草津国際スキー場 〜 大滝乃湯  

昨日は、今シーズン2回目、今年初のスノボに行ってきました。場所は草津国際スキー場。2年前に行って以来の2度目ですね。

朝の渋滞や宇都宮から草津までの道程をナメていて、着いたのは昼過ぎ。とはいえ、午前中はゲレンデの天気が悪かったようなのでこれはこれでありだったかな。

平日だったとはいえ、温泉街の脇にあるスキー場のくせに相変わらずの空きっぷりでした。リフトの待ち時間はなし。ゴンドラも基本的に相乗りなし。と、かなり好条件で楽しんできました。

2年前に初めて行った時に驚いた隣の山(白根山)からの滑走は、どうやら全長8キロらしいです。ジャンプ台やレールパークではなくて滑ること自体を楽しむボクとしては、コースが長ければ長いほど楽しいですね。
勢いを付けなければ途中で止まってしまう上り坂なんかもあるのですが、慣れればそれも余裕でクリアし、楽しいライディングでした。
長いリフトの途中では殺生石やら硫黄の匂いも楽しめましたしね(笑)

そしてせっかく草津まで来たのですから、帰りに温泉に入ってきました。前回は西の河原公園の露天風呂に入ったのですが、あそこは体を洗うスペースが無いのが不満でした。風呂自体は向こう側が見えないくらい広くて気持ちいいのですけどね。
というわけで今回は大滝乃湯へ。ここは以前にも友人と行ったことがあるのですが、湯加減がちょうど良くてお気に入りの温泉です。

出来ることならば泊まりで行きたいスキー場&温泉ですね。

シャンブル  音楽

改めて「シャンブル」の感想を書いてみましょうか。

シャンブル【初回生産限定盤】
ユニコーン
SMR(SME)(M) (2009-02-18)
売り上げランキング: 1

まずは1回聴いてみます。
相変わらず何でもありでまとまってないアルバムですね。でもそこがユニコーンらしいのでしょう。聴けば聴くほど味が出てきそうです。ファーストインプレッションで気になった曲は「キミトデカケタ」と「オッサンマーチ」ですね。良い曲というよりは、気になった曲ってことで(笑)

そして限定版に同梱されているDVDを見ました。シングルについていたヤツもね。
内容はレコーディング風景と、そこに至るまでのミーティングと称した飲み会。正直、このDVDのためだけにシングルもアルバムも買う価値ありです。
川西さんはジェット機をやっていただけあって、50歳とは思えない若さですね。knotlampのTシャツとか着ちゃってますし。対バンしたんだろうなぁ。

DVDを見たら、ボクもレコーディングがしたくなりました。ユニコーンの現場ならではの面白さは凄く伝わってきましたけど、レコーディング風景ってどこもあんなもんですよね。楽しい現場じゃ無いと楽しいアルバムは出来ませんし。

しかし河口湖スタジオのブースから見える屋外の自然はいいですね。あんな環境でレコーディングしてみたいなぁ。都会でレコーディングをしようとすると、防音の関係から地下スタジオとかが多いですもの。

そしてDVDを見た後に改めてアルバムを聴くとまた新たな楽しさがあります。EBIくんの「ガンガン飛ばして〜ぃ」とかテッシーの「WAO!」のサビのギターとか「オッサンマーチ」を歌わされてる様子とか阿部Bのトランペットとか・・・。
セカンドインプレッションとしては「ボルボレロ」と「BLACKTIGER」がお気に入りに追加されました。あ、どっちもEBIくんボーカルですね。

そんなこんなでDVDを見まくってアルバムを聴きまくってライブまでじっくり予習しておきたいと思います。ライブ当日、本物を見たら泣いちゃいそうですよ。

ちなみに16年前にユニコーンが解散するまでは、その他のバンドと同じくらい好きだけど、特別な存在ではありませんでした。学生時代にコピバンをやったこともありますが、それでもいくつかある好きなバンドの1つでした。
それなのに、今回の復活ではあり得ないくらいワクワクしています。仕事中ずっと口ずさんでいます。出演してるテレビ番組はほとんど録画しています。「HELLO」を演奏している映像では既に涙ぐんでいます。何がこんなにボクを惹き付けるのでしょうか。

マリオ&ルイージRPG3!!!  ゲーム

ここ数日、サルのように遊んだゲームです。DSを持ってる人はとりあえずやっとけ。

マリオ&ルイージRPG3!!!
マリオ&ルイージRPG3!!!
posted with amazlet at 09.02.20
任天堂 (2009-02-11)
売り上げランキング: 9

前作の続きかどうかは知りませんが、マリオシリーズのお約束としてピーチ姫を狙う大魔王クッパ。さらわれたピーチ姫を救いに行くマリオ。
今回もストーリーの導入部はそんな感じで始まります。しかしそこに第三者が介入して来て、ストーリーは予期せぬ展開になります。

今回はマリオとルイージを操作するパートの他に、クッパを操作するパートがあります。それぞれのキャラクターで出来るアクションが異なり、同じマップでも進めるルートが違ったり、どちらかのおかげでどちらかが進めるようになったりします。それら2つのパートを切り替えながらストーリーを進めていく面白さがこのゲームの肝と言えます。
例えばガンダムとザクのMS戦があるかと思えば、グフを下りたランバ・ラルがホワイトベース内部に白兵戦を仕掛けてくるような。違うか(笑)
例えば遠藤亜智のストーリーによって加納慎也に新たな選択肢が現れるような。これも違うか。ちなみに「428」の話です。

そしてRPGとは言いつつもかなりアクション要素の強いゲームで、ボス戦はもちろんのこと、ザコ戦も気が抜けません。
RPGなのでキャラクターにレベルの要素があるのはもちろんのことなのですが、このゲームではプレイヤー自身がレベルアップすることにより、ボス戦ですらダメージを食らわずに戦えるようになります。
しかもボクはほとんど装備を買わずにプレイしていたので、最終的には大量にお金が余ってしまいました。
逆に言えば、アクションが苦手な人でも装備を整えてコツコツ進めていけば難しいゲームではありません。概念としては最近の「悪魔城ドラキュラ」に近いかもしれませんね。

いわゆるコアゲーマーでもカジュアルゲーマーでも楽しめると思います。エビちゃんのCMに釣られて今作を買った、どんなユーザーでもクリアできるのではないでしょうか。

クッパの天然キャラに加えて、ルイージのお調子者っぷりにもかなり和まされました。最初はイライラしましたけど、慣れてくると逆にダメな弟のことが好きになっている自分に気がつきました。

一言では説明しづらいのですが、これまでの様々なゲームの色々な要素を詰め込んでマリオでまとめたようなゲームです。マリオの懐の広さと、この内容でこの値段であることに驚きました。
だまされたと思って買っとけ。

Wii Music  ゲーム

発売当初から気になっていたのですが、なかなかタイミングが合わなくてスルーしていたゲーム「Wii Music」。妹が買ったとの報告を受けていたので、正月の帰省時に一緒にやってみました。

Wii Music
Wii Music
posted with amazlet at 09.02.19
任天堂 (2008-10-16)
売り上げランキング: 435

このゲームは簡単に言ってしまえば、Wiiリモコンやヌンチャクを楽器に見立て、振ったり傾けたりボタンを押したりして楽器演奏ごっこをするゲームです。この「ごっこ」の部分を楽しめるかどうかで評価の分かれるゲームだと思います。

社長が訊く『Wii Music』Vol.1宮本茂編で、Wii Musicのプロデューサーである宮本さんが
音楽をテーマにしたゲームということになると、「譜面に合わせてボタンを押すゲーム」というのは、ゲームとしてはすごくよくできているけども、少なくともぼくの考える「音楽」というものをゲームにしたものではないなと思ってました。(中略)それで、ディレクターの戸高さんが『Wii Music』を従来の「音ゲー」とは違う方向で考えていると聞いたときに「それは、やれ! 絶対いいからやれ!」とことさら、あおったわけです。
宮本さんとは、もちろんマリオの生みの親の宮本さん。そして戸高さんは「どうぶつの森」のとたけけのモデルとなった人。
社長が訊く『Wii Music』Vol.2 開発スタッフ篇でその戸高さんは
最初のターニングポイントは譜面をなくしたことですね。画面から譜面の情報をなくして演奏したときに、ものすごく気持ちよかったんですよ。(中略)いろんな音楽ゲームをスタッフとやってたときに、ふたり同時プレイをやっても、お互いの音をまったく聞いてないっていうことに気づいたからなんです。
まさにこの部分が評価の分かれる部分だと思います。
これまでの音ゲーは上手く演奏することに重きが置かれていて、演奏終了後に評価、得点を競うゲームでした。Wii Musicでは演奏の善し悪しはプレーヤーにゆだねられています。良い演奏が出来たからご褒美がある、という従来のゲームのお約束は一切ありません。

Wii Musicではまず曲を選びます。そして演奏する楽器を選び、6つのパートの中の1人として合奏に参加します。1人でゲームをする時は残りの5つのパートをコンピューターが担当してくれるので、彼ら(コンピューター)がちゃんとしていればボク1人が適当にアドリブで演奏してもそれなりの音楽になります。
しかし、Wii Musicは実際に友達を集めて合奏してナンボのゲーム。正月も、妹や親戚ら4人で合奏しましたとも。みんなでワイワイ合奏するのはそれはそれは楽しかったのですが、4人が下手な演奏をした時には原曲がなんだか分からなくなってしまうのです(笑)
特にメインメロディとドラム(リズムパート)は大切で、それらが狂いだすと大変です。それが分かってからは、そのどちらかはボクが担当するようにしてなんとか曲としての体裁を保っていました。
初めて触ったゲームで接待プレイのホストをやらされたわけですが、そんなボクの苦労はあとの3人は分かってなかっただろうなぁ・・・。
そんなわけで、結果的にあまり楽しめていませんでした。

誰でも楽器を演奏した気分になれるゲームなのは確かですが、楽器の心得がある人に誘導してもらわないと楽しめないのではないでしょうか。
音楽が分かってる人が集まればこれほど面白いゲームは無いのかもしれません。お互いの駆け引きが楽しめるので。
つまり、人の演奏を聞く余裕がある人こそが楽しめるゲームなのではないかと思ってしまったわけです。

いや、もしかしたらそこまで考えなくても良かったのかな? デタラメな演奏をしていてもそれはそれでみんなは楽しかったのかな? ボクが気を遣いすぎただけなのでしょうか。
みんなの意見が聞いてみたいなぁ。やっぱりうちにも1本必要かな(笑)

ただし、ドラムレッスンとハンドベルはガチで面白かったです。バンドを組みたい。ドラムをやりたいって人はWii Musicと(Wiiボードのために)Wii Fitを買うと良いと思います。ドラム演奏の基礎が確実に身に付きます。

シャンブル届いたー  音楽

期せずしてフラゲ。

クリックすると元のサイズで表示します

左は昨日、慌てて買って来た「WAO!」。
そして右がさっき届いた明日発売の「シャンブル」konozamaなんて都市伝説に違いありません。先月のマーヤのアルバムも前日に届きましたし。

どちらにも初回版のみDVDが付いていて、「WAO!」には「バンドやろうぜ!〜アルバム“シャンブル”ができるまで PartI」が。「シャンブル」には「同 PartII」が収録されています。
正直、Part2を見てからPart1を買うかどうしようか考えようと思っていましたが、気がついたらAmazonでも楽天ブックスでも「WAO!」の初回版は売り切れ。ひょっとしたらプレミアが付くのかも知れないと思い、あわてて近所のCDショップに買いに走りましたよ。

というわけでまだDVDはどちらも見てませんが、とりあえずアルバムを聴いています。ふむ、1曲目が例の「ひまわり」なのですね。

6曲目、7曲目がいい感じです(笑) はい、笑っちゃう意味で。おっさーん!

「ぴあ」の曲解説やら歌詞カードを見ながら聴いているのですが、歌詞カードのインクが妙に良い香りなのが気になって仕方がありません(笑)

そんなわけで当分ユニコーン漬け。そうでなくてもここのところユニコーンのことばかり考えています。というか、単純にメディアへの露出が多いですね。前述の「ぴあ」や「スピリッツ」のインタビューが面白かったですね。「ファミ通」ではテッシー独りでのインタビューが珍しかったのですが、内容は普通でした。

シャンブル【初回生産限定盤】
ユニコーン
SMR(SME)(M) (2009-02-18)
売り上げランキング: 1

蘇えるユニコーン  音楽

昨日はユニコーンの復活ツアー「蘇える勤労」のチケットの一般発売日でした。先行予約でまんまと取り逃したボクですが、電話とMacを駆使してなんとか横浜アリーナのチケットを確保しました。
楽しみ楽しみ。

そして夜はテレ朝で「蘇えるユニコーン」という特番をやっていました。
いやぁ、ヤバかったですね。
ピエール瀧が司会の記者会見が始まった時はくだらないネタ番組かと思いましたが、その後の演奏はガチで素晴らしかったです。1曲目の「スターな男」からすでに目から汗が・・・。
「NICEよっちゃんっ!」
しかし、てっしーギター上手いなぁ。

2曲目は新曲「WAO!」。先日のミュージックステーションの時とは違ってフルコーラス演奏してくれました。あんな2番だったんですね。って、早くシングルを買えって話ですよね。

その後、トークにほとんど絡んでこなかったもっちー(持田香織)をボーカルに迎えての「すばらしい日々」。もっちーには悪いけど民生のボーカルで聞きたかったです(笑) だって、オリジナルのキーだからもっちーには低すぎて・・・。

そしてタモリ倶楽部でおなじみの岸田君(くるり)を迎えて「デーゲーム」。この曲の間奏って生演奏で再現できるんですね(笑) Cメロからの展開が凄く好きです。浜省の「I am father」を彷彿させるのは頭の中で再生されるPVが似てるからでしょうね。

斉藤和義さんとの「ヒゲとボイン」は良かったですね。ライブでエロいMCばかりしている斉藤さんにピッタリ(笑)
いいところで照明が強すぎて画面が真っ白でしたけど、それすらユニコーンらしいというかなんというか、学祭のようでした。いい意味で。

最後はユニコーンの5人のみで新曲「ひまわり」。この曲は「すばらしい日々」のようなフォークっぽいロックバラードですね。とはいえ、16年前ではこの渋さは出せなかったでしょう。
民生のアルバム「Comp」に収録されている「スタウダマイヤー」っぽいなと思ったのは、コード進行が似ているからでしょうか? 半音ずつ下がっていく(上がっていく)コード展開に惹かれます。
ちょっぴり寂しい歌詞なのに「イェーイ」とか言っちゃうあたり、Package Bomb!!の「カメレオン」ぽいと思ったり(笑)

ひどくまとまりの無いテキストになってしまいましたが、総じて素晴らしい特番でした。全曲解説するつもりはさらさらなかったのですが、良い番組だったのでつい。

彼らの演奏を生で見れると思ったら、今から興奮して眠れません。

WAO!【初回生産限定盤】
ユニコーン
SMR(SME)(M) (2009-02-04)
売り上げランキング: 63

ビリー・ジョー、NewAlbumについて語る  音楽

GREEN DAYのニューアルバムが5月にリリースされるというニュースを取り上げたばかりですが、今回はそのアルバムに関するインタビュー記事を紹介します。アメリカでNo.1の発行部数を誇るUSA Todayのweb版で、ビリー・ジョーがインタビューに答えたようです。bounce.comによると
アメリカ国内だけでも数百万枚を売り上げた前作『American Idiot』の大成功を受けて、バンド内にはニュー・アルバムを制作する上でかなりの葛藤があったようだ。「前作を超えられるほどの力があるのかを、おれたち自身に問わなければならなかった。違う道に進むことも、自分たちのルーツに立ち返ることもできたけど、まっすぐ先に進むことを決めたんだ」と、ビリー・ジョーは語る。アルバムは全16曲3部構成による大作となっており、ワーキング・クラスの苦しみ、内なる悪との戦い、日常への無気力や、アメリカン・ドリームの失墜といった、前作と同様にシリアスなテーマを扱ったものとなるようだ。
Foxboro Hottubsをやったからこそ前に進む決断が出来たという感じですね。Foxboro Hottubsのアルバムは個人的には嫌いじゃありませんでしたが、はやくGREEN DAYのニュー・アルバムを出せよと思っていた人も多いのではないでしょうか。

ストップ・ドロップ・アンド・ロール
フォックスボロ・ホットタブス
Warner Music Japan =music= (2008-06-25)
売り上げランキング: 36718

同じメンバーでサイドプロジェクト(Foxboro Hottubs)をやる意味はやはり、今のGREEN DAYでは出来ない内容だったということなのでしょう。あのアルバムをGREEN DAY名義で出していたら、これまで歩んで来て進化した自分たちを否定する内容になってしまっていたということでしょう。

ボクら(Package Bomb!!)も曲を作っていて、Package Bomb!!としてこの曲はやっていいのだろうか、と思うことが多々あります。そういうことを考えていると曲作りは一向にはかどりません。一度カタチにしてしまうのが一番なのでしょうが、いかんせんGREEN DAYと違ってお金にも時間にも余裕がないのが辛いところです(笑)

そしてbounce.comの記事で気になるのはやはりこの部分です。
アルバムのリリースの後、7月より世界的なツアーをスタート。ここ日本でのステージにも大いに期待したいところだ。
まずはじっくりアメリカツアーをしてから世界に出るのかと思いきや、7月から世界的なツアーってことは・・・。
ちなみに今年のサマソニは8月7〜9日の3日間です。

ドラクエ9発売延期  ドラクエ

ドラゴンクエスト9の発売日が3月28日から7月11日に延期になったようです。ファミ通.comによると
公式サイトのリリースによると、「開発中のソフトウェアに重大な不具合が判明した」とのことで、「お客様に安心して遊んでいただける製品とするためには改修・検証に十分な期間が必要との結論に至り」、発売日を2009年7月11日に変更することになったという。
楽しみにしていたので残念と言えば残念ですが、実は安心していたりします。3月は他にも色々とやりたいゲームがありますので(笑) ゲームセンターCX2とかセブンスドラゴンとかね。4月になればWiiのモンスターハンターGも出ますし。

ドラゴンクエストIX 星空の守り人
スクウェア・エニックス (2009-07-11)
売り上げランキング: 4

しかしこうなるとドラクエ6DSの方が先に出そうですね。




AutoPage最新お知らせ