2006/8/9

詳細仕様  

 リスニングルームのリフォーム工事に当たって、反射面の内装材に何を使用しようか、思案している。先日のI氏邸及びK氏邸の訪問を終えて、「シナ合板でいこう。」と思ったが、K氏から「スプルースもいいですよ。」とのコメントをいただき「ギターなどの楽器にも使用されているスプルースは、響きがいいのかも?いやきっと良いに違いない。クラシックには最適であろう。」とスプルースに傾いた。

 さらにAkimitsuさんから「バーチ合板もいいですよ。シナ合板と値段もあまり変わらないし。」とのコメントをいただくと、ついついインターネットでバーチ合板の情報を集めるといった具合に、主体性なくあちこちと目が行ってしまう。

 これら3つとも、白木の表面が美しく、明るめの色合いである。部屋がそれほど広くないので、あまり濃い目の色調のものは避けたい。ビジュアルに関しては、今のところ本格的な機器を導入する気は全くないので、暗めの色合いは不必要である。

 どのような内装材を使用するかということと同時に、もうひとつ悩みがある。天井高は2.7メートルとなる予定である。ところが一般的な合板のサイズは長辺が2.4メートルであるのである。ということは、30センチ足りないので継ぐこととなる。見た目的にいまひとつとなる可能性があるのでどうするか。I氏邸のようにある一定のサイズに切り、貼り付けていくこともいいと思うのだが、当然作業時間が長くなるため、工賃が高くなる可能性がある。しかし、見た目には美しい意匠となり継ぎ目が気にならない。

 と思っていたら、インターネットで長尺タイプの合板も販売されている情報を入手。10尺約3メートルあるとのこと。このタイプを使えば、継ぎ目なく施工できる。しかし、このタイプはシナ合板のみの取り扱いであった。

 さらに施工業者からは反射面の内装材に珪藻土を使ってどうか?との打診もあった。珪藻土は空気を清浄する効果があり、調湿作用もあるため、アレルギー対策にもなるとのことで、健康的な内装材として最近注目を集めている素材である。先日松浦さんにも確認したが、音響的には問題ないとのこと。しかし、フラットに施工することは相当難しいので、仕上がり感はいまひとつかもしれないとのことであった。材料費もそれなりにかかるので、いまひとつ乗り気になれない。だが珪藻土を使うと部屋の空気が綺麗になるのであれば、部屋にいる際の快適性向上に一役かうかもしれない。

 こういう悩みは結構楽しい。あれやこれやとアイデアをもらったり自分で考えたり、それについてインターネットで情報を集め、あれこれ検討してみる。こういう過程が楽しみでもあるのであるが、そろそろ詳細な仕様を決定しなければならない時期だ。

 



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ