2009/11/27

1353:彦摩呂  

 彦摩呂はグルメレポーターとして独自の地位を築いている。しかし、その仕事故か恐ろしく太った。まさにはち切れんばかり、パンパンである。針でつついたら、7回裏の甲子園球場の夜空を「ピュ〜ン」と甲高い音を立てて、飛び回りそうな感じである。

 彦摩呂の決めぜりふは「まるで○○の○○や〜!」と、独特の関西風のイントネーションでいう比喩である。

 「もつ鍋界の世紀末覇王や〜!」「納豆のテーマパークや〜!」などなど、その決めぜりふはユニークなものが多い。

 今日はストラビンスキーの「春の祭典」をCDで聴いた。演奏はワレリー・ゲルギエフ指揮 キーロフ歌劇場管弦楽団である。

 ゲルギエフの風貌は一種野生的である。いかにもダイナミックで力強い演奏をするような印象を受ける。

 そして、このストラビンスキーの春の祭典はっそういった点では一番向いているような気がするのである。その音楽は前衛的であるとともに、複雑なリズムが折り重なり、不協和音が咆哮し錯綜する原始的で呪術的な印象すら受ける。

 ゲルギエフはその根元的な不気味なまでのエネルギーの噴出を見事にみせてくれる。このCDを彦摩呂が聴いたならば、なんと喩えるであろうか?

 「クラシック界のレッド・ツェッペリンや〜!」とでも言うのかもしれない。ゲルギエフは確かに髪を長髪にし、ギターを持たせればハードロックバンドで演奏していても違和感がないような風貌をしているのである。

 我が家にはもう一枚「春の祭典」のCDがある。エサ=ペッカ・サロネン指揮ロサンジェルス・フィルハーモニックの演奏のものである。

 こちらはゲルギエフ盤とは好対照な印象を受ける。「春の祭典」がきわめて理知的にきっちりとした構成を保ちながら演奏される。一言で言うと「クール」・・・決して悪い意味ではない。

 こちらはこちらですばらしい。「ホット」VS「クール」といった構図であるが、指揮者の風貌と演奏から受ける印象がこれほど一致するケースも珍しい。

 「人は見かけによらない・・・」と言われることが多いが、この2枚のCDを聴いて、そしてその指揮者の風貌を写真で確認すると「演奏は見かけ通りかも・・・」といった印象を持つのである。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ