2009/11/30

1356:新女王  

 LINN LP-12のバージョンアップは完了した。予想していたとおり、かなりのステップアップになったようである。表面的な見た目はほとんど変わらない。真っ黒なEKOSがEKOS SEになりシルバーになったのが、外観から伺える唯一の変更点である。しかし、中身はがらっと変わった。

 「アナログを聴いているという感覚が希薄である・・・」というのが、LP-12 SE 09を聴いていて感じるところ。

 確かにレコードをかけていて、針音やサーフェスノイズがスピーカーからは聴こえる。しかし、楽音は揺らぎがなくすっくと立っている。その立ち姿が従前のアナログ的な音の質感と違う感じなのである。

 デジタルの音とも違うのであるが、従前のアナログの音とも違う。独特の立ち姿である。LP-12のノーマルバージョンが持っていたものの何かが失われてしまった可能性は高いのであるが、得たものの方が多いようである。

 昨日は日本のプロゴルフにとってはとても重要な日でもあった。特に女子ゴルフの賞金女王争いは熾烈をきわめ、最終戦の最終日で劇的な展開を迎えていたのである。

 しかし、昨日はLP-12のサスペンションの調整作業が行われた。リコーカップのテレビ観戦は難しいかと思われた。が、その作業はリスニングルームではなくリビングルームで行われた。そのため、音を出さずにテレビをON。

 LP-12のサスペンション調整作業を見守りながら、横目でゴルフ観戦。ゴルフは音声がなくともその展開は凄くよく分かる。横峯さくらが首位に並び、そして逆転優勝と賞金女王を手にする経過が見てとれた。
 
 LP-12の調整作業も気になるが、ゴルフも気になる。右を見ながら左を見る。また右を見るといった具合でなかなか忙しかった。

 内心横峯さくらを応援していたので、昨日の劇的な急展開には心ときめいた。横峯さくらはけっして美人ではないが、どこかしら親しみやすさが感じられて好印象。その独特なフォームも個性的である。

 一方諸見里しのぶは、なんとなく取り澄ましたようなところが鼻についてしまう。ついつい横峯さくらの方に肩入れしてしまうのである。

 昨日の結果には大満足。それにしてもシナリオライターが書いたとしか思えない劇的展開の末での結末・・・できすぎな感がないではない。LP-12 SE 09と同じである。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ