北米版「ドラクエ8」の発売は11月22日  ドラクエ

日本に遅れることちょうど1年で、北米版「ドラゴンクエスト8」が発売になります。ファミ通.comによると
米スクウェア・エニックスはプレイステーション2用ソフト『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』を北米で11月22日に発売することを発表した。また、このソフトにプレイステーション2用ソフト『ファイナルファンタジーXII』の体験版を同梱することも明らかにした。

 『ドラゴンクエストVIII』の北米版の名称は、『DRAGON QUEST VIII -JOURNEY OF THE CURSED KING-』。北米では、これまで『DRAGON WARRIOR』として展開してきたが、今回正式に商標を得て『DRAGON QUEST』の名称で発売されることになった。すでに販売店などで30万枚の体験版が配られてユーザーから好評を得ているとか。
既に配られているという体験版のレビューをこちらのサイトで見ることが出来ます。(海外サイトなので英語です:「The Good, The Bad, and The Ugly: Dragon Quest VIII Demo Edition」

稚拙な英語力を駆使しつつ読み取った点を幾つか挙げてみます。
 ・Voice追加
 ・新しいメニュー画面
 ・戦闘でもキャラクターグラフィックが表示される

そのサイトでは批判的に書かれている新しいメニュー画面ですが、たしかにドラクエらしくないのですがコレはコレで分かりやすくていいと思います。扱いにくいとの意見もあるようですが、それについては製品版で改良されていると思いたいですね。コレまで同様のメニュー画面も使えるようにしたら…逆にややこしいかな(笑)

また同サイトでキャラクターボイスを聞くことも出来るのですが…。どうなんでしょうねぇ、しゃべるドラクエって。全編フルボイスなのだとしたら新しいドラクエとして受け入れられそうですが、ここぞという時しかしゃべらないとなると、ドラクエ7のアニメーションシーンのような中途半端なモノになりそうです。

その他、噂の段階での変更点はPLAY ON NINE blogで見ることが出来ます。コスチューム追加はいいですね(笑)

確かにここまでの変更が加わるとなると、日本でも「ドラゴンクエスト8 インターナショナル」が発売になりそうですね。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2005/10/1  11:33

 



北米版ドラクエ8が、11月に発売されます。
何だか、日本版よりかっちょいいですねー。
英字フォントの方が、ファンタジー世界には合うなあ、と改めて思う。
公式サイトの作りも、ハリウッド映画風ですし。

ところで、日本ではこちらの記事が、注目を浴びていま... 




AutoPage最新お知らせ