トロロッソと琢磨  F1

スーパーアグリの撤退とともにF1でのシートを失った佐藤琢磨ですが、先日のトロロッソのテストに参加したようです。Yahoo!スポーツ Formula 1によると
18日(木)、トロ・ロッソのテストに参加した佐藤琢磨。「テストのはじめは、空力のデータ集めを行いました。午前の終わりにタイム計測を始め、そこからマシンの本当のフィーリングをつかみ、走りを楽しむことができました。レッドブルとトロ・ロッソに、このすばらしい機会を与えてくれたことにとても感謝しています」と琢磨のコメントがトロ・ロッソから発表された。
先日優勝したばかりのマシンに乗ることができて、琢磨自身も久々のドライビングを楽しんだようです。

リンク先にはトロロッソのマシンに乗った佐藤琢磨が写っているのですが、マシンカラーとヘルメットの色が全く同じなんです。昔から使っているデザインのヘルメットなので、決して今回のために用意したデザインではないはずです。これはもう、トロロッソに乗るべくしてドライバー人生を送ってきたといっても過言ではないでしょう。いや、過言ですかね?(笑)

冗談はさておき、琢磨には是非ともまだ現役で頑張って欲しいので、これはうれしいニュースですね。すぐさま来期のシートが決定するということではないと思いますが、マシン開発能力もあり、本番での強さもある琢磨のようなドライバーはトロロッソには もってこいな気がします。

トーチュウ(東京中日スポーツ)の赤井邦彦さんのコラムの中で、これまでホンダの後押しでF1の世界にいた佐藤琢磨というドライバーが、初めて純粋にドライバーとしてのスキルを買われてドライビングした瞬間だというようなことを書いていました。
ホンダ自身がチームとして強くない今、ホンダに出戻ることは琢磨にとってもホンダにとってもあまり良いイメージではありませんよね。ホンダはホンダで、琢磨は琢磨で是非とも頑張ってもらいたいものです。

琢磨が始動し始めたことだし、またレースを観ようかと思ってきましたよ。我ながら現金なヤツです。
それに、次戦はF1始まって以来、初めてのナイトレースだということにも興味がありますしね。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ