救命病棟24時  TV・映画

火曜夜9時からのドラマ「救命病棟24時」。昨日が第2回目の放送でした。シリーズとしては3作目の本作は、東京都を直下型の地震が襲うという非常時の医療現場の状況をドラマ化したもののようです。
物語はまだプロローグといった感じですが、第2回にして早くもハンカチが必要でした(笑) 現実にあり得る話なので、面白いと言ったら語弊があるかも知れませんがとても良く出来たドラマだと思いました。

第2回目の今回、非常時に冷静でいられる人は少ないものだということを思い知らされました。災害時はみんなが被害者であるということ。自分ばかりが被害に遭ったと言って大騒ぎしていては、もっと困っている人たちを見殺しにもしかねないということです。

大筋はシリアスで重い話ですが、随所に笑い(大泉担当)もちりばめられていて、エンターテイメントとしても楽しめるものとなっています。公式HPもよく出来ているので、途中からの人もサイトをチェックして、ドラマを見ることをおすすめします。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ