今度の逆転は検事  ゲーム

逆転裁判の最新作が出るようです。いや、正確には逆転シリーズが新たな展開を見せるといった感じでしょうか。
その名も「逆転検事」ということで、今度の主人公は御剣検事だそうです。GAME Watchによると
「逆転検事」は、「逆転裁判」シリーズで成歩堂龍一(なるほどうりゅういち)のライバルとして登場した検事、御剣怜侍(みつるぎれいじ)を主人公に、弁護士ではなく検事の立場から事件の真相に迫るゲーム。法廷を中心に物語が展開した「逆転裁判」に対し、「逆転検事」では“事件現場”をメインにストーリーが進行する。
これまでの「逆転裁判」では、冤罪の被告人を主人公の弁護士が救うというのがお決まりのストーリーでした。裁判で逆転するから「逆転裁判」だったわけで、タイトルから「裁判」の文字が消え、法廷パートはメインじゃなくなるようですね。
公式サイトにはまだトップ画しかありませんが「検事は法廷で被告人を有罪にするために闘うもの。だが・・・私はそれだけがすべてだとは思わない。」とコピーにあるように、被告人がすべて有罪であるとは限らないということでしょうか。だとすると、方向性としてはこれまでのシリーズと変わらなそうですね。
しかし御剣検事に傘をさしてあげてる糸鋸刑事がなんとも微笑ましいですね。

DSというハードとアドベンチャーゲームは非常に相性がいいと思うのですが「逆転裁判」を遊んだ後だと他のアドベンチャーゲームでは何か物足りないのです。そろそろ「逆転裁判」がまたやりたいなと思っていたところでした。
過去の作品もすべて2100円で再販されるようなので、GBAで遊んだタイトルもこれを機にもう一度やってみようかな。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2008/4/27  15:07

 

昨日、車のディーラーでブレーキパッドの交換を待っている間、そばにあった朝日新聞を見ていたら逆転裁判シリーズの全面広告が目に飛び込んできた。広告内には平山あやがゲームのことや逆転裁判のことについて話しているインタビュー形式の記事も載っていた。
逆転裁判とは. 




AutoPage最新お知らせ