両極端な話  音楽

昨日のエントリで、デイヴ・グロールがNIRVANAにおいて居場所を失いつつあったというような記事を紹介したのですが、今日はこんな記事を見つけました。BARKSによると
フー・ファイターズのフロントマン、デイヴ・グロウルが、ニルヴァーナの“楽しさ”を主張している。RateTheMusicによれば、カート・コバーンの自殺によって怒りに満ちたダークなバンドとイメージされがちだが、ロードでは笑いに満ちた日々を送ったと話している。

彼はニルヴァーナのツアーでは「笑いがあふれていた」とし、「バンドの終わり方が暗かったから、そういったイメージが今でも残っているが、正直言って、楽しいことばかりだった」と語った。
同じ人が語った内容とは思えませんね(笑) どちらにしろ今では存在しないバンドの事ですしカートも生きていないわけですから、真相は闇の中ですね。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ