2006/3/31

18:道場破り現る  

 先日のAkimitsu邸訪問時のサプライズのひとつが某LAスタジオ製作ACケーブルであった。STEALTHのDREAMとの一騎打ちでDREAMを負かしてしまったことが、私には結構ショックであった。なぜなら、私は同じSTEALTHだけれど、DREAMの下のランクのCloude NineとM21-Superを現在使用中だからである。「兄貴、おねがいします。」といって送り出した兄貴分が見知らぬ道場破りにこともなげに投げられてしまった、という感じであった。そのときは音場の見晴らし感や空間の立体感に結構差があり、驚かされた。

 そこで、やむなく島田さんに自宅試聴のお願いメールを送ったところ、早速今日そのACケーブルが届いた。「はやいな・・・もうきたか。」聞けばきっと買わざる得なくなるような気がして、その値段を考えると正直気が重い。

 前段機器は、壁コンセントからSTEALTH Cloude NineでCHIKUMA 75M-220(電源BOX)に接続し、そこから各機器に、CDT:SYUNYATA RESEARCH PYTON VX、DAC:STEALTH M21-Super、PRE:NORDOST VISHNUを使用している。このうちどれかを取り替えての試聴となるわけだが、まずDACに使用中のM21-Superを換えてみる。曲はベートーベン ピアノ協奏曲第3番第1楽章マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)とjennifer warnes the hunterから「lights of lousianne」。

 「それはないでしょう。違いすぎ!」というセリフを用意していたのだが、見事に肩透かしを食らった。「それほど差がない・・・?!」エネルギー感や密度感の多少の向上は見られるが、空間的な広がり感の向上はほとんど感じられない。「ん、そんなはずはないでしょう・・・」と今度はCDTに使用中のPYTON VXと換えてみる。確かに音に推進力がついてエネルギー感が増した。競泳選手がグイグイ水に乗って泳いでいる感じで音が出てくる。DACのACケーブル交換の場合よりは良いが、大差でのゴールという感じではない。

 一番上流のCloude Nineではどうだ?やはり同じだ。エネルギー感や密度感の向上があり、音が力強く厳格になった印象を受ける。しかし逆に音の浮力が質量が重くなった分減少し、浮遊感が減退した。私の音の好みからすると、現用ケーブルの方を選択する。意外な結果に正直驚いている。使用機器との相性なのか、Akimitsu邸でははっきりと出た差が自宅システムでは一長一短という結果に。オーディオって不思議だ。


道場破り!
 クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ