島津の野望 その2  ゲーム

発売と同時にプレイしていた「信長の野望DS」。過去ログで探してみたら、島津の野望その1は2年も前なんですね(笑)

信長の野望DS
信長の野望DS
posted with amazlet at 08.09.07
コーエー (2006-04-27)
売り上げランキング: 3508

2年間ずーっとプレイしていた・・・なんてことはなく、2年間のブランクを経て再開しました。再開するきっかけとなったのは「信長の野望DS2」の発売です。

信長の野望DS 2
信長の野望DS 2
posted with amazlet at 08.09.07
コーエー (2008-07-31)
売り上げランキング: 216

信長の野望シリーズと同じくKOEIの歴史シミュレーションの看板タイトルである三国志シリーズはDSで既に2作発売されています。いつか出るのだろうと思いつつも結構待たされてしまった感のある「信長の野望DS2」ですが、プレイする前に大切なことを思い出しました。そーいえば前作をまだクリアしていないぞ(笑)

というわけで久々にソフトを起動してみると、そこには西日本を手中に治めた島津貴久がいました。九州→四国→中国地方と順調に侵略していった我が島津家。そして東日本に強大な勢力を誇る織田家。
京都を中心に2つの勢力がにらみを利かせている状態でした。そーいえば、のちの二条城となる室町御所をめぐって血で血を洗う争いを続けていたような気がします。

がしかし、その続きをプレイする気が全く起きず、結局始めからやり直すことにしました(笑)
何せ2年以上も昔のセーブデータですからね。

そして選んだのは北条氏康。周りには上杉謙信、武田信玄、今川義元などの強力な大名がいますが、そこは戦国時代で最大といわれる小田原城を居城にする北条家。その小田原城だけを頼りに天下統一に向けて歩みだすのですが、それはまた別のお話です。

で、結局 何のエントリだったのでしょうか(笑)
「信長の野望DS2」が発売されたけれどもボクはいまだに「信長の野望DS」を楽しんでいますよ、ということですね。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ