2006/8/31

3年固定  

 HRS-120 CARBONが修理から戻ってきて約1ケ月が経過した。戻ってきてすぐは、DDDユニットが新品となったため、やはり音が少し硬かった。昨日と今日とオーケストラを聴いたのであるが、多少マイルドな表情を覗かせるようになってきた。もちろんエージングに関してはまだまだこれからで、今後少しずつその表情を変えていくであろうが、少し嬉しくなった。

 先日島田さんのところでAVALON Opus Ceramiqueを聞かせてもらった際には、3年を経過してその音の表情が俄然良くなり、自然な質感を醸し出すようになったと、おっしゃられていたが、真のエージングは月単位ではなく年単位で語るものなのだと、その時悟らされた。HRS-120 CARBONの3年後の音を早く聞いてみたいものだ。それまでは絶対にスピーカーを買い換えないでおこう。

 しかし、誘惑は多いもの。上遠野さんのメールマガジンにはUNICORN mk2がお店に期間限定で展示されたこととともに、そのインプレが載っていた。「本当に素晴らしいの一言です。クラシック、ジャズのピアノソロからマイルスのライブ、イタリアンポップス、マーラー、シベリウスのシンフォニー・・・クリアーで広がりのある音がダイレクトに伝わる。ジャンル、編成を問わず鳴りまくるのです。初代ユニコーンの弱点だった低域の量感の乏しさが克服され、中高域とほぼ同等になりました。「バックロードによる低域」というと違和感を覚える方もいらっしゃるかも知れませんが、ユニコーンは前作も低域の質自体は非常に高かったものです。ダイナミック型のウーファーには無い軽さがあり、しかも高域とのバランスも良く、1発とは信じられないほど伸びています。」

 文面から上遠野さんの「やられた!」というような独特の感嘆の表情が思い浮かぶ。きっと素晴らしいのであろう。聞いてみたい。いや聞かずにはいられない。展示は今週末までとのことであるので今週の土曜日にでも試聴しに行こうと思っている。

 もちろん購入の可能性は全く無い。しかし、「もう半年スピーカーの購入を待てば良かった!」という複雑な心境となる可能性は充分にあるかもしれない。何せこのUNICORN mk2は図体はHRS-120 CARBONよりも一周りいや二周りほど大きいが、価格は40万円も安いのである。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ