2010/12/27

1749:チャットワース同盟会  

 「CHATSWORTH同盟会」なる会があるのを知ったのは、実は今日のことである。会の代表の諏訪さんからメールをいただいのである。

 「TANNOYのなかではマイナーな存在であるCHATSWORTHですが、一部のビンテージオーディオマニアのなかには、このスピーカーをこよなく愛する者がいます。CHATSWORTHを愛する者たちが集まって、情報交換しあっている会が、CHATSWORTH同盟会です。現在会員は6名です。ブログを拝見しておりますと、CHATSWORTHを愛用されているとのこと・・ぜひわがCHATSWORTH同盟会に加入していただきたく、メールいたしました。」

 「ちなみに昨日の記事を見ますと、もう1台TANNOYを導入されることを検討されていらっしゃるとのこと。我が家には実はCHATSWORTHが5台あるのです。CORNERがREDとGOLD各1台づつ、そしてRECTANGULARがRED1台とGOLD2台です。もしよろしければRECTANGULARのGOLDを1台お譲りいたします。」

 世のかなにはこんな会もあるのか・・・オーディオ関連の会には「QUADを聴く会」と「竹田響子さんファンクラブ」に加入している。「QUADを聴く会」では、QUAD22、QUADUに出会い、その魅力に取り付かれるきっかけとなった。

 そして「竹田響子さんファンクラブ」では、美しい女性の前ではオーディオの美などまったくとるにたらないつまらないものであることが明白になる事実を目の当たりにした。

 そして、もう一つ新たな出会いの場になりそうな会の出現である。しかし、何故会の名前が「CHATSWORTH愛好会」や「CHATSWORTH同好会」でなく「CHATSWORTH同盟会」なのか・・・少々不思議である。どことなくその名前からは悲壮感が溢れているように感じなくもない。

 しかし、CHATSWORTHをこよなく愛する一人として、このマイナーなスピーカーを愛する方々と交流を深めることは、悪いことではないという気がするのである。

 しかも、諏訪さんがお持ちのCHATSWORTHを譲っていただけるかもしれないとのことである。CHATSWORTHはめったに中古市場に出てこない。日本ではあまり人気がないので流通した数が少ないようである。人気のあるVLZとはかなり状況が違うのである。

 1階でもCHATSWORTH、2階でもCHATSWORTHでは芸がないような気がする。しかし、CHATSWORTHを2台持ち、それぞれ別の部屋で鳴らすなんて、どことなくこっけいであるが潔くもある。まあ、5台お持ちの諏訪さんには遠く及ばないが・・・



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ