2006/7/31

事前チェック  

 明日、リスニングルームのリフォーム工事に向けた具体的な準備が行われることとなった。床下と天井裏の状況を確認するために、床と天井の一部に穴を開けるのである。その穴から確認出来た内容を松浦さんに伝達し可能な天井高の範囲内で音響的に最適な数値を出してもらい、詳細な設計図の作成を依頼することになる。

 床下はそれほど大きな開口は必要ないとのことであるが、天井の方は梁の位置を全て確認する必要があるため、畳一畳ほどの広さの開口が必要とのことである。当然開口にあたっては、相当埃がでるはずであるので、作業中はオーディオ機器を一旦片付ける必要があるだろう。

 リフォーム工事へ向けて必要な作業であるのだが、開口部が予想以上に大きい場合、この作業の後はリフォームが完了するまで、オーディオ機器のセッティングが事実上出来ないのではないかと少し心配である。

 というのも、明後日には長期入院していたHRS−120 CARBONが戻ってくる予定であるのだ。せっかく久し振りに帰ってくるのに、居場所がないなんて可能性もある。ようやく完治したHRS−120 CARBONの音を聞くことが出来ると思っていたのだが、もしかすると、その楽ししみはさらに先延ばしとなってしまう可能性がある。

 開口部がそれほど大きくなく、部屋の片隅だけですめば、本格的な工事が始まるまではしばらくの間、オーディオを楽しむことが出来る。半月以上オーディオが聞けない状況であったので、できれば久し振りに楽しみたいものだ。

 開口してのチェックの結果、床下の下げ幅と天井の上げ幅が比較的とれる構造であってくれれば良いのだが。その可動範囲が大きければ大きいほど、部屋の広さに応じた理想的な天井高に近付けるはずだがらだ。

2006/7/30

共鳴  

 あるひとつの音叉を鳴らし、幾つかの音叉に近づけてみる。すると鳴っている音叉と同じ音程の音叉は共鳴現象を起こし、触ってもいないのに鳴り始める。全く同じ音程でなくても近い音程の音叉でも鳴り出すことがある。

 今日はソプラノとバリトンのコンサートに出かけてきた。伴奏はピアノで、ロッシーニやドニゼッティのオペラからのアリアが中心のプログラムであった。そして、その素晴らしい歌声を聞いている最中にふと思ったことがあった。「音楽に感動するということは、ひとつの共鳴現象なのではないか?」という考えが頭に浮かんできたのである。音楽は目に見えない波動である。その波動と同様な波動がその人の脳の中、あるいは心の中に生まれた時共鳴現象が起こり、感動するのではないか。そのような夢想的な感慨にとらわれたのも人間の声の持つ繊細さや雄大なエネルギー感に心打たれたからである。

 その延長で、芸術全般に感動するということも同じような共鳴現象なのではないかと考えが進んだ。たとえば、目に見える絵であってもその作品固有の波動が発せられていて、見ているものの心の中に同様な波動が生じた場合、共鳴現象を起こし、その絵の持つエネルギーが心の中に注入される。それが感動となり、その者の生体エネルギーが向上する。音楽の場合は目に見えないため、波動や共鳴現象という考え方が当てはめやすいが、その他の芸術作品も同様な作用で感動を生むような気がする。

 人は食物を取り入れることにより、そのエネルギーを体内に取り入れるが、芸術作品からも別系統の手法でエネルギーを取り入れているのかもしれない。

 今日のコンサートでは、音楽を右脳で聞きながら、同時に左脳でそんな抽象的なことも考えていた。それともうひとつ、もっと卑近な考えとして、ソプラノやバリトンのフォルテでの声量の天井知らず的なエネルギー感をオーディオで表出するためには、パワーアンプはやはりある程度パワーに余裕があるほうが良いのかも、と思ったりもした。相当な音エネルギーを身近で感じた正直な印象である。

 オーディオを趣味とする前は、コンサートでは純粋に音楽に浸ることが主眼であったのであるが、最近はこの感覚をオーディオで再現するにはどうすればよいのか、ということも頭の片隅で考えながら聞いていたりする。良いのか、悪いのか・・・

2006/7/29

Kipod  

 YG ACOUSTICS Kipod・・・「キポッド」と読むとのこと。キポッドとは森に住むハリネズミの一種で、とても臆病な性格のため音に極めて敏感である。つまり、音に対して極めてシビアであることから、この動物の名前が選ばれたようである。

 名前の印象のとおり、見た目はコンパクトでとてもかわいい印象。金属製であるから重量は46.5kgあるが、サイズは295*450*1025と手頃である。しかし、価格は390万円と決して手頃ではない。

 今日はサウンドハウスの上遠野さんが主催するイベントに参加してきた。そこでYG ACOUSTICS Kipodを試聴してきた。駆動系は同じアッカが取り扱っているLINDEMANNで固められていた。

 アッカの担当者により製品説明とデモが行われたが、その音は強靭なキャビネットで完全密閉型であることの利点が最大限活かされた、澄んでクリアな音を聞くことが出来た。ドライバーユニットの音とエネルギーがそのままスッと出てくるといった印象である。これみよがしな迫力のある音ではなく、ちょい聞きでは物足りなく感じるかもしれないが、じっくり聞くとその質感の高さがわかるといった種類の音質であった。

 見た目的にはとてもコンパクトで、390万円のプライスタグが信じられないようないでたちである。緻密さと上質さがぐっと凝縮されて形造られたという印象を与える製品である。私はあまり大きな製品は好きではない。第1世代システムのAVALON ASCENDANTも第2世代システムのGERMANPHSIKS HRS−120 CARBONも比較的コンパクトで扱いやすい大きさである。Kipodはその愛らしい名前といい、その丁度良いサイズといい、そして音の上質さと良い、とても良いオーディオ製品であった。

 もちろん、スピーカーを買い換える予定はない。今はオーディオが聞けない状況なのでイベント参加にかこつけてハイエンド・オーディオの音を楽しんできた。

2006/7/28

どこでもドア  

 「どこでもドア」は藤子・F・不二雄のSF漫画「ドラえもん」に登場する架空の道具。行きたい場所を声に出してドアを開くと、その先が行きたい場所になっている。ドラえもんに出して欲しい道具の常に上位にランクされている夢の道具である。

 ドアというものは隔たれた二つの空間をつなぐ役目を果たすもので、そういう視点で捉えるとその存在意義はとても大きく感じられる。我が家の元応接間で現在のリスニングルームにしつらえられているこのドアはこの部屋と庭をつなぐ役目を果たしている。現実的にはあまりこのドアから庭に出ることはないのであるが、今回のリフォームの結果このドアも我が家から消え去ることとなると、何か物悲しい気分にもなってくる。

クリックすると元のサイズで表示します

 木でできたこのドアは丸い真鍮製のドアノブがほのぼのした雰囲気をかもし出してる。大きめに割り当てられたガラスから庭木が見えて一種縦長の額縁のようにも見えることもあった。空間を仕切っていながら、つながり感をもかもし出しているドアであるが、約10年の奉公の期間を経て立ち去っていくこととなる。

 新たなものへ移行するときには、幾つかの大切なものとも別れることも往々にしてあるもの。オーディオのグレードアップの場合も、従来使っていた機器とは別れることが多い。スペース的に余裕があれば、とっておけるが、大概の場合は下取りに出してしまう。
第1世代のシステムの機器も全て下取りに出してしまい、現在は手元にない。

 「どこでもドア」があれば、この部屋はこのままの状態で残して、田舎に土地を買ってリスニングルーム専用建物でも建築したい。そして「リスニングルーム!」と声を出して「どこでもドア」を開けば、すぐそこには広大なリスニングルームが広がっているなんて・・・てっなわけないか。

2006/7/27

スモール・オーディオ  

 オーディオ雑誌が好きである。その内容に関しては、鵜呑みにすることは出来ないということが最近分かってきたが、それでも発売されたらほとんど買ってしまう。新製品のレビューや組み合わせプランの記事、オーディオマニアの訪問記など結構楽しみながら読んでいる。オーディオを始めたばかりのころなどオーディオ雑誌のみが唯一の情報源といってもよく、第1世代のシステムを組むにあたっては、主にオーディオ雑誌からの情報により選定した。

 したがって、第1世代のシステムは、試聴を繰り返して選定したというわけでなく、相当程度をデザインで決めたといってもよかった。その反動か第2世代はデザインはさておき、試聴のみで決めてしまった。第1世代のシステムはCDプレーヤー・プリメインアンプ・スピーカーというごくシンプルな構成であった。

 CDプレーヤーはAYRE CX−7、プリメインアンプはAYRE AX−7、スピーカーはAVALON ASCENDANT。今考えても、良い組み合わせだと思う。音もある程度のレベルまでは達していた。それよりも見ているだけで満足感の得られる美しさがあった。

 オーディオ雑誌で組み合わせなどの特集があると、ついつい2年半前に戻った気分で、もし今オーディオを始めるならどんな組み合わせにするかな〜などと夢想するのである。結構これが楽しい。最新号のAUDIO BASICの特集は「スモール・オーディオでかしこく楽しむ」である。「スモール・オーディオ」とは「スペースや予算に限界があっても、知恵やワザ、使いこなしによっていい音を楽しもうという考え方」とのこと。第2世代システムからは「スモール・オーディオ」からは逸脱し、「強欲オーディオ」に邁進している私ではあるが、この「スモール・オーディオ」結構好きなのである。

 この特集を見ていて、私ならこんな組み合わせが良いかなと思ったのは、CDプレーヤーがPRIMARE CD21・プリメインアンプPRIMARE I21・スピーカーPIEGA TS5というもの。合計金額645,750円。もちろん実際に買うわけではないのであるが、こんなサブシステムがあったらな〜と雑誌を見ながら空想にふけりニヤニヤしているのは、HRS−120 CARBONが修理中で音を聞くことが出来ないからかもしれない。

 そのHRS−120 CARBONであるが来週の火曜日に復活する運びとなった。ようやく主役復活である。またしばらくするとリスニングルームのリフォームが始まるので、またオーディオは休止することになるが、それまでの間じっくり楽しみたい。

2006/7/26

リビングオーディオ  

 北欧家具というのは、過度の装飾や豪華さはない。ぱっと見は何気ないデザインでありながら、よくみると実に練りこまれた造形がなされているものが多く、使い込んでいくうちにより愛着が深まっていく。そして生活の中に深く入り込んできて、なくてはならない存在になっていく。チークやオークなど木を上手に使っているので、暖かみがあるのも特徴である。
クリックすると元のサイズで表示します
 リスニングルームにおいてあるこのアームチェアは、我が家に来てかれこれ7,8年になるだろうか。北欧家具の中古を扱っている目黒のお店で見かけて、その肘掛部分のデザインと背もたれ部分の造形に惹かれて、ついつい購入したものである。その背後から見たときの曲線が持つなごやかな雰囲気も気に入っている。
クリックすると元のサイズで表示します
 オーディオ製品で北欧というとPRIMAREを思い浮かべる。CDプレーヤーCD21とプリメインアンプI21のペアなんてとても素敵だ。オーディオ的にはハイエンドと呼ばれる機器とは一線を画するが、そのさりげなく上質なデザインは素晴らしい。きっと音も妙に気合の入ったものではなく、良質なものなのであろう。このペアにPIEGAのスピーカーなどを組み合わせて、リビングに置いたら素敵な空間が出来るようなきがする。

 そういった突出したところがなく、生活に溶け込んだオーディオも良いとは思うのだが、現在はそれとは全く違った方向へ向けてオールを漕いでいるところである。しかし、汗をかきながら必死に漕いでいる最中ではあるが、オーディオ必死度の比較的低い上質な「リビングオーディオ」にも依然憧れを持っているのである。


2006/7/25

カウンターパンチ  

 昨日のリスニングルームのリフォーム工事に関する見積書の件で、今日は一日中心情が穏やかではなかった。何かこちらが想定していたものを裏切られたような気がして、腹立たしい思いであった。しかし、丸一日たち、多少冷静になってくると、こちらの勝手な思いこみにその腹立ちの主たる原因があることが分かってきた。

 少なくとも、昨日ふととらわれた、自宅の近くに土地を購入し、そこにリスニングルームのみの建物を新築するといった非現実的な妄想からは逃れることができた。

 そんなことをしたら、リスニングルームのある建物の方に入り浸ってしまい、自宅にいる時間が少なくなってしまう。その結果、妻や子供たちとのふれあいの時間が少なくなってしまう。小学校2年生の下の娘はあと数年もすると親を煙たがる年齢となる。そういう意味でも今はとても貴重な時間である。私にとってもっとも大切な存在である家族を犠牲にすることはどんなことがあっても避けなければならない。

 ということで、やはり現在のリスニングルームのリフォームしか選択肢が無いということである。私が素人考えで勝手に予想していた金額よりも工事費が多額になることが明らかになったからといって、この計画を中止するということもあり得ない。ある意味、それが家族にとっては一番良い選択かもしれないが、必ずくすぶった思いはいずれ自然発火することが目に見えているからだ。

 しかし、もう一社だけ同様の工事内容で見積書を取ろうと思っている。その上で施工業者を選定し、価格等について自分なりに納得したうえで、なるべく早い時期に着工の運びとしたい。来月は8月で夏期休暇等があるので、実際にはお盆明けか遅くとも9月上旬の着工を目指したいところだ。工事期間は概ね1ケ月ぐらいみていれば大丈夫なようなので、9月中の完成を目指そう。

 しかし、自分の肝っ玉の小ささには多少嫌気がさした。予想していた金額の遙か上の金額であったために、見積書を開けた瞬間に、ふっと寒気がした。リスニングルームのリフォームを是が非でもやりたいと心に決めていたのに、思いっきりカンターパンチを食らったような気分であった。何でもそうだが、常に前のめり的に走り出してしまう性格のため、その体勢で障害物にぶつかると、相当ダメージを食らうようだ。これからは気をつけよう。(もう遅いか・・・)

2006/7/24

妄想膨らむ  

 「そ、それはないんじゃない・・・」業者からの見積書を見ての正直な感想である。高い・・・予想していたよりもはるかに高い。リスニングルームのリフォーム工事代金については素人考えながら200〜300万円程度と予想していたのだが、それをはるかに超える金額が見積書にははっきりと印字されていた。

 建築に関しては全くの素人であるので、その金額が妥当なのかどうか全く分からない。素人考えでは、10畳の一部屋のみのリフォーム工事の金額としては常識を超えた金額である。防音だけでなく、調音のための特殊な工事であるのでこのくらいはやむをえないのであろうか?これに電源関連工事及び音響設計に関する費用を加えると、私のオーディオシステムがもう一式買える。リスニングルームの方がオーディオ機器よりも、「音」に与える影響が大きいということは分かっているが、実際にこの金額を見てしまうといささか面食らってしまった。

 これなら自宅の近くに小さめの土地を購入し、リスニングルームのみの建物を新築した方が良いのでは、という考えもおこってくる。土地は今後の経済情勢を考えれば、それほど値下がりをすることはない。したがって将来的にも財産として購入金額相当額に近い価値を持つであろう。建物は当然時間の経過とともに価値は下がっていくため、建物の建築コストが実質上の持ち出し金額となる。

 リスニングルームのみの建物であれば広さも設備もそれほどいらないため、今回のリフォームに要する金額プラスアルファ−の範囲内で建つのではないか?そんな途方もない妄想も現実味を帯びてくる。そうすれば、天井高4.4mで20畳の広さのリスニングルームなんて夢みたいなことも可能となる。

 少しばかりショックを受けたので、妄想を膨らまして、一時現実逃避をしたくなってしまった。この見積書を見せた時の妻の表情を想像すると、またまた気が重くなってしまった。ようやく「窓問題」をクリアできたと思ったら・・・「一難去ってまた一難」

2006/7/23

必要条件  

 今日は久し振りのテニスで汗を流した。テニスは大学生の時のテニスサークルからずっと続けている。しかし月1回するかしないかという頻度であるので、趣味といえるほどでもないが、もう20年以上続けていることになる。スポーツで汗をかくことは、体は当然疲れるのだが、仕事での疲れとはまったく別の種類の疲れであり、ある面爽快感を伴うものであり、ストレス発散効果もとても高い。

 長く続けているものといえば、後はイメージトレーニングがある。これも始めて12年ぐらいになる。プロスポーツの世界ではいまや当たり前となっているイメージトレーニングであるが、私の場合はビジネス上の目的で研修を受けて、それから始めたものである。スポーツにも効果があるものであるが、ビジネスの世界でもその効果は素晴らしいものがあった。特に営業実績を上げることに関しては、明確な効果があったことは真に驚くべきことであった。

 オーディオは趣味とするようになってから2年半程度であり、長く続けているとはまだいえないが、おそらく今後ゴルフやテニス同様長く続けていけそうである。リスニングルームの大改造に伴って遮音性が飛躍的に高まることは、この趣味を長く続けていくうえでとても役立つことである。

 夜遅くなってからある程度の音量で音楽を聴きたいときに、現状ではやはり近隣のことを考えると気がひける。隣家とは5メートル程度の距離があるので相当の音量で聞かない限り隣家のなかまでは音が漏れていないと思うが、やはり気になる。隣家が窓を開けていれば、多少音が聞こえているはずであるからだ。特にこれからの暑い季節には窓を開け放つことが多くなる。

 遮音性の高いリスニングルームが完成すれば、何時であっても自分の聞きたい曲を聞きたい音量で聞けるようになれる。このことは私にとってはひとつの憧れである。家族や近隣に気兼ねすることなくオーディオの音に浸れることは、この趣味を長く続けていくうえではやはり必要条件のひとつであろう。

2006/7/22

レコードの香り  

ベートーベン 交響曲第5番
カルロス・クライバー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
クリックすると元のサイズで表示します
アントン・ブルックナー 交響曲第4番・第7番
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリンフィル管弦楽団
クリックすると元のサイズで表示します

 気が早いと思われるかもしれないが、2枚のLPをインターネットで購入した。スピーカーが修理中でオーディオにかかわることの出来ない欲求不満からか、ついつい買ってしまった。

 私にとっては、初めてのLP購入となる。丁度大学生のころにCDが普及し始めたので、大学1年生のころには、まだかろうじてレコードが店頭に並んでいたのであるが、クラシックを聞くようになったのはそのだいぶ後になってからであるので学生時代にLPを購入するということはなかった。その後数年でLPは店頭から姿を消して、CDの時代となってしまった。

 CDと比べると当たり前であるが、物理的な存在感はLPの方が圧倒的にある。大きいし、重い。ジャケットそのものがひとつの作品といってもいいくらいに存在感がある。そして、レコード独特のにおいがある。このにおいは決して不快なものでなく、一種郷愁を誘うような種類のものである。私にとっては良いにおいである。気分をワクワクさせるような、これから素晴らしい体験が待ち構えているといった印象をあたえてくれるにおいである。やさしさと爽やかさとそして一種の厳粛さをも感じさせてくれる。

 スピーカーがないだけでなく、肝心のアナログ機器もまだ1ケ月以上先にならないと納品されないというのに、レコードだけあったもどうしようもないのだが、この2枚のレコードを眺め、そのにおいを嗅いでいるだけでも、不思議と楽しい気分に浸らせてくれる。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ