音楽データのサルベージ作業は・・・  Mac

前回のおさらい。メインのiMacの音楽ファイルを丸々消してしまったバカことタカオ。なるべくそれらのファイルを違うデータで上書きしてしまわない為に、昔使っていたiBookを引っ張りだしてきてiMacを覗いてみたわけです。Photorecというソフトを使ってデータのサルベージ作業を開始しました。

一晩かけて、4000ほどのファイルが見つかったことは見つかりました。ただし、ディレクトリ情報との関連付けがされていないわけで、それらは16進数のファイル名の付いた何やらわけの分からないデータでしかなかったのです。iTunesに放り込んでみてもタイトルは16進数の羅列。それら全てを再生してタイトルを調べることなんて、お金をもらってもしたくありません。というわけで、データ復旧はあきらめました。以上! 過去は振り返らねーんだよ!

負ける!やめる!あきらめる!  希望を捨てたら幸せが見えてきた
P・ピアソール
光文社
売り上げランキング: 389264

iTunesのデータ全消去  Mac

俺の10年を取り戻すために悪戦苦闘中ですよ。

というのも、Macの調子が悪くなったからアップル標準のバックアップツールTime Machineを使って数日前のシステムに戻したわけです。そしたらiTunesのデータ(音楽ファイル9000曲分)がまるまる消えました! なぜって? そりゃ、バックアップしてなかったからですよorz

内蔵HDDが320GBなのにバックアップ用の外付けHDDが250GBってのがそもそもの間違いでした。当たり前のことながら全部はバックアップできないので、一番大きいミュージックフォルダをバックアップの対象外にしていたわけです。そのことを忘れていて、まるまるバックアップしていたシステムに戻してしまいましたorz 今になって思えば、むしろ何を差し置いてもそのフォルダだけはバックアップしておくべきでした。うちのMacの中に、音楽データよりも重要なファイルなんてよく考えたらなかったわ。

iTunesが世に出たのが2001年1月。それ以来の付き合いですから、もう8年半ですね。8年半分の音楽データがそこには詰まっていたわけです。それが一瞬にしてパァ。うちにあるCDはほとんど取り込んでないので、ほぼデータとしてだけの存在でした。復帰させるのはほぼ不可能じゃんorz 売ってない音源も結構あったのになぁ・・・。
と、一晩落ち込んでいました。とはいえ、ひょっとしたらと思ってファイルサルベージの体験版を試してみたところ、8000ファイル以上の音楽ファイルが見つかりました。ほとんどすべて見つかったのです。とはいえ、この体験版では見つけることはできても復帰することはできません。復帰させるためにはファイルサルベージのライセンスを取得しなくてはいけないわけで。8000円以上する訳ですが、8年半を8000円で取り戻せるのならばありかもしれませんよね。

しかし未だに定額給付金が給付されないタカオ家では、8000円はけして「はした金」ではありません。
その後、持て得るスキルを駆使し(「ググる」ともいう)、コマンドラインで使用できるフリーソフトを見つけました。とはいえ、基本的にMacやWinなどのGUIでしかコンピュータを触ったことのないボクですから、コマンドラインは見るだけで拒絶反応が出ます。しかし今回はそうも言っていられません。可能性があるのならば何だって試してみなければ。

というわけで、Photorecというアプリケーションでファイルの復帰を試みています。現在進行形です。
GIGAZINEにわかりやすく解説されていました。

コマンドを実行した当初は、残り時間1200時間でしたw とはいえ、こういう表示はあてになるようでなりませんよね。その後ぐんぐんと時間は減り、今では残り時間44時間です。ただし、この数字はちょっとリアルっぽくて、さっきからほとんど動いていません。ということは、終了時刻はあさっての昼かぁ。

ちなみこのエントリは、以前に使っていたiBookから書いています。もちろんサルベージ作業もこのiBookから行っています。5年前のマシンですが、意外とサクサク動いていますよ。

そんなわけで、続報はあさって以降になりそうです。

iMote その2  Mac

iMoteに関する前回のエントリ
ショートカットを知らないと環境設定すら開けない仕様はさっさとどうにかした方がいいような気がするのですが・・・。
と書いたのですが、今回のアップデートで対応してくれたようです。公式サイトはこちらからどうぞ。

ただし今回のアップデートでちょっと不具合があるようで、下の画像のマイレートの横のポップアップメニューには本来は1〜5個の星が並んでいるはずなのですが、表示されていませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

他のアプリケーションで作業中でもここからiTunesの曲のマイレートを変えられるという機能です。ボクは使っていませんけどね。
ちなみに1番下が星5つです。見えないだけで、機能しているようです。

不具合とはいえ、機能拡張をショートカットでしか開けない前バージョンよりは全然マシですけれどね。

追記:Macを再起動したら、いつの間にか直っていましたw なんだったんだろうか。ちなみに今はバージョン1.3.1になっているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

iTunes 8.2  Mac

iTunesのバージョンが8.2になりましたね。しかしながらイコライザの問題は解消されず。フィードバック数が足りないのか? 1人で何度もフィードバックしてもいいのか? なんにせよ、早いとこ対応してもらいたいものです。

ちなみに今回のアップデートの詳細はまだアップルのサイトにも載っていませんが、今夏に登場予定のiPhone OS 3.0に対応したものだそうです。

そういえば5月末までだったiPhone for everybody.キャンペーンが9月末までに延長になりましたね。5月末の時点でauから乗り換えるつもり満々だったのですが、違約金がまだまだ1万5000円以上かかってしまうのであきらめました。9月末でもまだ1万以上かかるし、結局満期を待つことになりそうです。

iMote  Mac

家に居る時は基本的にiTunesで音楽を流しっぱなしなのですが、その際に便利なアプリケーションにiMoteというものがあります。どんな作業をしていようとも、ショートカットやメニューバーからiTunesを操作できるというものです。

最近のMacならばファンクションキーにデフォルトで再生、1曲戻る、1曲進む機能は割り振られているので、iMoteのショートカットをあまり使うこともなくなってしまいましたが、曲が変わった時に画面下に表示されるフローターが便利でかっこいいのでiBook G4(MacOS 10.3)の頃から引き継いでそのまま使っています。
ただし、MacOS 10.5ではメニューバーからの操作が出来ません。というか、そもそもアイコンが表示されません。サポートのページにも
Leopard Users:

iMote is not yet fully compatible with Leopard. The music note menu bar item does not display, but the floater is still fully functional. The iMote preferences can be accessed using the key-combo Apple-Option-, (default key-combo). The Leopard version of iMote will be available shortly.
と書かれたまましばらく経つようです。

ようするに、メニューバーは使えないけどフローター機能は使えるよ。"command + option + ,"で環境設定画面を開くことができるよ、ということでしょう。

ショートカットを知らないと環境設定すら開けない仕様はさっさとどうにかした方がいいような気がするのですが・・・。環境設定を開こうと思ってショートカットを色々試していたらディスプレイの表示がやたら拡大されたりして焦ったのはボクだけじゃないはず(笑)

GarageBand + Mac音ナナ  Mac

Mac音ナナを購入してから、ニコニコ動画関連動画を見まくっています。購入した日はまだ数えるほどしかなかったのですが、毎日のように新しい動画がアップされていますね。早くボクも何か作品を作らなくては。

WindowsでUTAUを使ってナナを弄っている人も割りと居るようですが、せっかくだから GarageBand + Mac音ナナ の組み合わせでなんとかしたいものです。
というわけで参考にしたのがこの2つです。





1トラックを1つの音程として、曲で使用する全ての音程分のトラックを用意するというやり方です。言葉にするとなんのこっちゃ?なのですが、やってみたら意外と簡単でした。
一般的なGarageBandの使い方のように1トラックにメインメロディを全て詰め込むと、見た目はシンプルですが 歌を歌わせる上での細かい調整ができません。ちなみにこの調整のことをボーカロイド界では調声と言うようです。

1トラックにメロディを全て乗せた例はこちらの動画が参考になります。

YouTube - Mac音ナナ(まくねなな)

ちなみにこの動画ではMac音ナナそのものを分かり易く紹介しているので、興味がある人はまずはこの動画を見るといいですよ。

さて次回、作品を公開します!

iTunes 8.1でイコライザに関する不具合  Mac

いつからの不具合だったのか分かりませんが、先ほどiTunesのイコライザプリセットに関する不具合を見つけました。条件はこんな感じです。
  1. iTunesでアプリケーション本体のイコライザを任意の設定(例 「Dance」)にします。
  2. 曲ごとのイコライザプリセットは基本的に「なし」にします。
  3. 任意の曲のオプションで、1で選んだ以外のイコライザをプリセットします。(例 「Piano」)
すると、その曲の再生以降、その曲にプリセットされたイコライザが本体の設定になってしまいます。
上の例で言うと、通常ならば「Dance」で曲を再生していたiTunesは、3の曲だけを「Piano」で再生します。しかし、現状のバージョンでは3の曲以降、全ての曲が「Piano」で再生されます。
ちなみにプリセットが書き換わるわけではありません。

MacのOSは10.5.6、iTunesのバージョンは8.1.1(10)です。
iPodが繋がっていてもいなくても症状は同じです。

そんな感じで、初めてアップルにフィードバックしてみました。不具合が修正されたバージョンが早くアップデートされるといいなぁ。というか、されないと困ります。

追記(2009/05/15)
「拝啓 アップル様」にて取り上げていただきました。ありがとうございます。
同じ意見をお持ちの方は、是非ともアップルにフィードバックして下さい。その際、「拝啓 アップル様」の該当記事をコピーしてかまわないそうです。
※追記が遅くなりましたが、05/01に取り上げていただきました。

追記(2010/03/25)
今更感がありますが、iTunes9になった時にこの問題は解決しております。

Mac音ナナを買ってみました  Mac

Mac用の音声素材集「Mac音ナナ(まくねなな)」を買いました。名前から分かるように、かなり初音ミクを意識しています。

元々Mac Fan誌上で声優の池澤春菜さんがMac用にもボーカロイドがあったらいいよねと言ったことから始まったお遊び企画だったのですが、いつの間にか本気で音声素材を録り始め、気がついたら発売していたという音声素材集です。Reason 4用ReFill集は2,980円。GarageBand用AIFFデータ集の「Mac音ナナ Petit(プチ)」は、なんと980円! ちなみにボクが買ったのはプチの方です。

act2のダウンロードページはこちら

とはいえただの音声素材なので、これだけだと「あー」とか「うー」としか言いません。GarageBandを駆使して、いかに歌わせるかというところが腕の見せ所ですね。

GarageBandは、起動したことこそあるものの まともに曲を作ったことなどありません。まずはGarageBandの使い方から試行錯誤しながら遊んでみましょうかね。
そういえばうちにGarageBandのマニュアル本があったはずなんだけど・・・。

Play the GarageBand―Macでカッコイイ音楽を創ろう
Play the GarageBand
posted with amazlet at 09.04.15
秋山 公良
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 306426




AutoPage最新お知らせ