2009/12/30

1386:濡れ衣  

 今は2009年12月30日23時53分である。12月30日という一日は終わろうとしている。そして2009年に残された日はほとんどきっかり1日という状況となった。

 この時期になるとこの1年を総括するようなテレビ番組をやっていいる。私自身も仕事納めを終え、自宅の大掃除もどうにか一段楽したこの時期には、過ぎ去ろうとしているこの1年を少しばかり振り返る。

 昨年の年末にQUAD22とQUADUが我が家にやってきたので、それからほぼ1年が経過した。QUADに嵌るきっかけはQUAD44とQUAD405のペアであった。ペアで12万で取得してしばらくセカンドシステムとして活用していた。それからQUAD33とQUAD303のペアをhiroさんからお借りしてこちらもしばらく使ってみた。

 そして、鮭が川をさかのぼるかのようにQUAD22とQUADUのペアにまでたどりついた。そしてこの1年でQUAD22とQUADUのペアはメインシステムもサブシステムも駆動することとなり、まさに中枢の位置を確保することとなった。

 そして従来より使用していたより高価で大型のセパレートアンプは我が家を去ることとなったのである。

 そう振り返ってみると2009年という年は、我が家のオーディオにとってQUAD22とQUADUのペアが完全に浸透した1年であったともいえる。

 結局我が家にあるアンプはQUAD22とQUADUのみになった。しかも、QUAD22が頻繁に故障するので結局3セットを購入した。

 五味康祐氏も一時期QUADのアンプを3セット所有されたことがある。氏の書かれた文章で知ったのであるが、外形だけは我が家も似たような状況となったのである。

 このQUAD22、音は素晴らしいのであるが、少々厄介な代物である。よく故障するのである。3台のQUAD22は申し合わせたかのように不調を次々に訴えてくる。その都度修理に出していたのであるが、3台がそろって万全な状態で可動可能であったことがないくらいであった。

 そして、昨日も1階においてあったQUADが不調を訴えた。QUAD22の真空管が原因ではと思って、交換したところ治まったかに見えた。

 しかし、今朝おもむろにレコードをかけたら、症状がでた。左チャンネルからだけ「ズズズッ〜」とノイズがもれ始めたのである。

 「EF86ではなかったのか・・・濡れ衣を着せてしまった・・・」と思った。また修理の旅に出すことになりそうである。3セットのうち1セットはYさんのところでブラッシュアップ作業を受けている。このセットが年明けには戻ってくるはずである。そうしたら1階のセットを修理に出すことにしよう。

 2009年はQUADが隅々まで浸透した1年であった。2010年もQUAD支配の状況は変わらないはずであるが、どうにかもう少し安定した動作を願いたいものである。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ