ロックマン9 野望の復活!!  ゲーム

昨日からWiiWareでロックマンの新作「ロックマン9 野望の復活!!」が配信開始されました。「ロックマン8」から12年ぶりの新作ということでオヤジゲーマーの間では配信前から話題になっていましたが、ファミコン時代から今までちゃんとロックマンをやったことがなかったボクはあまり興味を持っていませんでした。

さて、Wiiには「みんなのニンテンドーチャンネル」というWiiでのみ見られる動画チャンネルがあります。そこに新しい配信動画として「ゲームセンターCX番外編」というタイトルがありました。ご存知、有野課長のあの番組ですね。その出張版として今回は「ロックマン9」に挑戦しているのです。
我が家はCSには加入していませんが、「ゲームセンターCX」はたまに地上波でやる特番やDVDで見ています。有野の挑戦は毎回楽しく見ているので、Wiiを所有している者としてはこの動画を見ないわけにはいかないですよね。ただこの時点ではまだ「ロックマン9」に対する興味はさほどありませんでした。

課長オーン、ということでゲームを始める有野課長。これまで課長は初代「ロックマン」と「2」をほぼクリアするところまでプレイしているようで、このゲームも勝手知ったる感じでプレイしていました。ただやはり上手すぎず下手すぎず、見ているこちらをハラハラさせる展開でして・・・。初代AD東島なんかも出てきて、動画コンテンツとして十分面白かったのもさることながら、見終わったときにはロックマン9の虜になっていました(笑)
いつもはオールドゲームをプレイしている課長ですが、今プレイしているのは新作ゲーム。課長のプレイしたこの面白そうなゲームが、わずか1000円で手に入るんだよなぁ。なんて考えると同時に、ボクの手はWiiリモコンを握っていました。手にしたWiiリモコンでそのままショッピングチャンネルへ行き、気づいたらロックマン9をダウンロードしていました。Wiiポイントが残っていたのが嬉しいやら悲しいやら。というか、カプコンと任天堂のプロモーションにまんまと引っかかってしまいました(笑)

そして人生初のロックマン。タカオオーン!

最初から8つのステージを選ぶことができるのはシリーズではおなじみらしく、どれに行ってもいいけどクリアしやすい順番というものがあるようです。ボスを倒すとそのボスの特技を覚えることができ、その特技を使って他のボスを倒すのだとか。
とりあえず何もわからないので、適当にステージを選んでプレイ開始。

ロックマンシリーズをプレイするのはほぼ初めてだったものの、やはりどこかで見たことはあるわけで。とにかく懐かしいゲーム画面がそこには広がっていました。とは言ってもこれは新作です。不思議な感覚ですね。同じくWiiWareの「スターソルジャーR」は今風のグラフィックになっていましたが、「ロックマン9」はグラフィックよりも内容で勝負したようです。ただしグラフィックに手を抜いたというわけでく、こだわった結果なのは明らかですよね。かつてドット職人だったグラフィッカーさんたちは作ってて楽しかっただろうなぁ。

そんな映像や音楽の懐かしい感じを楽しみつつ、いくつかのステージをプレイしてみました。しかしどのステージも一筋縄にはいかず、簡単にはクリアできません。そこでTwitterを覗いてみて、akindoh氏がまずクリアしたというギャラクシーマンのステージへ挑戦してみました。背景こそ宇宙ですが、そこはファミコン版「ドラえもん」の「開拓編」ステージのマンホールの中みたいな世界でした。分かるかなぁ?

何度も同じところでつまずき、そしてある時にそんなところでは全くつまずかないようになります。何度目かの挑戦でボスまでたどり着き、やはりとりあえず負けてしまいます。ここも何度も挑戦しているうちにボスの動きのパターンが分かってきて、最終的にはほとんどこちらはダメージを食らわずに倒すことができました。
何度もやり直しているうちにプレーヤー自身がうまくなっていく感覚。最近のぬるいゲームばかりプレイしていると忘れがちな感覚だけど、昔はこんなのばっかだったよなぁ。

時の経つのも忘れてプレイしていたら、ギャラクシーマン、マグママン、コンクリートマンの順番に3つのステージをクリアしていました。親指の付け根がパンパンです(笑)

今のところどのボスもロックバスター(初期装備)だけで倒せてしまったので、クリアする順番とかあんまり関係なかったのですけどね(笑)



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ