2006/6/30

PとGOLD  

 ROLF KELCHはドイツ人である。トーレンスで製造部門の責任者を務めていた人物である。したがって、ROLF KELCHのプレーヤーはどことなくトーレンスと同質の雰囲気がある。先日ROLF KELCHのREFERENNCE DDをダイナミックオーディオの東さんの試聴室で聞かせていただいた時には、その音の素晴らしさに「やはりアナログの可能性はすさまじい。」との印象を抱いた。

 しかし、その価格もすさまじい。躯体の大きさや重さも半端ではない。残念ながらこの製品を導入する可能性は今のところない。そこでより現実的なモデルである、The Baby Blue GOLDとThe Baby Blue Pを試聴してきた。まずGOLDの方をREFERENCE DDと全く同じシステムで聞かせていただいた。比較するのは酷かもしれないが、REFERENCE DDと比べると腰高で前のめり的な音に感じられてしまう。価格差が3倍以上の開きがあるのだから当然なのだが、その音楽に迫る肉迫感の差はいかんともしがたい。GOLD単独で聞けば充分に高いレベルなのであるが、その隣にREFERENCE DDがあると随分と影が薄くなってしまう。

 The Baby Blue Pはいわばノーマルバージョン。GOLDとの違いはアウタープラッターの材質が違う。Pはアルミ製で1.6kgであるのに対して、GOLDは砲金製で重量は9kg。見かけはそれほどの差はないが、価格差は53万円と大きい。Pの方はダイナミックオーディオの新宿店で試聴した。トーンアームはSMEのM2-9、カートリッジはオルトフォンのMC Kntrapunkt-aが装着されていた。フォノイコライザーはAESTHETIXのリーア、アンプはVIOLAのカデンツァとシンフォニーのペアで、スピーカーはAMATI ANNEVERSARIOという豪華な顔ぶれであった。

 「これで充分。」と思わせる、バランスの良い音である。トーンアームもカートリッジもそれほど高級というわけではないが、アナログらしい、自然で豊かさを感じさせる音である、音場表現もSACD並みに広がり感のあるものであった。見た目的にもとてもコンパクトにまとめられており、その色合いもGOLDよりも落ち着いていて良識さを感じさせてくれる。価格的にもタ−ンテーブルとアームで925,000円と想定の範囲内に収まる。

 アナログはどの製品も魅力的に感じられる。REFERENCE DDは別格であったが、聞かせていただいた「GAIA」「LP12」「Champion Magnum」「The Baby Blue GOLD」「The Baby Blue P」どれもそれぞれ、「これで充分ではないか。」と思わせる音を聞かせてくれた。時々オーディオ雑誌などでアナログプレーヤーを複数台所有しているマニアの方が載っていたりするが、その方の気持ちが分かるような気がする。どれも良い音を聞かせてくれるので、ひとつに絞れないのである。

 

2006/6/29

潔いデザイン  

 「潔いデザイン」というものが存在する。過剰とは裏腹に、必要な機能にのみ的を絞り、無駄なものを徹底的に削いでゆく。その結果としてエッセンスのみが残り、結晶として結実することにより、すばらしいバランスと機能美が生まれてくる。

 オーディ機器、特にアナログプレーヤーには、そういった潔いデザインの製品が散見される。これらの製品のなかで、私が勝手に両巨頭と感じているのは、LINN LP12とROKSAN XERXES 20である。この両者はいずれもイギリス製である。イギリス製のオーディオ機器の多くは、奥ゆかしいまでのコンパクトさと潔さがある。アメリカ製や日本製のオーディオ機器のような「あくなき欲望」的なあざとさがない。

 LP12とXERXES 20には、合理的な機能性の追求とともに人の手作業の持つ暖かみのようなものが感じられる。デザインとしてはORACLE DELPHIのアクリルとアルミの妙なる融合による精霊が宿るかと思わせるような崇高さも素晴らしいが、LP12とXERXES 20には、人が直接手を触れて操作する「道具」としての使い心地のよさも兼ね備えているように感じられる。

 最近はオーディオショップやオーディオ雑誌でもアナログ機器ばかりに目がいってしまう。そんな私にとってLP12とXERXES 20はその存在感が日に日に大きくなってきている。しかし、この両者は使い手の技量を相当要求してくることが予想される。長くつい合うにはそこがまた魅力ではあるのであろうが、そのような技量の持ち合わせのない私にとっては、長い茨の道が待ち受けているのかもしれない。

 この両者は、プレーヤー本体・トーンアーム・電源部など各パーツを最高級のもので組み合わせると100万円程度になる。オーディオに興味のない普通の人が見れば、俄かにはその価格が信じられないであろう程に、その佇まいは自然でさりげない。人を威圧したり、たじろがせる様な迫力はその容姿からは感じられない。しかし、名人といわれる職人が作った道具が持っている「使うことによる満足感」を与えてくれる名器ような気がする。

 

2006/6/28

クリアオーディオ  

 今日は御茶ノ水にある顧問先の会社を訪問したついでに、オーディオユニオン御茶ノ水店を訪問した。3階を覗いてみると、見慣れないアナログプレーヤーとフォノイコライザーが展示してあった。聞いてみると、ドイツのクリアオーディオの「CHAMPIOM MAGNUM」と「SYMPHONO」という製品であった。よく見てみると「SYNPHONO」にはバランス出力が備わっている。BAT VK-51SEはバランス入力しかないのでフォノイコライザーはバランス出力が装備されていることが必要条件となってくる。見た目的にもこの両者、硬質なきらめき感があり、デザインセンスも相当レベルが高い。

 店員の方にお願いして、早速試聴させてもらった。他の試聴機器は、ジェフローランドのプリとパワーのペアにスピーカーはパイオニアのS-1EXであった。バッハの弦楽合奏曲のレコードを聞かせてもらったのだが、SN比のよさが印象的、透明感と弾力感のバランスも高いレベルで両立している。「これ結構良いな〜」

 GERMAN PHYSIKSのスピーカーを購入してからは、ドイツという国に対して妙に親近感を抱くようになっているため、MADE IN GERMANYは私にとってとても魅力的である。ZYXのR100 YATRA MKUという見知らぬカートリッジが装着されていた。このクリアで魅力的な音には、このカートリッジも貢献しているのであろう。私の好みからするともう少し躍動感というか、実在感が欲しいところであるが、カートリッジを替えるなどの調整で変更できる範囲であろう。価格も比較的手ごろで、CP比は相当高い。クリアオーディオは全くノーマークであったが、急遽ダークホース的な存在として浮上してきた。

 アナログは全くの初心者なのであるから、いきなり高額な製品を買わず、このクリアオーディオのようなミドルクラスの良心的な製品から始めてみるのが最適なのかも知れない。

 ドイツといえば気になるのが、OCTAVEというアンプメーカーである。最近HP500SEという同社が誇るプリアンプの中古情報を入手した。このプリアンプは良質なフォノイコライザーを内蔵している。HP500SEの中古情報を入手して、フォノイコライザーを新規に購入するのではなく、プリアンプをフォノイコライザーつきのものに買い換えるという手もあるな、とふと思いついた。そうすればオーディオ機器としてはアナログプレーヤのみが増えることとなり、設置面でも電源環境面でも良い影響があるのではと考えてしまう。

 あまりオーディオ機器の数は増やしたくない。なるべくシンプルな構成にしたい。これが私の基本方針なのだが、この数ヶ月は全く逆の結果となっている。フォノイコライザーつきのプリアンプという今まで頭に浮かばなかったプランもひとつの選択肢として浮上してきた。

2006/6/27

スペース確保  

 アナログを始めるにあたってまずクリアしなければならない問題のひとつは、機器の設置スペースである。プリアンプのBAT VK-51SEはフォノイコライザーを内蔵していない。したがって、アナログプレーヤーとフォノイコライザーの2つのオーディオ機器が増えることになる。

 現在使用しているクアドラスパイアのラックは4段のもので、全ての棚板は既に埋まっていて空きはない。そこで一昨日、しばらく部屋をじっくり眺めていると、とあるアイディアが浮かんできた。それは、既存のクアドラスパイアのラックの4段目を外し、3段にして、棚板2枚とポールを1セットそれとスパイクを別途追加購入すれば、全く同じ3段のラックが2つできる。この二つのラックをパワーアンプの両サイドに置けば、設置スペースの問題はクリアできるのではないか。というわけで実は一昨日上遠野さんのところにお邪魔してLINN LP12の試聴をした際に注文しておいた。

 その追加分のクアドラスパイアが今日到着した。さっそく組み立て、二つのラックをパワーアンプの両脇に設置した。向かって右側のラックには上からCDT・DAC・CLOCKのデジタル機器を置き、左側のラックの一番下にPREを置いた。左側の1段目にはアナログプレーヤー2段目にはフォノイコライザーを近い将来に設置すれば、パワーアンプを真ん中に右側にデジタル機器、左側にアナログ機器が整然と並ぶこととなる。

 だが、そのアナログの機器の選定については、まだ暗中模索といったところ。先日東さんのところで聞かせていただいた「GAIA」と「REFERENCE DD」は価格面からして導入の可能性はない。アナログプレーヤーに関しては「The Baby Blue GOLD」「DELPH MKU」「GyroSE-TA」「LP12」「XERXES20」などが候補として上がっている。しかし、取り付けるトーンアームやカートリッジ、さらにフォノイコライザーとの組み合わせまで考えると全く何がなんだか分からない世界となってくる。

 そんななか、AUDIO BASIC vol.38を見ていたらフォノイコライザーの比較試聴記事が載っていた。そのなかで和田博巳氏が「何を聞いても感心するすごいフォノイコ」という表現でCHORD Symphonicのことを絶賛していた。BAT VK-51SEはバランス入力しかないのでフォノイコライザーはバランス出力装備が条件となる。その点Symphonicはバランス出力を備える数少ないフォノイコライザーのひとつ。この記事を読んでいて、フォノイコライザーはSymphonicで決まりかな・・・と思っている。となると和田氏が今回の比較試聴の際に使用された御自宅の機器に近い「XERXES20」「ARTEMIZ2」「HELIKON」と「Symphonic」を組み合わせたら良いんじゃないかとついつい短絡的に思ってしまった。アナログ機器の選定については当分迷走が続くことであろう。

とりあえずスペース確保!
クリックすると元のサイズで表示します

2006/6/26

締めすぎ  

 「ふんどしを締める」「勝って兜の緒を締める」などなど、締めるということは、気を引き締め、集中力を高めるというイメージがある。よくオーディオ雑誌などにも、オーディオ機器のネジなどを改めて締めなおすことにより音質向上がもたらされた、というようなことが書かれていたりする。

 HRS−120のDDDユニットは六角レンチを使うネジによってキャビネットに固定されいる。そこでためしに六角レンチを何本か持ってきたところ、丁度合うサイズの物があったので、締めてなおしてみた。思ったよりゆるく締められており、締めなおすとまだまだ締まるという感じで六角レンチが半周したりする。「おいおい、いいかげんだな〜」と思いながら、「ドイツ人って几帳面な民族のはずだが・・・」と首をかしげかしげ締めてみた。

 1台に6個のネジが付いているのでスピーカーの周りをぐるっと一周しながら締め上げていく。全て締め上げて、「よし!これですっきりした。」「音がグッと密度感のあるものにかわっているかも〜」と期待しながら、音を出してみた。

 最近コンサートに行って、その休憩時間に購入した熊本マリのショパン夜想曲集を聞いてみる。出だしのゆっくりした部分までは良かったが、高弦の強い打鍵時の音に歪が感じられる。「あれ?」という感じで何度か聞きなおしてみるが、同様の箇所で音が歪む。

 ネジしかいじっていないはず、DDDユニットに耳を近づけて聞いてみたが、やはり音そのものに歪が感じられた。「ネジを締めすぎたか?」と思い、先ほどとは逆に締め上げたネジを緩めてみる。そうすると先ほどの歪み感はなくなった。「こんなこともあるんだ。」「緩めに締めていたのには、音質的な調整の意味合いがあったのか・・・」「やはりドイツ人は几帳面な民族であった。」と反省させられた。

 オーディオにセオリーはあるのか?「ネジはきつく締めるもの!」という思い込みが通じないケースもあるということを今日学習した。オーディオはケースバイケースで同じ手法が吉と出ることも凶と出ることもあるのだ。

締めすぎ注意!
クリックすると元のサイズで表示します

2006/6/25

Baby Blue  

 今日は久し振りにダイナミックオーディオを訪れた。その目的は、アナログプレーヤーの試聴である。最初に5555の6階、東さんのフロアーを訪れた。大きい方の試聴室には最高級のプレーヤーが2台設置されていた。

 1台はMetronome Technologie「GAIA」、もう1台はRolf Kelch 「ReferenceDD」である。どちらも見ているだけでため息が出てしまうほどの製品である。この両者、見た目の印象も、そして奏でる音楽の表情も対照的といっていいほど異なったものであった。

 Metronome Technologieは美しいCDトランスポート「KALISTA」で有名だが、「GAIA」も共通の意匠を感じる、知的で美しい造形である。出てくる音もその見た目の印象どおりで、高解像度で細大もらさず情報を提示してくるといった感じであった。

 一方「ReferenceDD」は、まずその大きさに圧倒される。重量は恐らく60kgはゆうに超えるのでないかと思われる。「すさまじい」という表現が当てはまるほどの造りの重厚さである。音も素晴らしい。暖かみがあり、密度感があるが重々しくならない。音楽的な表現力もぬきんでている。

 私の好みからすると「ReferenceDD」の圧勝であるが、その半端でない価格や躯体の大きさや重さからして、導入の可能性はない。今日の真の目的は同じRolf Kelch であるが、現実的な大きさと価格の「The Baby Blue GOLD」の試聴であった。しかし、丁度今日は代理店に戻しているため試聴できなかった。残念である。また戻ってくるとのことで再度試聴に赴こうと思っている。音の傾向は「ReferenceDD」の方向と同一であるとのことであるので、とても期待が持てる。

 その後、サウンドハウス2Fの上遠野さんのところも訪れ、LINNのLP12を聞かせていただいた。「ReferenceDD」を中心とした、ウルトラハイエンドシステムを聞いてきたばかりであるのでLP12は正直分が悪い。しかし、LP12はその完成度の高さとバランスの良さを充分に聞かせてくれた。

 他にも聞いてみたいモデルはいくつもあるのだが、いかんせんアナログプレーヤーを展示している店舗がきわめて少ない。少ないながらも、できる限り現物を見て、試聴してみたいと思っている。そして近い将来、やはりアナログに挑戦してみたい。

2006/6/24

アナログ音源  

 アナログ音源には「ぐぐっと」感じる何かがある。これはSIS AUDIOのアナログコーナーの宣伝文句である。確かに先日NAGRA邸で聞かせていただいたアナログの音には「ぐぐっと」くるものがあった。音の生命感が優れて高いのある。聞かせていただいた音楽のジャンルは普段聞くことのないジャズやロックであったが、躍動感や実在感が際立っていた。

 その後アナログのことが気になって仕方ない。ついついオーディオ雑誌を引っ張り出して、プレーヤー・トーンアーム・カートリッジ・フォノイコライザーアンプなどの組み合わせについて頭の中であれこれ考えてしまう。しかし、現実問題においては、設置するスペースや接続する電源環境の余裕はない。もし、本格的なアナログシステムを導入するとなった場合、デジタル機器は一旦取り外し、デジタルオーディオは休止することになる。そこまで考えると実際の導入は難しいかもしれないが、一旦こうと思ったことは多少の困難があってもやり切ってしまう性格なのでどうなるかわからない。

 明日は久し振りにダイナミックオーディオに行ってみるつもりである。第2世代のオーディオ機器に買い換える際には毎週のように候補となっている機種の試聴に行ったものだが、第2世代システムが完成してからは、ほとんど訪れていなかった。聞きたいのは、アナログである。特にクラシックをアナログで聞いてみたい。5555の6F東さんの試聴室ではアナログにも力を入れているので、明日聞いてみようと思っている。Rolf Kelch The Baby Blue GoldやLINN LP12が常設されているのでこれらの機種をじっくり聞いてみたいと思っている。

 SIS AUDIOのanalog fun timeにはクラシック向けアナログシステムの推奨組み合わせとして、Rolf Kelch Baby Blue+Ikeda IT345+Ortofon MC30wが載っていた。この組み合わせなど価格的にもそれほど無理のない範囲であり、気になるものである。あと雑誌等での評価も高く、デザインセンスの優れているミッシェルエンジニアリングのGyroSE-TAやオラクルDelphi、そしてNAGRA邸のロクサンXERXES ]の後継機であるXERXES 20もとても気になる。既に相当なワクワクモードに入りつつあるのが、かえって不安でもある。
 

 



2006/6/23

ゲート  

 私は「スピーカーが消える。」という表現が好きである。これは一般にAVALONに代表されるような音場表現に優れたスピーカーを形容する際に使われることが多い。スピーカーは当然視野に入るが、音がスピーカーから発せられている感じがしない、サウンドステージがあたかもスピーカーとは一切関係なく出現しているような錯覚に陥る。そういった際の形容である。

 GERMAN PHYSIKSもまさにそのような印象を与えてくれるスピーカーである。現在の斜め配置にしてからは、その感をより一層強く感じさせてくれている。二つのスピーカーは、比較的リスニングポイント近くに間隔をかなり幅広くとって設置されている。通常のスピーカーであれば、うるささを感じる程度の距離である。

 しかし、スピーカーから全く独立しているかのような感じでサウンドステージがその後方に広がる。スピーカーは音を発生しているのではなく、飾り物かオブジェのようにそこに佇んでだけにように見える。

 神社、仏閣などには決まって鳥居や門があり、、そこから後方の空間が特殊な空間であることを示唆しているかのようである。その門をくぐり奥に入ることは、日常生活とは切り離された時間と空間の領域に足を踏み入れることとなるということを象徴しているような存在が鳥居や門である。私にとってGERMAN PHYSIKSはリスニングルームにおけるそういったゲートのような存在である。音楽が奏でられれば、そのゲートの後方にサウンドステージが展開し、その二つの黒い円柱の向こう側は一種神秘的な空間となる。スピーカーは音を出しているのではなく、そこにただ佇み、単に空間を「こちら側」と「向こう側」の二つに仕切っている役割を果たしているだけに過ぎないように感じられる。

 最初にHRS-120 CARBONを聞いた時に付けたあだ名が「漆黒のディメンター(吸魂鬼)」であった。そのスピーカーライン後方奥深くへと魂を吸い込むような感じから付けたあだ名であったが、その印象は斜め配置によってより一層強調されている。音像がスピーカーラインよりも前に来て欲しい方にとっては、耐え難いサウンドであるが、魂を奥へ奥へ惹きこんでいって欲しい私にとっては、魅力的なサウンドである。

イリュージョン・ゲート
クリックすると元のサイズで表示します

2006/6/22

ラック新調  

 斜め配置にして困ったことがひとつある。それはマスタークロックジェネレーターを設置するスペースがなくなったことだ。従来はリスニングポイント左側にラックと並べてフィンランドバーチ合板を置き、その上に設置していたのだが、そのスペースが確保できなくなったのである。仕方なく床とラックの隙間に押し込んでいた。しかし、マスタークロックジェネレーターもれっきとしたオーディオ機器であるので、床直置きは心苦しい。4段のラックがあれば解決するのだが、現在使用中のSOLID STEELのラックは3段しかない。そこでラックを新調することにした。

 現在使用しているSOLID STEELのラックは、第1世代のシステムを購入した際に中古で買ったものである。たまたまオーディオショップの中古コーナーで見かけ、そのデザインセンスの素晴らしさに一目惚れして、即決購入した。クールでシャープな印象を持つ逸品である。今後はUltralinear邸で新たな任務に就く予定である。

 新たに購入したラックはクアドラスパイアである。メイプルの棚板でポールはシルバー。爽やかで優雅なデザインである。発注していたものが今日宅配便で届いた。さっそく組み立てに取り掛かる。松浦さんから組み立て時にはポールをきつく締め上げるように注意されていたので、渾身の力で締める。組み立て終わったあと、手が赤くなり多少痛い程力をこめたから大丈夫であろう。一休みしたあと、機器を設置してみる。見た目的な納まり感はなかなか良い。

 さっそく音を出してみる。SOLID STEELに比べると、比較的ふくよかで穏やかな表情が印象的。もう少しシャープな質感を出したいので、先日松浦さんから教わったノウハウにしたがって機器の設置位置を微調整。すると音が締まり、クリアーな響きが出てきた。このセッティングノウハウは教わらなければ、一生気づかなかっただろう。そして、今でもインシュレーターてんこ盛り状態であっただろう。

 ラックにより音も相当変わるはずである。オーディオ機器並みに高額なハイエンドラックも頭を掠めたのだが、シンプルでいて音質的な癖も少なそう、そして何より常識的な金額であるクワドラスパイアを選択した。どうやらその選択は間違っていなかったようだ。

爽やかで優雅なラック!
クリックすると元のサイズで表示します

2006/6/21

不快指数  

 今日は結構蒸し暑かった。夜になっても温度、湿度ともに高く、不快指数は依然高い。これから夏に向けて気になっていることがある。それは、オーディオ機器の発する熱である。昨年の夏までは比較的クールであった。AYREのCX-7とAX-7は見かけ同様にクールで発熱がほとんどなく、少しエアコンをかければすぐに快適なリスニングルームになった。

 しかし、今年の夏はそうはいかない。オーディオ機器の数が一気に増えたからである。パワーアンプのCLASSE CA-2200はしっかりした躯体の割には発熱が少ない方であるが、プリアンプのBAT VK-51SEは真空管を使用しているため、相当な発熱がある。スタンバイの状態でもその発熱量はあまり変わらない。電源を落としてしまうと当然発熱しなくなるが、電源を入れてから元の音の状態になるまで結構時間がかかる。長時間聞くことのない私の場合、即時に良い音で鳴ってほしいため、デジタル機器は常時ON、プリアンプとパワーアンプはスタンバイの状態にしてある。したがって常時一定の発熱がある。

 寒い時期はよかったのだが、最近は仕事から帰宅しリスニングルームに入ると、もわっとした熱気が襲い掛かる。そのため、しばらくエアコンを最強状態でかけてからのリスニングとなる。しかし、しばらく音楽を聴いていると徐々に部屋の室温は上がってくる。室温が上がると集中力が途切れがちになるので、リスニングに集中できずに途中で中断することもしばしばである。

 セッティングやスーパートゥイーターの調整、はたまた電源工事などオーディオに関してはいろいろなテーマがあるが、これからの季節は熱対策という新たなテーマも浮上してきた。

 音響調整用アクセサリーの一種であるAirstage1は、和紙と竹ひごが主原料でありとても軽量である。タコ糸を使って天井から吊るしてあるのだが、プリアンプによって熱せられた空気が上昇するため、ゆらゆら揺れている。その揺れが大きくなってくると、私の頭の中も揺れてきて、音楽に集中できなくなってくるのである。

 そういえば、先日お邪魔したNAGRA邸のパワーアンプNAGRA VPAの発熱もかなりのものであった。恐らくBAT VK-51SEの倍以上の発熱がある模様であった。当然常時電源ONではないはずであるが、音楽を聴いているうちに相当な室温上昇が見込まれる。しかも、NAGRA邸ではエアコン用の200VがCDプレーヤー用の電源として活用されているため、エアコンが使えない。相当な苦行が待ち受けているはず。そんな苦行を経て達観されたのであろうか・・・

熱源!
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ