架空請求にご用心  

exciteニュースによると、パソコン利用者にメールで料金支払いを求める架空・不当請求が昨年10月以降激増しているそうです。

架空請求とは違うのですが、僕のパソコンにも迷惑メールが来ます。ちなみに昨日は44件の迷惑メールが来てました(笑) もう笑うしかありません。
僕に来るメールは8割が英語の迷惑メールです。内容は読んでないのでよくわかりません。残りの1割は出会い系サイトの勧誘です。このメールに返信したりしたら登録されて、請求が来るんでしょうね。
つまり、僕が必要としてるメールは残りの1割なんですよ。全部で50件近く来るメールの中からホントに必要な5件を見つけ出す。これが毎日の日課です(笑)
とはいえ、この作業もiMacにしてからは随分と楽になりました。

迷惑メールは、僕のケータイにも沢山来ます。こっちはあからさまに架空・不当請求メールです。最近は「仮登録されているので退会処理して下さい」ってのが流行ってるみたいです。どこもかしこも仮登録。もちろん仮登録すらした覚えは無いから無視してるんですけど、ほっといたら登録されちゃう仮登録なんて聞いたこと無いですよ(笑) 

この手のメールは基本的に無視してればいいんですけど、去年は裁判所から通知書が届くという新手の架空請求も流行りましたよね。もしこれが来たら、無視してはいけないそうです。詳しくはこちらを見て下さい。
で、今度はそれをさらに悪用したメールまで届く始末。書面で来るはずの督促がメールで来るのです。しかも相手はケータイのアドレス。もう、笑っちゃいますね。最初は焦りましたけど(笑)

怖くなってお金を払っちゃう人がいるから無くならないんですよね、この手の詐欺は。ちなみに僕の知人でも二人ほど払っちゃった人がいます。身に覚えがあるって怖いですねぇ。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ