H2〜君といた日々  TV・映画

昨日からドラマ「H2〜君といた日々」が始まりましたね。原作は「タッチ」でおなじみのあだち充先生。あだち先生の作品は結構好きで、先日も「いつも美空」を全巻揃えたところです。

あだち作品は独特の「間」が作品の良さだと思うのです。それはマンガだからこその良さであって、実写ドラマにしたらあの良さは出ないだろうなと思っていたら、やっぱりイマイチでした(笑) 主演の山田孝之君も石原さとみちゃんも独特の「間」を持った俳優さんだけれど、あだち作品の持つ「間」とはちょっと違うんだよなぁ。

でも、木根君はしかいないと思っていましたよ(笑) ハマり役です。ウォーターボーイズに出てた頃は長髪だったのになぁ。それだけ残念です。

とは言いつつも、せっかくなのでしばらく見てみようと思いますが、第一回は突っ込みどころ満載でした。あのシャラポワは何者なのか。木根も比呂も投球時に変な早送りの処理がされてて、明らかに変な投球フォームに見える。比呂のお母さんの趣味が不思議。野田が痩せてる。というわけで、第二回はどうなるのでしょう。

しかし、夏の甲子園の時期でもないし、原作のマンガは6年前に終わった作品だし、何でこの時期にドラマ化したのでしょうか?さすがに恐れ多くて「タッチ」には手を出せなかったのかなと思ったらこの秋に映画が公開されるじゃないですか!(笑) 今年の小学館はマンガを実写化するのが流行っているみたいですね(笑)



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ