七夕ソニック  音楽

七夕のイベントに参加したのは小学生以来です。というわけで今年の七夕は、さいたまスーパーアリーナで過ごしましたよ。菅野よう子さん率いるSEATBELTSのライブ「七夕ソニック」に友人のnifexと共に参加してきました。

SEATBELTSや菅野さんの楽曲に関しては初心者なボクでしたが、菅野さんのアニメ音楽の集大成とも言える今回のライブには最新作であるマクロスFからシェリル役のMay'nちゃん、ランカ役のまめぐも出るというので、かなり楽しみにしていました。もちろん最大の目当ては(坂本)真綾ちゃんだったですが。

会場では物販に凄い行列。「今から並ばれると開演に間に合わない可能性があります」と言われたので物販は終演後に物色することにしました。

ライブはまず、菅野さんの関わったアニメの紹介VTRで幕を開けました。この時点で会場は大歓声。やはりカウボーイビバップと攻殻機動隊が人気のようでした。
そしてヒヨコ隊長の操縦する宇宙船がさいたまスーパーアリーナの天井をパカッと開けて着陸する映像(笑) そしてリアル天井から宇宙船のものと思われるサーチライトによって会場が照らされて本編スタートです。ナイス演出!

アリーナ席のお客さんがとても羨ましかったのですが、スタンド席ならではの楽しみもありました。上から見ると矢印の形に飛び出したステージ。そこを所狭しと駆け回る演者のみなさん。そのステージの下にバックバンドの方々のブースがあって、まるでミュージカルのようでした。
矢印の縦棒の部分の真ん中には赤いグランドピアノが鎮座し、基本的にそこが菅野さんの指定席でした。その周りを楽しそうに跳ね回るボーカルのみなさんがとても楽しそうなのが印象的でした。
そしてなんと言っても、ボーカルのみなさんの歌唱力はハンパなかったです。シェリルとランカがそこにいました。May'nちゃんのアクエリオン。真綾ちゃんはあらゆる楽曲でコーラスにも参加し、ここでしか見られないコラボを沢山観ることが出来ました。

菅野さんのキラッ☆。ピアノを弾いていたかと思ったら曲の途中で突然走り出し、メインステージの幕が開いた向こうにいたワルシャワフィルのオーケストラの指揮を始める菅野さん。二羽のヒヨコとコントをする菅野さん。最終的に本人もヒヨコに。そしてラストではオーケストラをバックにその歌声を披露する菅野さん。
菅野さんの集大成とも言える今回のライブは、菅野さんの、菅野さんによる、菅野さんの為のライブだったことは否定のしようがありません。思い出しただけでちょっと涙ぐんでしまうのは多分ボクだけではないはず。あの規模のライブはこの先しばらく無いとは思いますが、次回があるとすれば是非また参加したいです。
当日もアナウンスされていましたが、公式サイトによると次回公演は22世紀らしいです(笑) きっと今世紀の残りの年月は、宇宙の星々でのライブツアーなんでしょうね。次に地球に来る時はまた日本でやってほしいなぁ。

しかしこういうライブではサイリウムは必須ですね。持っていかなかったことがかなり悔やまれます。次回は是非持っていきたいと思います。生きていればね(笑)

ちなみに終演後、全ての物販は売り切れていましたorz

YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージ
YOKO KANNO SEATBELTS 他
flying DOG (2009-05-27)
売り上げランキング: 66



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ