RD-X6はエターナル  RD

東芝がDVDレコーダー「RDシリーズ」の新機種を発表しました。ITmedia +D LifeStyleによると
東芝は9月28日、DVDレコーダー「RDシリーズ」の新製品として、デジタルチューナー搭載の3機種を発表した。ハイエンドモデルの「Xシリーズ」にも「RD-X6」が登場。デジタルチューナーと2つのアナログチューナーを搭載し、アナ×アナW録とデジ×アナW録の両方に対応する。DLNAのサーバになる機能も備えた。
様々な機能は同サイトを見てもらうとして、特筆すべきは発表になった3機種の開発コードです。

ハイエンドモデルの「RD-X6」。開発コードは「Eternal」(エターナル)。
下位モデルは「RD-XD91」と「RD-XD71」の2機種。開発コードは「Impulse」(インパルス)と「Saviour」(セイバー)。

はい、もうお気づきの方も多いでしょう。どれもガンダムSEED DESTINYに出て来た機体名を開発コードにしているんですよね。開発者がガノタ(ガンダムオタク)なのではないかというのは以前から噂されていました。
東芝の「RD-H1」が発表になった時に、同じくITmedia +D LifeStyleの2005年2月15日の記事において「開発者ガノタ疑惑」を記事にしています。
東芝が発表した「RD-Z1」は、開発コードネームを「FREEDOM」という。「従来のRDシリーズのハードやソフトにとらわれず、最高のものを作る」という意味を込めたものらしいが、製品発表と同時に一つの憶測が、某編集部の一部マニアの間を駆けめぐった。

 「RD-X5」の開発コードネームは、たしか「ハイペリオン」だった。そして「RD-Z1」が「フリーダム」……これって、もしかして「機動戦士ガンダムSEED」 (C)創通エージェンシー・サンライズ・毎日放送? ユーラシア連邦の「ハイペリオンガンダム」と、続編にも登場して元主人公が乗ってる「フリーダムガンダム」なのか? もちろん、あくまで憶測である。

 とすると、次に出てくるのは……「イージス」か、「ストライク」か、「デュエル」か、「プロヴィデンス」か、「バスター」か、「ブリッツ」か、はたまた「ジャスティス」か。
まさか戦艦が来るとは、誰も予想しなかったでしょうね。というわけで、ガノタならRDシリーズを買え!



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ