スーパーアグリ撤退  F1

数日前のニュースですが、2008年の第5戦トルコGPを前にして、スーパーアグリが撤退しました。

現在のF1では大手以外のプライベーターチームはやっていけないのでしょうね。ルノーやホンダなどのメーカーのチームが資金にものをいわせて開発して戦っている中で、スーパーアグリが頑張っていた姿は見ていて気持ちのいいものでした。決して強いチームではありませんでしたが、日本だけでなく海外にもファンが沢山いたようです。
今のF1には珍しく、応援し甲斐のあるチームでした。プロ野球でいうところの広島カープみたいなものでしょうか。

ジョーダンやミナルディなどが次々と買収されていく中、新たなチームとして2006年に登場したスーパーアグリ。グリッドに並んだだけで奇跡といわれた初年度。どう考えても最低限の戦力しかないチームながらポイントをゲットして年間9位になった2年目。
3年目の今年も相変わらず資金不足に悩んでいるようでしたが、まさか撤退するとは思っていませんでした。最終的にはホンダがなんとかしてくれるだろうと高を括っていましたが、本家ホンダが結果を残せないでいるのにスーパーアグリまで面倒見切れないということなのでしょうね。

F1でチームを持つという亜久里さんの夢は叶ったわけですが、佐藤琢磨にとってはまだまだドライバー人生に幕を下ろすには早すぎるように思います。本人も現役にこだわっているようですし、来年といわず今年後半からどこかのチームで活躍してもらいたいものです。移籍以来1ポイントも上げていないバリチェロなんてそろそろ見限ったらどうですか?ホンダさん。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ