iBookを借りた  Mac

iBook G4を修理に出した件を知人に言って回ったところ、PackageBomb!!のディレクターであるG氏(ブログでのgrecoromanstyleというのがハンドルネームってことでいいのでしょうか?)が昔使っていたiBookが余っているとの報を受け、早速借りてきました。

僕のiBook G4より3世代ほど古いそのiBookには、MacOS X 10.2.8が入っていました。通称Jaguarですね。僕が初めて使ったOS Xは10.3(Panther)だったため、Jaguarは初体験。古いOSとはいえ興味津々です。

とは言ってもOS Xであることには変わりないわけで基本的に大きな違いはないのですが、システム環境設定の中身とかFinderのツールバーまわりなんかが微妙に違うんですね。ふーん。
それらシステムやソフト的な点は使用するにあたって特に不便に感じなかったのですが、物理的にメモリが増設してない点が辛いですね。何をするにも微妙な待ち時間があります。まあ、借り物ですから贅沢は言えないんですけどね。

と言うわけでしばらくはこのiBookでブログやらPackageBomb!!のサイトやらを更新していこうと思っています。

iBookG4のHDD交換というか修理  Mac

タイトルにあるようにHDDの交換はしました。でもOSのインストールができません。なんで?ってところまでが前回までの出来事です。

というか、その後はもう僕に出来ることは何もないと悟りました。というわけで仕方なく販売店へ修理の依頼をしましたとさ。
自分で改造したりした結果壊れた場合は保証の対象外だろうけど、今回は壊れたから直そうとしたわけで・・・などと言い訳を用意しつつ某コ○マ電機へ。

その場で中を開けて看ることはせず、メーカーへ送って修理するのだとか。特にMacは特殊だろうし、そうなるだろうとは予想していましたけれどね。

ひとまずアップルの方からの見積もり結果を待って、それから修理にかかるということになりました。ただし、見積もり額に納得いかなくて修理しなかったとしても手数料として1万円かかるのだとか。それって普通なんですかね?

とりあえず自分でiBookを開けたことを指摘されないように祈りつつ、見積もり結果を待ちます。

と、これが8月20日の話。
しばらく漫画喫茶に行く時間がなかったからブログの更新出来ていなかったのですが、さらに続きがあります。

コジ○電機からは「お盆過ぎでメーカーに修理品が溜まっている可能性もあるので、見積もりに2週間、修理に2週間くらいはかかるかもしれません」と言われていました。
まあ、納得せざるを得ないですよね。
仕方なく待っていたら8月26日に見積もり結果の電話がありました。なかなか早かったじゃないですか。
電話内容は「修理に¥56,000かかります」とのこと。ただし保証期間内なため、免責金額である3万円払えば済むのだとか。決して安くはないけれど、頼むしかありませんでした。藁にもすがる思いでしたからね。
そして、自分で開腹したことは特に言及されませんでした。大丈夫だったのかな・・・ドキドキ

というわけでただいま絶賛修理中!のはず。
早く直るといいなぁ。そして、実はHDD以外の部分の故障だったとしたら笑えるなぁ。

iBookG4のHDD交換 その2  Mac

HDD交換後、OSのディスクから起動。そのままではHDDを認識しなかったので、ディスクユーティリティで初期化(ディスクの消去)しました。するとちゃんと認識したので、インストーラーを立ち上げていざOSのインストール開始! と思いきや、インストール先のディスクとして、認識させたHDDのアイコンを選択しようとするとこのディスクにはインストールできませんという表示が。なぜ?

この段階で、ディスクユーティリティで試せることをいくつか試してみました。
・ビッグドライブを認識していない可能性を考慮して、パーティションを分ける
・HDDの検証、修復
・フォーマットの変更(HFS、HFS+)

どの作業もディスクユーティリティでは行えるものの、やはりその後インストーラーからOSをインストールすることはできませんでした。
ちなみにディスクユーティリティでもインストーラーでも、交換後のHDDは147GBとして認識していた(160GB=160,000MB=160,000,000KB=160,000,000,000Bであり160,000,000,000B÷1024÷1024÷1024≒149.01GB)ので、ビッグディスクを認識しないということは無さそうです。

iBookの分解経験のあるakindoh氏に助けを求めたところ、ジャンパーの設定がスレーブなのでは?とのこと。確かに、接続する前に確認するべきことでした。というわけでまたしてもバラし作業へ・・・。

片道1時間かけてバラしてHDDを取り出してみましたが、ジャンパーの設定方法が分かりませんorz
HDD購入時に付いていたシートを見てみたのですが、どうやら3.5インチ用HDDの説明シートだったようです。ドスパラのばか〜。インターネット環境もないし悩んでいても仕方がないので、不本意ながらドスパラへ。

対応してくれた店員は2.5インチHDDのジャンパーの設定方法が分からないらしく、結局その場でぐぐってましたけどね(笑)
調べた結果、そのままの状態でマスターになっているとのこと。
ちなみにiBookのIDEケーブルって、ジャンパーピンも覆って刺さる仕様になってるんですよね。今回は必要ありませんでしたが、どうやってジャンパーの設定するんだろう?

すべてのケーブルを確認しながらもう1度iBookを組み直し、再度インストーラーを立ち上げてみました。すると今度はHDDの認識の有無の前に、インストーラー自体が固まってしまいました(涙) ディスクユーティリティを起動してみると、こちらも同じく「ディスクユーティリティに必要なバックグラウンドプロセスが正しく起動しませんでした。」というアラートとともにうんともすんとも言わなくなってしまいました。

つづく・・・

iBookG4のHDD交換 その1  Mac

結局2週間も間が空いてしまいましたね。実は我が家のiBookの調子がおかしくて、10日ほど前からまともに起動すらしなくなってしまいました。
とりあえず知人の家のMacに繋いで、ターゲットモードで起動。中身をすべてバックアップしてからOSをクリーンインストールしたのが5日前。
その日は何とか起動したものの、クリーンな状態のはずなのにどのアプリケーションも異常に重いのです。これはきっとハード的なトラブルに違いないと思い、Apple Hardware Testを試してみました。今回のことがあるまで、OSのディスクにこんなツールがあるとは知りませんでした。

何回目かのテストで、記憶装置にエラーが出ました。つまり内蔵HDDが逝ってしまった可能性があるということですね。確かにそれを疑えばすべてが納得のいくような症状ばかりだったので、迷わず交換することにしました。

iBook購入時の販売店の保証がまだ残っていたのですが、免責金額の3万円を超える額での修理になりそうです。それだったら同じ値段を出してもっと大容量のHDDに自分で交換したほうがいいのではないかと思いまして。

近所の漫画喫茶で「PC分解web」のiBookの分解手順の記事をプリントアウトし、これまた近所のドスパラで「160GBのHDD」と「工具セット」を購入。
うちに帰ってすぐさま作業に取り掛かり、2時間かけて交換しましたよ。ふぅ、マジ疲れました。で、交換して取り出したHDDを記念にパチリ。

クリックすると元のサイズで表示します

あれ?ネジが余ってるんですけど・・・。

ちなみに工具セットは1つも使いませんでした。というか、使えるツールが入っていませんでしたorz 結局自前のツールで代用して事なきを得たのですが、わりと無理をしたのでちょっとパーツを壊してしまいました。それが上の写真に写っているネジの横にたたずむ黒い物体です(笑)

つづく・・・

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計  ゲーム

まず何をおいてもこれこれを紹介しないわけにはでしょう。ゼルダの伝説DSこと「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」です。もうね、面白すぎ。DSを持ってる人なら、マリオよりもこっちをお勧めしますよ。

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
任天堂 (2007/06/23)
売り上げランキング: 31

かなり前にこのブログで「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」を紹介したことがありましたが、あの2Dのゼルダをタッチペンにしてみたらこんなゲームになるんだと思います。リンクをボタンで操作することは一切出来ないという仕様に始めは戸惑いましたが、そこはさすが任天堂。タッチペン操作でしかあり得ないアクションや謎解きの数々は、新しいゼルダを提示してくれています。そしてそのどれもが面白い。

ゼルダシリーズ全般に言えることですが、アイテムが増えるたびに行くことの出来る場所が増え、アイテムが増えるたびに過去に行ったことのある場所でも新たな発見があり、何度も同じところを行ったり来たりしましたがそれがまるで苦になりませんでした。

冒険そのものも面白いのですが、個人的にはボス戦が面白かったですね。全てのボスの攻略法が違い、全てのボスがそれだけで1つのゲームになっているような感じです。
じつはそのボスに有効な攻撃は周囲を見渡せばヒントがあるんですよね。簡単な例を挙げると、周囲に爆弾が落ちていればそのボスには剣でのダメージは効かないから爆弾を使えってことです。
そんなことを考えながらも、さすがにボス戦となると焦って失敗することもしばしば
あります。でも、何度も挑戦すれば倒せるくらいの難易度だと思いますよ。

ある程度アタマを使いますし、アクションの難易度も含めて誰でもクリア出来るかと問われたらひょっとしたらクリア出来ない人もいるのかもしれない気もしますが、それでもトライしてみる価値はありますよ。

ご無沙汰しております  

ご無沙汰しております、タカオです。この1ヶ月ほど、Package Bomb!!のツアーと称して全国を飛び回っていました。そして、それをいいわけにしてブログ更新をサボっていたわけですけど、いかがお過ごしですか?
だったらツアー日記を書けって? ごもっともです。でも実は日記的なことはmixiの方で書いているんですよね。mixiはSNSだから会員しか見れないわけですけれど、あそこまで大きくなったSNSですから日々パソコンを触っている人ならほとんどの人が会員なのではないでしょうか。と、それをいいわけにしてブログ更新をサボっていたわけですけれども(笑)

しかしまあ、しばらく更新をサボったあげくに近況報告と題してたいした内容のないエントリを投下するのはボクの悪いクセですね。F1ネタもモナコの感想までで止まっているわけで、その後すでに5戦終わっていますよね。今週末にさらにハンガリーGPもありますし。まあ、F1の感想は思いつきで再開するかも知れませんが、今年は全戦の感想は書かないかもしれないと最初に断ったじゃないですか!(笑)

とりあえず今日から数日は、ツアー中にプレイしていたDSのゲームの紹介でもしていくことにします。ここまで言っておけばボクも更新するでしょう(笑)
というわけで、つづく・・・




AutoPage最新お知らせ