーケストラを聴いたのであるが、多少マイルドな表情を覗かせるようになってきた。もちろんエージングに関してはまだまだこれからで、今後少しずつその表情を変えていくであろうが、少し嬉しくなった。

 先日島田さんのところでAVALON Opus Ceramiqueを聞かせてもらった際には、3年を経過してその音の表情が俄然良くなり、自然な質感を醸し出すようになったと、おっしゃられていたが、真のエージングは月単位ではなく年単位で語るものなのだと、その時悟らされた。HRS-120 CARBONの3年後の音を早く聞いてみたいものだ。それまでは絶対にスピーカーを買い換えないでおこう。

 しかし、誘惑は多いもの。上遠野さんのメールマガジンにはUNICORN mk2がお店に期間限定で展示されたこととともに、そのインプレが載っていた。「本当に素晴らしいの一言です。クラシック、ジャズのピアノソロからマイルスのライブ、イタリアンポップス、マーラー、シベリウスのシンフォニー・・・クリアーで広がりのある音がダイレクトに伝わる。ジャンル、編成を問わず鳴りまくるのです。初代ユニコーンの弱点だった低域の量感の乏しさが克服され、中高域とほぼ同等になりました。「バックロードによる低域」というと違和感を覚える方もいらっしゃるかも知れませんが、ユニコーンは前作も低域の質自体は非常に高かったものです。ダイナミック型のウーファーには無い軽さがあり、しかも高域とのバランスも良く、1発とは信じられないほど伸びています。」

 文面から上遠野さんの「やられた!」というような独特の感嘆の表情が思い浮かぶ。きっと素晴らしいのであろう。聞いてみたい。いや聞かずにはいられない。展示は今週末までとのことであるので今週の土曜日にでも試聴しに行こうと思っている。

 もちろん購入の可能性は全く無い。しかし、「もう半年スピーカーの購入を待てば良かった!」という複雑な心境となる可能性は充分にあるかもしれない。何せこのUNICORN mk2は図体はHRS-120 CARBONよりも一周りいや二周りほど大きいが、価格は40万円も安いのである。

2006/8/30

第7番  

 今日は夜になってからゴルフの練習場で1時間ほど練習。その後犬の散歩を兼ねて20分ほどウォーキングをした。しばらく仕事の方が忙しかったため、やや運動不足気味であった。汗をかくのは気持ちがいいものもだ。少なくとも先週行われた顧問先の会社に対する税務調査の立会いの際での冷や汗よりもはるかに気持ちが良い。ストレス発散と体調管理の面から定期的に運動して汗をかくことは大切だ。体脂肪率は現在17%であるので、この水準をキープしたい。もうこの年齢になると少し油断すると体脂肪率が20%を超えてしまう可能性がある。

 さて汗をシャワーで流してから、今日はブルックナーの交響曲第7番を聞いた。この7番は大好きな交響曲である。特に第1楽章の冒頭の弦の響きが好きである。この部分を聞いていると、冬の静寂のなか、靄のたなびく湖面から、静かに精霊たちが姿を現し舞い踊るというような、幻想的で幽玄な情景を思い浮かべてしまう。この部分ではいつも音楽にスッと惹きこまれ、陶酔するような感覚に襲われる。

 リスニングルームのリフォーム工事が終わって、まず最初にかけるとしたらこの曲を選ぶであろう。この冒頭の部分の沸き立つような美しい響きと旋律に心地よく包まれたい。その響きがリフォームの結果、豊かで深く、より幽玄な雰囲気を醸成するものであってくれたならきっと「思い切ってやって良かった・・・」といった深い感慨に浸れるであろう。

 そしてリフォーム後はアナログの導入というもうひとつのイベントも待ち受けている。アナログで最初にかける曲も同じブルックナーの第7番と決めている。こちらは気が早いことに先日インターネットでレコードを購入済みである。カラヤン指揮のベルリンフィルの演奏である。第4番とのカップリングで3枚組み。アナログはオリジナル盤のほうが音質が優れていると聞いていたので、オリジナル盤を購入した。値段は12,000円と多少高価であった。しかし、我が家のシステムにおけるアナログ最初の曲となるのであるから、多少高価でも良しとしよう。

 アナログで3枚組みだと箱に入っている。その重厚さも半端な感じではなく、決しておろそかには扱えないような威厳ある佇まいである。ドイツで買い付けた中古レコードとのことで中に入っている解説書も当然ドイツ語。何が書いてあるのかは全く不明である。大学時代第2外国語でドイツ語をとっていたが、中途半端にしか勉強しなかったため、全く身につかなかった。いささか後悔される。

 このレコードは1971年の録音であるので、35年前の代物である。ドイツ人の愛好家の家で大切に保管されていたのであろう、その経過した年数に比して箱や盤の状態がとても綺麗である。何か大切な文化財を引き継いだような錯覚に陥ってしまう。

2006/8/29

スプルース  

 石井式リスニングルームの反射面の使用素材として候補に挙がっているシナ合板、スプルースそしてヒノキのサンプルと材料費の見積もりが昨日出揃った。さらに参考として桐のサンプルと見積もりもあった。材料費は価格の低い順に、シナ合板<スプルース<ヒノキとなる。それぞれの価格差は数十万円。もっとも安いシナ合板と最も高いヒノキとは相当な開きがある。その差額は我が家のパワーアンプがもう1台買える金額である。

 価格面からしてヒノキは厳しい。シナ合板はサンプルを見ると、とても綺麗でいい感じである。先日お邪魔したK氏邸でも仕上げ材として充分な質感があり、色合いも明るく良い印象を持った。スプルースとの価格差は25万円程度。悩むところである。

 スプルースは表面が素直な質感で、色合いも癖がなく爽やかなものである。何よりギターやバイオリンといった楽器の素材として用いられるということに強く惹かれる。それだけでも良い響きが得られる素材のような気がしてくる。

 さらに施工業者の方からのおすすめとして桐もサンプルと見積もりが届いた。材料費はシナ合板とほとんど変わらない。桐というと、やはり桐ダンスを連想する。桐ダンスといえば高級家具である。そのイメージがあるので、桐は高価な木材と思っていたが、それは勘違いであった。しかし、サンプルを見ているとその質感がざらっとした感じがあり、いまひとつしっくりこない。

ということでシナ合板とスプルースの二つに絞られた。価格面と仕上がり感などを考慮してしばらく悩んでいたのであるが、最終的にスプルースを選択することにした。スプルースはギターのトップ材として使用されることが多いが、スプルースを使うことにより、音のバランスと深みのある音色が得られるとのことである。反射面の素材として真に優れているかどうかは分からないが、良いイメージを持っているので、スプルースに決めることにした。

 これで反射面の使用素材と吸音面のクロスも決まり、リフォーム工事の準備は整った。後は施工業者の方で工程表を作成してもらい、着工の運びとなる。予定よりも少し遅れ気味であるが、どうにか早く完成させたい。しかし、施工業者は結構ハードスケジュールなようですぐに着工できるかは、なお不確実である。

2006/8/28

同窓生  

 今はほとんどクラシックしか聞かなくなってしまっているが、相当昔はロックを聴いていた時期もあった。しかし、それは私が中学生のころのことであるので、30年も前ということになる。同じクラスの仲のよかった友人がロックに詳しく、レコードも結構な枚数を持っていた。その友人が持っているレコードを聞かせてもらったり、カセットに録音してもらったりして家のラジカセで聴いたりしていた。

 我が家にも父親が購入した古いオーディオが置いてあったのであるが、なにせ昭和の高度成長期の香りが色濃く立ち込めるようなレトロ調の代物であったので、音もそれなりでカセットデッキとも接続できないものであった。それでも、レコードはかかることはかかる。そこで友人のレコードばかり聞かせてもらうのも悪いので、自分でも年に3〜4枚程度はレコードを買うこともあった。

 そんな数少ないコレクションのなかで比較的良く聞いたのが、TELEVISION「MARQUEE MOON」とTALKING HEADS「MORE SONGS ABOUT BUILDINGS AND FOOD」である。1977年と1978年の作品である。そのころはハ−ドロックやプレグレッシブロックが勢いを失い、パンクやニューウェイブが台頭してきたころである。この二つのグループもその新しい流れに乗って出てきたバンドである。

 昨日立川の新星堂でそのCDのりマスターをたまたま見つけ、懐かしさから購入した。30年ぶりに、中学校のころの同窓生に会ったような懐かしさを覚えた。しかし、今聞いても、それほど古いとは感じない斬新な音楽である。どちらのグループもギターサウンドを基調にした楽曲がほとんどで、そのボーカルも極めて個性的である。

 このCDを我が家のオーディオシステムで聞こうとは思わない。ラジカセかカーオディオで聞きたい。そのほうがよそよそしくなく、全体の流れを把握でき、そして何よりも懐かしく暖かい気持ちにさせてくれるからだ。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2006/8/27

ピアノソナタ  

 今日はピアノリサイタルへ出かけてきた。ピアニストは宮谷理香さん。タイトルは「ショパンの心」。タイトルのとおりプログラムはピアノソナタ第3番ロ短調を中心として全てショパンのピアノ曲で組まれていた。

 宮谷理香さんは写真で見るよりも実物の方がはるかに美しく魅力的であった。このようなケースはクラッシックの場合、極めて稀である。写真写りがいい演奏者の方が圧倒的に多いのが現状である。宮谷理香さんは、特に笑顔が印象的であった。内面に芯の強さを秘めながら、穏やかで暖かみのある人柄がにじみ出ている魅力的な笑顔である。プログラムやポスターの写真は笑顔でなく、少し澄ました表情であったので、その美しさの半分も伝えられてなかった。

 さて、そのピアノの音色であるが、澄み切った音でありながら、しっかり感のある質量と適度の弾力があり、心地よく音楽に浸れるものであった。また、演奏も躍動感のある素晴らしいものであり、ショパンを満喫することができた。

 しかし、困ったことがひとつあった。それは左隣に、やたらといちゃつくアベックが座ったのだ。クラシックコンサートでデートもいいが、人目をはばからずにいちゃつくのは止めてもらいたいものだ。しかも、その若い女性が私の目にはどう見ても魅力的に見えなかったので・・・「どこがいいんだ?」と心の中でつぶやかずにはいられなかった。

 さらに悪いことに右隣に座った初老の男性が、とても汗臭い。今日は8月としては比較的涼しい気候であったが、生来の汗っかきなのか、結構匂う。左は「アベック」右は「汗かき」と、両サイドを囲まれて正直辟易した。そのため、前半のプログラムが終わった段階で2つ前の列の席が空いていたので、たまらずにそちらへ移動した。そのおかげで休憩後の後半に演奏されたピアノソナタ第3番は集中して聞き入ることができた。

 特に相手を不快にする意図がなくても、他人の迷惑になっていることがあるものだと、感じた。「ひとの振り見てわが振り直せ。」ということか・・・オーディオも注意しないと近隣の方の迷惑となっている場合があるものだ。本人は悦に入って陶酔しているかもしれないが、近隣の人にとってはただの騒音でしかない、ということになっている可能性がある。我が家も隣とは比較的距離が取れているほうだが、オーケストラのフォルテシモでは相当音が漏れているはず。この問題もリスニングルームのリフォームでほぼ解決できそうだ。リフォーム後は夜中にブルックナーの第4番を目一杯の音量で聞くなんて事も可能となってくる。早くそんな体験をしたいものだ。

2006/8/26

UNICORN mk2  

クリックすると元のサイズで表示します
 「UNICORN mk2」上遠野さんのブログで紹介されていました。GERMAN PHYSIKSの中で唯一DDDユニット1発で全帯域を再生するモデルであるUNICORNがmk2となりました。DDDユニットで量感ある低域を出すため、エンクロージャーは相当複雑な構造となっている模様。そのため見た目的なスマートさはないが、DDDユニット1発の音は素直で癖のないもののようだ。サウンドハウスに展示されたなら、早速試聴に出かけよう。

 我が家のHRS-120 CARBONは低域は通常のウーファーが受け持っている。ただし下へ向けてエンクロージャー下部にマウントされているため、無指向性になっている。見た目的にはスマートなHRS-120であるが、思いのほか低域の量感はあるほうだ。UNICORN mk2の低域がHRS-120と比べてどのような差異があるのかもっとも興味のあるポイントである。

 HRS-120 CARBONが我が家に来てから約5ケ月が経過した。この間システムそのものは変化していないが、それを取り巻くリスニングルーム環境は相当変化した。当初縦長配置であったが、横長配置となり、さらに一旦斜め配置となり、再び横長配置へと戻る、といった変遷を経てきた。さらに当初はサーロジックの音響パネルで周囲を囲んでいたのが、全て取り払われ、天井や壁に設置されていたQRDも今はその姿が見えない。

 そして、来月からはリスニングルームの構造自体を大幅に改良する運びとなっている。NAGRAさんのブログで「相変わらずとばしている」と評されていたが、確かにHRS-120が来てからの5ケ月はスピード感溢れる日々が続いていた。常に変化を意図し探求してきたわけではないのであるが、高性能の装置を活かしきれていないという「罪」の意識が「行動」へと駆り立てるのかもしれない。

 もともとの性格として、「思い」と「行動」とのタイムラグが比較的短いタイプなのであろう。仕事のうえでもそのタイムラグのなさを良い意味でも悪い意味でも感じることが時々あるからだ。「TIME IS MONEY.」という意識が潜在意識の奥深くに強く刻み付けられているのだろうか?私は高校を卒業するまで京都にいた。大学から東京に出てきて、そのままこちらで就職した。東京での生活の方が長くなってしまったが、出身地としては京都である。関西人らしいそつのなさとせっかちさが知らずに身についているのかもしれない。

2006/8/25

在庫あり  

 コイズミ無線からメールが届いた。スピーカーグリル用のクロスの在庫が確保できたので本日配送したとのこと。これで一安心である。吸音部のクロスの購入のため、一昨日ユザワヤを仕事のついでに訪れてみた。しかし、各色10メートル単位での在庫のため同一色で20メートルの在庫は店舗にはなかった。そこで店からメーカーに問い合わせてもらったのであるが、メーカーにも在庫がなく、入荷までしばらく時間が必要とのことであった。

 不意を衝かれて一瞬あせった。どうしたものかと思案していたが、HYさんがコメントでコイズミ無線で扱っているスピーカーグリル用のクロスを吸音部のクロスとして使用されているとおっしゃられていたことを思い出し、早速インターネットで発注した。HYさんが使用されいるクリームにも食指が動いたが、ライトグレーを選択した。パソコンの画面で見る限りこのライトグレーはウィルソン・オーディオのカラーグリルの中のParchment Grayととても似ている。この色は白木とのマッチングが良いような気がする。

 このクロスの幅は90cm。これを半分の幅に切って使用する。したがってクロスの幅は45cm。我が家の吸音部の幅は35cm。伸縮性のある布であるため、10cmの余裕があれば、クロスを貼り付けることにも支障がないはずである。

 このクロスはスピーカーグリル用としてコイズミ無線で売られているもの。スピーカーグリル用であるということは音の透過性に優れているはずである。ということは吸音部のクロスとしては最適と思われる。

 コイズミ無線といえば、自作派のオーディオマニアの方にとっては有名なお店。しかし、私は自作とは全く縁がない。縁がないというよりは自分にはどう考えても不向きとしか思えず、遠巻きに眺めているといったところだ。比較的手軽に行えるであろうケーブルの自作なども全く未経験である。

 stereo誌などでもスピーカー自作の特集号などが出ている。一応目を通してみて、「すごい!器用な方だ」と感嘆するのだが、自分でやってみようという気にはなれない。自作ということだけでも、私にとっては尊敬の的となる。HYさんが石井式のリスニングルームをご自身の手で完成されたということは、そんな私にとって驚異としか表現のしようがない。

2006/8/24

どろ沼  

 今日は夜になってから、ゴルフの練習場で1時間ほど練習してきた。先日のラウンドではドライバーの調子はまずまずであったのだが、アイアン、特にショートアイアンの距離感が合わなかった。ドライバーでナイスショットをしてフェアウェイのベストポジションにつけた。グリーンまで100ヤードを切るほどに飛距離がでていたにもかかわらず、セカンドショットを気負ってしまって、だふった結果グリーンに届かず、アプローチショットも寄らずにダブルボギーを叩いてしまうといったパターンが何回かあった。こういうことがあると、とたんにリズムが悪くなってしまう。欲が出ると結果が伴わなくなるということはスポーツ全般に共通することであるが、ゴルフの場合にはその精神状態が如実に結果として現れてくる。

 第2世代のシステムからは第1世代システムの「シンプル・アンド・モダーン」路線から「強欲・物量投入」路線へと様変わりした我が家のシステムである。オーディオにおいての欲はゴルフと同じく良い結果をもたらさないものであろうか。しかし、欲がなくなれば発展がないのも確かである。ゴルフも上手になりたいという強い欲望がなければ、練習もしないし、スコアも良くならない。しかし、「絶対にピンそばに寄せてやる。」といった目先の欲望にとらわれてしまうと、だふるのである。オーディオも「こういう音が出したい。」という明確な欲望があり、その実現に向けてより広い視野から多角的に対処することが大切なのかもしれない。

 最新号のstereo誌の特集は「オーディオどろ沼への誘い〜セパレートアンプのすすめ」である。我が家のアンプがセパレート化されたのは、数ヶ月前。それ以前はデザインコンシャスなプリメインアンプを使っていた。

 やはりアンプをセパレートにすると、それだけで一端のオーディオマニアになったような気がするものだ。しかも従来はスピーカーの間にラックを置き、そこに機器を設置するセンターラック方式であったが、アンプをセパレート化すると同時にスピーカーの間にはパワーアンプのみを設置し、CDプレーヤーやプリアンプはラックに設置しリスニングポイントのサイドに置く設置方式に変えた。これでさらに一端マニア感が向上した。このようにして初心者オーディオマニアはずぶずぶとどろ沼にはまり込んでいったのであった。

 しかし、どろ沼に入り込むのも見方によってはいいものである。傍から見れば血迷ったかと思われるかもしれないが、本人は結構楽しんでいる。テレビで何かの祭りでどろを人の顔にに塗りたくるしきたりがあることを観たことがあるが、当の本人たちは塗りたくる方も塗られる方も結構楽しそうだった。

2006/8/23

入荷待ち  

 今日は顧問先の会社を訪問したついでに「ユザワヤ」へ行ってみた。布地コーナーを探索した。正直に言うと居心地はあまり良くない。中年のおばさんや小学生の女の子が買い物をしているが、男性は全くいない。しかも、ネクタイを締めた男性の場合、相当場違いな感じとなってしまう。

 何故大型手芸品店に来たかというと、吸音部のジャージクロス購入のためである。しかし、全く勝手が分からないので、店員に「ジャージクロスありますか?」と聞いたが、怪訝そうな表情で「ジャージクロス?」と聞きかえされた。「ジャージの生地になる薄手で伸縮性のある布地です。」と言ったら「スポーツニットのことかもしれませんね。」とその陳列場所に案内してくれた。

 何色かあったが、幾つかの色を示して、「20メートルほど必要なのですが、在庫ありますか?」と聞いてみたが、「20メートルは有りませんね。10メートル巻きでしか発注しませんから。メーカーに在庫があれば1週間程度で入りますが、メーカーになければ結構かかります。」との返答であった。

 一瞬「ジャージクロスが入ってこないために、工事が遅れることもある。」という松浦さんの言葉が頭をよぎった。比較的淡くて渋めの色のものを指定して在庫確認をメーカーにしてもらった。数分たって、店員から「今はメーカーも在庫がないそうです。中国で作らせているのでしばらくかかりそうです。」といわれた。

 「まずい!」と、ちびまる子ちゃんの目の下に青線の状態となった。アニメではこういうとき「チ〜ン!」と物悲しい鐘の音が響くところである。

 とりあえず「他をあたってみます。」と答えたが他のあてもない。「どうしようか・・・」と逡巡していたところ、「そういえばHYさんはコイズミ無線で扱っているスピーカーグリル用のクロスを使われたとのことだった。コイズミ無線にあたってみよう。」と思いついた。

 早速インターネットのホームページを検索。目的のスピーカーグリルにたどり着いた。「しかし、待てよスピーカーグリル用のクロスを20メートルも購入するケースはほとんどない。当然それほど多くの在庫はないはず。」と思い、まず電話してみた。すると対応してくれた店員は「とりあえずインターネットで発注してください。メールで納期等については後日連絡を入れます。」とのことであった。そこでひとまず発注してみた。とりあえず色はライトグレーを選択。

 しかし、コイズミ無線からも「メーカーにも在庫がなくて入荷までには相当かかります。」との返答がきたらどうすればよいのか?と多少不安も残るが、とりあえず待つしかない。

 オーディオ製品しかも、海外製のものの場合輸入代理店に在庫がなくて、数ヶ月入荷待ちなんてことはざらであるのであろうが、布地で入荷待ちなんて想像すらしていなかった。こういった布地は現在ほとんどが中国製で、日本で作られているものはまったくと言っていいほどないということも今日はじめて知った。

2006/8/22

本当にあった怖い話  

 夏はホラーの季節でもある。今日は家族そろって「本当にあった怖い話夏の特別編」を見た。二人の子供はキャーキャーいいながらもじっと見いっている。このような番組の中では必ず除霊シーンがあるもの。今日も森三中の村上にとりついていた霊が除霊されていた。

 ものの話によるととりついている霊は悪いものばかりでなく、守護霊といわれる守り導く霊もいるとのことで、全てを除霊すると良い効果も除かれてしまうのかもしれない。そう考えていると、制振と音の関係をふっと思いついた。インシュレーターや制振グッズでやたらと制振しまくると、ある一定の旨み成分をも押さえ込んでしまい、味気なくなってしまうことがある。

 今はオーディオアクセサリー熱も随分と冷めてしまったが、少し前アクセサリー熱にうなされていたころには、インシュレーターや制振テープなど相当数のアクセサリーが我が家には散乱していた。そういえば、少し前Ultralinear邸にお邪魔した時に大量のJ1Projectのインシュレーターが入った袋があり、その量に「すごい!」と感心したことがあった。さすがにその量には及ばないが、かっては我が家にも相当の種類と量があった。この分野は確かに音が変わるので、はまりだすと「やめられない、とまらない!」のカッパえびせん状態となってしまうのである。

 しかも、はまりだすと別に音を出す機器ではないのであるが、ものとしてのインシュレーターそのものの質感に結構酔ってしまうのである。様々な素材のものがあり、それぞれ独特の風合いがあり、「これを使うときっとこんな音になるのだろな〜」と音の変化を予想してしまうとついつい手が伸びてしまっていた。買ってきて、試してみて、「こりゃだめだ!」となると、うかつにも大枚をはたいてしまったことに対して自己嫌悪に陥ってしまうのである。

 これはきっと多くの人がかかる「はやり熱」のようなものであろう。そして一旦その病にかかることにより徐々に抵抗がついて、対抗力が養われてくるのかもしれない。

 今後少し試してみたいと思っているのは、ケーブルスタビライザー。従来は紙コップやトイレットペーパーの芯などを使用していたが、見た目的にはやはりいまひとつの印象。外観もすっきりとさせたいところ。ケーブルスタビライザーはアクセサリーとしては比較的新しい分野であるので製品数はあまりないが、幾つか試してみたくなっている。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ