王道の狗  アニメ・漫画

唐突ですが、漫画を紹介します。安彦良和氏の「王道の狗(いぬ)」です。

王道の狗 (1) (JETS COMICS (4221))
安彦 良和
白泉社

ミスターマガジンKC版(講談社)とJETS COMICS版(白泉社)がありますが、今読むならJETS COMICS版がいいと思います。というのも、ボクもJETS COMICS版4巻のあとがきを読んで知ったのですが、連載していたミスターマガジンが廃刊になるということで連載後半はかなり駆け足で物語を詰め込んだらしいのです。それを白泉社から再販するにあたり、かなり加筆させてもらったのだとか。

「王道の狗」は、日清戦争前後の日本と周辺諸国を舞台にした物語です。史実に基づいてはいますが、ストーリーテラーとしての主人公・加納の存在はフィクションであり、安彦氏の独自の解釈を多分に含んでいると思われます。
フィクションとはいえ、勝海舟や孫文など実在の人物と加納とのやり取りが、歴史好きには堪らないものがあります。

戦争漫画というよりは戦争を画策する政界の人々と、裏の人間でありながら表に立って行動する加納を描いた大河ドラマと言えます。政治の話は少し難しいのですが、加納の成長物語としてはとても楽しめました。

そして1番面白かったのは、前述の4巻のあとがきです。
かつて安彦氏は「虹色のトロツキー」という歴史漫画を描いていました。その作品がある日のBSマンガ夜話で取り上げられたらしいのです。その時にいしかわじゅん氏に酷評をかったことに対して、このあとがきで反論しているのです。
いしかわ氏は、安彦さんは動きの描けない漫画家だと言ったのだそうです。しかしボクがこれまで読んできた安彦氏の漫画は、気持ちが悪いほど動きの見える漫画に思えました。コマ割りに気を遣い、吹き出しからは今にも声が聞こえてきそうなのです。ああ、これがアニメーターの描く漫画なんだなと感心したものです。
安彦氏も元アニメーターとしての自負があり、動きが描けないと言われたことに対して少なからず怒りを覚えたようです。それを自分の作品のあとがきに掲載してしまうのは、なんともかわいらしいですね。大人げないとも言えますが(笑) しかしこのあとがきを読んで、これまでよりさらに安彦良和が好きになりました。

ちなみに2005年に書かれたあとがきです。明治時代を描いた「王道の狗」と昭和10年代を描いた「虹色のトロツキー」。それらの中間に位置する作品を描いてみたいのだけれど、面倒な長い仕事やらを抱えてしまって描けないのだとか(笑) 某ガンダム雑誌の某漫画のことですね(笑) あれも壮大な大河ドラマだからなぁ。

とはいえ、ガンダムで漫画家人生を終えて欲しくはないなと思っていたので、ガンダム以降の氏の活躍にも期待しています。

BILLY BAT  アニメ・漫画

週刊モーニングで先週から始まった漫画がヤバいです。「20世紀少年」や「MONSTER」の作者、浦沢直樹氏がアメコミ風の漫画を連載開始したのです。その名も「BILLY BAT」。

第1話である先週掲載分は、エピソードを通して主人公ビリーを紹介していきます。コウモリのビリーは探偵です。アメリカのダウンタウンで毎日くだらない依頼を受けていて、仕事とはいえいい加減うんざり。今回の依頼はまたも浮気調査。やれやれだぜ。
そんな始まり。

絵もストーリーも浦沢直樹らしからぬ感じで、今回の連載は正直イマイチだなぁなんて思っていました。

そして今週の第2話。タイトルページをめくると「ケヴィン・ヤマガタ」という人物のプロフィールが。どうやらその人物は元祖「BILLY BAT」の作者で、その作品を浦沢さんがリメイクしたようです。バットマンやスパイダーマンのようにアメリカでは人気の漫画だったようですが、日本ではまったく知られていませんよね。随分と古い漫画を引っ張りだしてきたなぁ。まるでノラクロの様な絵だし。

それはさておき前回の続き。
ただの浮気調査のはずが、ソ連のスパイが絡んできて大変なことに・・・。と、ここで漫画の途中から絵がいきなり下書きのままの原稿になりました。まるで「HUNTER x HUNTER」や「BASTARD!!」の様に。しかしそれらと違っていたのは、その下書きを描いている人物の右手も描かれていた点です。そうなんです。1.5話かけて描かれてきたその漫画を描いている人物こそが本当の主人公、ケヴィン・ヤマガタだったのです。

いやぁ、久々にやられました。週刊、月刊問わず相当数の漫画を読んでいますが、こんなにも続きが楽しみな連載は久しぶりです。1部の頃の「デスノート」以来ですね。

単行本になる頃にはこのギミックもネタバレしているだろうし、連載でこの2話を読めたのは幸せでした。

ソウルイーターの公式サイトを占拠したのは  アニメ・漫画

Package Bomb!!のツアー中にテレビから離れて生活していたせいもあり、ツアー後はアニメやらドラマを見まくっています。

今回はその中からソウルイーターのお話です。
今日の放送で、伝説の剣エクスカリバーが出てきました。ちなみにこのアニメ、武器が擬人化するのです。いや、むしろ人が武器化するのかな?
とにかく、武器自体がキャラクターなのです。
で、エクスカリバーは武器でありキャラであるのですが、今回限りのゲストキャラなのかと思いきや公式サイトを占拠しちゃってました(笑)
今回限りだからこそ?

トップページ(※)はもちろん、ニュース、スタッフ・キャストのページ(※)にデカデカと登場したかと思えば、キャラクターページ(※)のキャラクター一覧はすべてエクスカリバーでした(笑)
※リンクはアーカイブです(2008/06/02/20:00)

原作のコミックは読んでいないので、アニメの展開に一喜一憂しながら楽しませてもらっていますよ。

ソウルイーター SOUL.1【予約先着特典:絵コンテ付】
メディアファクトリー (2008-08-22)
売り上げランキング: 100


ぼく、オタリーマン。  アニメ・漫画

お気に入りの漫画の3巻が発売されました。

ぼく、オタリーマン。3
よしたに
中経出版
売り上げランキング: 426

この作品は、オタクなサラリーマンよしたに氏のエッセイ4コマ漫画です。たまに4コマではないストーリー漫画も掲載されていますが、基本的にはSE(システムエンジニア)としてのネタ4コマ漫画です。

amazonのレビューなどを見ると割と皆さん辛口な意見が多いのですが、個人的にはとてもツボな漫画なのです。というのも、よしたに氏の境遇がボクの友人N(以下、nif○x)にそっくりなのです。

1巻を読んだ後、「ひょっとして漫画とか出してないよな?」って聞いちゃいましたもの(笑)
もちろん違ったわけですが、この漫画を読んだnif○xですら「俺が書いたのかと思った」と言ってしまったわけですからね。

1巻が相当面白かったので、2巻は期待しすぎてしまったあまり、実はいまいちでした。
ところが3巻では、元々は個人サイトで日記漫画を書いていた作者が漫画を出版するに至った経緯なども分かり、また楽しんで読めました。

amazonの商品ページで数ページのサンプルが読めるのですが、1巻の商品ページではなんとamazonだけの書き下ろしが読めてしまいます!

天元突破グレンラガン  アニメ・漫画

先日最終回を迎えたアニメ「天元突破グレンラガン」ですが、非常に面白かったので記しておきたいと思います。

天元突破グレンラガン1 (通常版)
アニプレックス (2007/07/25)
売り上げランキング: 337

ガイナックスのアニメ作品ということで、放送前から話題になっていましたよね。エヴァンゲリオンを本放送の頃に見ていたボクですから、ガイナックスのロボットアニメということでやはり注目していました。

人類が地中に穴を掘って住んでいるという設定から始まり、地上を夢見る主人公シモンとその兄貴分が地上に出るところから物語は始まります。敵を倒し、平和が訪れ、新たな敵が現れ、かつての敵が仲間になり・・・とにかく怒濤の展開でした。ドラゴンボールをはじめとするジャンプ漫画的なストーリーといえば分かりやすいでしょうか。

とにかく展開の速いストーリーでした。全27話を4部に分けた構成でしたが、あれだけの内容をよくまとめたなぁと感心してしまいます。3部が始まった時には違うアニメが始まったのかと思うほどの急展開でした(笑)
最近のアニメではお約束の「まとめの回」も1回だけありましたが、それも含めて先の展開が気になる構成で、最終回まで飽きること無く見続けられました。
テレビ東京ではさっそく再放送も開始されているので、是非見てみてください。

ちなみに主題歌を歌うのはしょこたんこと中川翔子。いやぁ、彼女をなめてましたよボクは。ただのオタクのアイドルかと思っていたのですが、歌がメチャメチャうまい! 絵がうまいのは知っていましたが、とにかく多才ですね。おバカな女の子が覚えたての言葉を使いまくって「どん欲、どん欲」言っているのかと思っていましたが、マジで何事にもどん欲に取り組んでいるようで感心してしまいました。
はっきり言って、すでにファンです(笑)

空色デイズ(DVD付)
空色デイズ(DVD付)
posted with amazlet on 07.10.05
中川翔子
ソニーレコード (2007/06/27)
売り上げランキング: 696

漫画検定 中級  アニメ・漫画

以前に初級を受けた漫画検定ですが、今回は中級を受けてみました。

我が家のMacから、漫画検定を配信している毎日新聞社のサイトになぜかログイン出来なかった為に遅くなってしまいましたが、昨年の12月には配信されていた検定です。友人のbonjoviも1月に受けています。50問中40問正解で合格のようですが、ちなみにbonjoviは不合格だったようです。

で、早速受けてみました。中々難しい問題が並んでいますが、これくらいなら合格出来るだろうと思っていたのですが・・・不合格でした(笑)
50問中26問しか正解することが出来ず、合格にはほど遠い点数でしたorz
初級に合格した時
次はもう少し骨のある問題が期待出来るかな?
なんて偉そうなことを言っていたわけですが、お恥ずかしい限りです(笑)

実は既に上級も配信されているのですが、中級に合格しないと上級を受けることが出来ません。どうしても上級を受けたくなったら、調べながらでも中級に合格すれば良いわけです。しかしそこまでしたところで今のボクでは上級のレベルに達していないのは明らかなので、今のところ受ける予定はありません。まあ、そのうち気が向いたら受けてみるかも知れませんけど。

「働きマン」がアニメ化  アニメ・漫画

今週の「週刊モーニング」に告知記事が載っていましたが、安野モヨコさんの漫画「働きマン」がアニメ化されるようです。ITmedia +D Gamesによると
安野モヨコさん原作の「働きマン」(週刊モーニング連載中)が、深夜「ノイタミナ−NOITAMINA−」枠でアニメ化されることが決定した。

 働きマンは週刊「JIDAI」編集部の女性編集者、松方弘子が主人公。すさまじい勢いで仕事に没頭する彼女のニックネームは人呼んで「働きマン」。仕事人間の松方だけでなく、松方のまわりで働くさまざまなタイプの人達の視線を通して「働くとは何か」を問いかけながら、物語が紡がれていく。
「ノイタミナ」とはフジテレビの深夜のアニメ枠で、現在は「ハチミツとクローバーII」が放送されています。従来のアニメの常識を覆し「連ドラのようなアニメ」をコンセプトに、「ANIMATION」を逆さ読みして「ノイタミナ」らしいです。

「ノイタミナ」第1弾の「ハチミツとクローバー」は原作の世界観を忠実に再現しつつ、アニメならではのテンポでストーリーを追った作品だったようです。ボクは原作は読んでいないのですが、このアニメではリアルに泣いたり笑ったりしながら楽しみました。甘酸っぱい青春時代を思い出したりしながらね(笑)

という「ノイタミナ」枠でのアニメ化であるというだけでなく、原作の「働きマン」は週刊連載で読んでも単行本で読んでも面白いので、どのようにアニメ化されるのか期待してしまいますね。

 

チョッパー復活  アニメ・漫画

アニメのワンピースでチョッパーの声優さんが一時的に交代になっていたのは以前お伝えしたのですが、昨日の放送から大谷育江さんが復帰したようです。代わりを務めていた伊倉さんには申し訳ないけど、やっぱりチョッパーの声は大谷さんに限りますね。

リンク:アニメ「ワンピース」公式サイト

追記:オープニングとエンディング曲も変わり、いよいよ「エニエス・ロビー編」スタートですね。とはいえ、数話後にはロビンの過去の回想が数話に渡るものと思われます。
ところで、エンディングで視聴者が書いたワンピメンバーの似顔絵コーナーみたいのが始まり、なんかNHKのアニメみたいだと思ったのはボクだけではないはず。




AutoPage最新お知らせ